レギナ (バンド) – Wikipedia

レギナ(ボスニア語・クロアチア語・セルビア語:Regina)はユーゴスラビア連邦、ボスニア・ヘルツェゴビナ社会主義共和国(現・ボスニア・ヘルツェゴビナ)のサラエヴォで1990年に結成された音楽バンドである。

結成当時、グループにはヴォーカルがおらず、新聞に広告を載せるなどして歌い手を探していた。その後、「Konvoj」というバンドのヴォーカルであったダヴォル・エブネル(Davor Ebner)に出会い、3か月にわたる交渉の末、エブネルがグループに加わる事で合意した[1]

1990年、ファーストアルバム Regina をリリース。当時のメンバーは、バンドの創設者であるアレクサンダル・チョヴィッチ(Aleksandar Čović、ギター)に加え、ゴラン・ルチッチ(Goran Lučić、ギター)、ボリス・ミリヤシュ(Boris Milijaš、ベース)、ボヤン・ミリヤシュ(Bojan Milijaš、キーボード)、ボヤン・ミリチェヴィッチ(Bojan Milićević、ドラム)、そしてダヴォル・エブネルで構成されていた [2]。レギナはユーゴスラビア圏全域で成功を収めた。作詞・作曲を担当するのはアレクサンダル・チョヴィッチで、彼らの楽曲はアイルランドのバンドU2の影響を受けたものであった。

1991年、2番目のアルバム Ljubav nije za nas をリリースしたが、1992年にボスニア・ヘルツェゴビナ紛争が起こると、メンバーはサラエヴォから別々に避難し、バンドは分裂する事になった[1]。「レギナ」としての活動は、2000年にアレクサンダル・チョヴィッチがソロ・デビューするまで、セルビアに避難したメンバーで続けられた。

2000年から2004年頃までは、アレクサンダル・チョヴィッチは「Aco Regina」の名でソロ活動し[1]、ダヴォル・エブネルはロックバンド「Punkt」に参加した後、「ダヴォル・エブネルとGruntibugli」というユニットで活動していた[3]

2004年、メンバーはベオグラードで再会し、現在のメンバー構成でグループを再結成した。2006年にアルバム Sve mogu ja をリリースし、また、2007年7月にはモンテネグロのブドヴァで開催されたローリング・ストーンズのコンサートで、サポートバンドとして演奏した[1]

2009年、ユーロビジョン・ソング・コンテスト出場後の6月に、アルバム Vrijeme je をリリースしている[4]

ユーロビジョン・ソング・コンテスト2009[編集]

2009年1月12日、ユーロビジョン・ソング・コンテストの2009年大会において、レギナはボスニア・ヘルツェゴビナ代表として楽曲「Bistra voda」(澄んだ水)で参加することが決定した[5][6]。ロシアのモスクワで行われた同大会では、レギナは準決勝を勝ち進み、決勝戦への進出を決めた。決勝では106点を獲得し、9位であった[1]

アルバム[編集]

  • Regina(1990年)
  • Ljubav nije za nas(1991年)
  • Regina(1992年、セルビアで製作、90年のアルバムとは別の物)
  • Oteto od zaborava(1994年、セルビアで製作)
  • Godine lete(1995年、セルビアで製作)
  • Pogledaj u nebo(1995年、ドイツに避難していたダヴォル・エブネルを含む「Regina made in Sarajevo」名義のバンドのアルバム。セルビアでアレクサンダル・チョヴィッチ他のメンバーが継続していた「Regina」名義のバンドとは別)
  • Ja nisam kao drugi(1997年、セルビアで製作)
  • Kad zatvorim oči(1999年、セルビアで製作)
  • Devedesete(2000年、セルビアで製作)
  • Sve mogu ja(2006年)
  • Vrijeme je(2009年)
  • Kad poludimo(2012年)

外部リンク[編集]