ミラン・ニコリッチ (音楽家) – Wikipedia

ミラン・ニコリッチ
Милан Николић
ミラン・ニコリッチ(中央左)とマルコ・コン
基本情報
出生名 ミラン・ニコリッチ(Милан Николић
生誕 (1979-06-02) 1979年6月2日(42歳)
ヤゴディナ
出身地  ユーゴスラビア・セルビア社会主義共和国ヤゴディナ(現・ セルビア)
学歴 パリ国立高等音楽・舞踊学校
パンチェヴォ中等音楽学校
担当楽器 アコーディオン

ミラン・ニコリッチ(セルビア語:Милан Николић / Milan Nikolić、1979年7月2日 – )は、セルビアのアコーディオン演奏家。ユーゴスラビア連邦のセルビア社会主義共和国(現・セルビア共和国)、ヤゴディナ出身。ロシアのモスクワで行われるユーロビジョン・ソング・コンテストの2009年大会でセルビア代表として、マルコ・コンと共に楽曲「Cipela」を披露する。

パリで幼少時代を過ごし、そこで音楽を学び始める。パンチェヴォの中等音楽学校でアコーディオンを学んで卒業し、2004年にフランスのパリ国立高等音楽・舞踊学校を卒業した[1]

アコーディオニストとして、多くのコンサートに参加し、また多くのセルビアのアーティストと共演している。ユーロビジョン大会で披露する楽曲「Cipera」を共同で製作したマルコ・コン、アレクサンダル・コバツ(Александар Кобац / Aleksandar Kobac)とは、大会の2年ほど前から共に活動している[1]

  1. ^ a b Marko Kon & Milaan – Cipela – Serbia 2009”. 2009年5月閲覧。