大納川憲治 – Wikipedia

大納川 憲治(だいながわ けんじ、1949年5月17日 – )は、広島県吉田町出身で木瀬部屋所属の元大相撲力士。最高位は幕下11枚目。力士時代の体格は身長180cm、体重120kg。得意手は右四つ、寄り。本名は、長本憲治(ながもと けんじ)。

 1965年5月場所初土俵(同期には元大関貴ノ花)。1969年3月場所三段目優勝。 昭和40年代半ばより甚句を唄い始める。 昭和50年代は、相撲甚句のトリを務める。巡業中などは彼の甚句を聴きたいがために親方衆、関取衆がわざわざ出向いて聴き惚れたと云う伝説を持つ。 最終場所は1980年9月場所。現役時代より歌唱力の高さを評価され数社よりレコードを発売する。

 現在は、全国大納川相撲甚句会の総師範として活躍中。
弟子に大相撲三役格 行司の6代木村玉治郎がいる。

 2010年1月、ウイングより当地興行だけを集めたCDを約16年ぶりに新録音で発売。その歌声は益々磨きがかかり円熟味を増している。
 

 2012年5月27日、甚句づくりの名手、元三役格呼出し永男の遺作となった怪力大関魁皇博之(2012年3月コロムビアから相撲甚句~名力士編~CD発売 永男の指名で大納川がレコーディング)を魁皇引退相撲で数十年ぶりに本土俵で満員の国技館で熱唱して相撲甚句の真髄を披露した。

レコード、CD[編集]

東芝TW-7008 相撲甚句 大相撲ムードと櫓太鼓 1973.1.6

オニオンMR-3002 おもかげ 夜霧にぬれて 1976

クラウンSWS-26 櫓太鼓に流れるうた 相撲甚句 1977

ビクターSJV-2051 極め付!相撲甚句 1978・2・25

東芝TW-50011 相撲甚句 1978・5・5

コロムビアFZ-7201 名調子 相撲甚句の魅力 1978.5

コロムビアFZ-7209 相撲甚句歴代横綱のすべて 1978・11

コロムビアFZ-7210 相撲甚句 名勝負十番 1979・9

テイチク TECD-30285 相撲甚句 ~第64代横綱曙昇進甚句入り~ 1993.12.16 CD

ローオンレコード OST-6404 雷電 けい子

ウイング YZWG-008 相撲甚句レジェンド ~競演、当地興行~ 2010.1.6 CD

コロムビアcocn-30037 相撲甚句 ~名力士編~ 2012.3.21 CD

ウイング YZWG-010 相撲甚句レジェンドⅡ ~ALL STARS~ 2012.7.4 CD

パインスター PISC-1208 沓掛時次郎 2012.10.3 CD

関連項目[編集]