ジュリアス・インドンゴ – Wikipedia

ジュリアス・インドンゴ
基本情報
本名 ジュリアス・インドンゴ
通称 Blue Machine(ブルーマシーン)[1]
階級 ウェルター級
身長 179cm
リーチ 181cm
国籍 ナミビア
誕生日 (1983-02-12) 1983年2月12日(39歳)
出身地 ウィントフック[2]
スタイル サウスポー[1][2]
プロボクシング戦績
総試合数 26
勝ち 23
KO勝ち 12
敗け 3
テンプレートを表示

ジュリアス・インドンゴJulius Indongo、1983年2月12日 – )は、ナミビアのプロボクサー。元WBA・IBF世界スーパーライト級統一王者[3]。ウィントフック出身[2]

来歴

アマチュア時代

インドンゴは10歳のときにラジオでボクシングの試合を聞いてボクサーになることを決意し、地元の工業大学に通いつつ、17歳のときにボクシングを開始した[2]

2002年に学校を卒業したインドンゴは同時期にナミビアの全米選手権大会で優勝したが、その後肺結核を罹患し、完治までの2年を闘病生活に費やした[2]

2006年にボクシングに復帰したインドンゴはキャリアを積み、2008年の北京オリンピックでナミビア代表となったが、ウォームアップ中に右手を骨折してしまった[2]。しかしインドンゴは棄権を選択せず、右手を使用しないままでの試合に臨んだが、第一ラウンド終了後にレフェリーストップが掛かり、インドンゴは敗退した[2]

プロ時代

スーパーライト級

2009年、25歳のときにプロデビューし[1][2]、デビュー後は14連勝した[1]。その後、無敗のままWBOアフリカスーパーライト級王座を獲得した[1]

また、2015年にはWBO世界ランキング15位にランキングしている[1]

2016年12月3日、モスクワのメガスポルトでIBF・IBO世界スーパーライト級王者のエドゥアルド・トロヤノフスキーと対戦し、スーパーライト級世界戦最速KO記録となる初回40秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した[4][5]

2017年4月15日、グラスゴーのThe SSE HydroでWBA世界スーパーライト級王者のリッキー・バーンズと王座統一戦を行い、12回3-0(120-108、118-110、116-112)の判定勝ちを収め王座統一に成功、IBF及びIBO王座の初防衛並びにWBA王座の獲得に成功した[6][7][8][9]

2017年6月29日、同年8月19日にネブラスカ州リンカーンのピナクル・バンク・アリーナでWBA・IBF世界スーパーライト級統一王者のジュリアス・インドンゴとWBC・WBO世界スーパーライト級統一王者のテレンス・クロフォードの間で主要4団体の王座統一戦を行うとトップランク社が発表した[10]

2017年8月19日、ネブラスカ州リンカーンのピナクル・バンク・アリーナでWBC・WBO世界スーパーライト級統一王者のテレンス・クロフォードと王座統一戦を行い、プロ初黒星となる3回1分18秒TKO負けを喫しスーパーライト級王者として初となる主要4団体の王座統一に失敗、WBA王座の初防衛、WBC王座の獲得、IBF王座の2度目の防衛並びにWBO王座の獲得に失敗し、2004年9月18日にミドル級でバーナード・ホプキンスが主要4団体の王座を統一して以来の快挙を逃した[11][12][13][14][15]

2018年1月5日、ルー・ディベラが主催しているディベラ・エンターテイメントと契約した[16]

2018年2月10日、同年3月9日にサウスダコタ州デッドウッドのデッドウッド・マウンテン・グランドでWBC世界スーパーライト級2位のレジス・プログレイスと元WBC世界スーパーライト級王者でWBC世界スーパーライト級4位のビクトル・ポストルの間でWBC世界スーパーライト級暫定王座決定戦を行うとの報道がなされたが[17]、同月12日にポストルが練習中に右手を負傷しWBC世界スーパーライト級暫定王座決定戦への出場を辞退したため、ポストルの代わりにインドンゴが出場することになった[18]

2018年3月9日、サウスダコタ州デッドウッドのデッドウッド・マウンテン・グランドでWBC世界スーパーライト級2位のレジス・プログレイスとWBC世界スーパーライト級暫定王座決定戦を行い、2回2分54秒TKO負けを喫しIBF及びWBAに続く王座獲得に失敗した[19]

ウェルター級

2020年11月27日、フロリダ州ハリウッドのセミノール・ハード・ロック・ホテル・アンド・カジノ英語版内にあるハード・ロック・ライブでダニヤル・イェレウシノフとIBFインターコンチネンタルウェルター級王座決定戦を行うが、2回30秒KO負けを喫した[20]試合後にディベラ・エンターテイメントとデビューから所属していたMTC・サンシャイン・プロモーションから離脱した[21]

2022年2月5日、カーディフのカーディフ・インターナショナル・アリーナ英語版でクリス・ジェンキンスと対戦し、8回75-78の判定負けを喫した[22]

獲得タイトル

  • ナミビアライト級王座
  • WBOアフリカスーパーライト級王座
  • IBF世界スーパーライト級王座(防衛1)
  • IBO世界スーパーライト級王座
  • WBA世界スーパーライト級王座(防衛0)

脚注

  1. ^ a b c d e f Beware, ‘Blue Machine’ ready to conquer the world NEW ERA 2015年2月6日
  2. ^ a b c d e f g h FROM AFRICAN VILLAGE TO ESPN: JULIUS INDONGO SETS HIS SIGHTS ON HISTORY The Ring 2017年8月18日
  3. ^ クロフォード Sライト級4団体王座統一、12年ぶり3人目快挙 スポニチアネックス 2017年8月21日
  4. ^ Indongo dethrones IBF champ Troyanovsky with crushing 40 second knockout Fightnews.com 2016年12月3日
  5. ^ トロヤスフスキー40秒で沈む、インドンゴ殊勲の戴冠 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年12月4日
  6. ^ Indongo dominates Burns to unify WBA and IBF 140lb titles Fightnews.com 2017年4月15日
  7. ^ Indongo, new WBA Super Lightweight Champion WBA公式サイト 2017年4月15日
  8. ^ インドンゴまたも殊勲、バーンズ下しSL級2冠統一 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年4月16日
  9. ^ Indongo Defends IBF Junior Welterweight Belt Against Burns IBF公式サイト 2017年4月18日
  10. ^ ロマチェンコV3戦、クロフォードvsインドンゴ統一戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年7月1日
  11. ^ Undisputed: Crawford annihilates Indongo in three Fightnews.com 2017年8月19日
  12. ^ Crawford is the new WBA Champion and makes history WBA公式サイト 2017年8月19日
  13. ^ クロフォードがインドンゴをKO、12年ぶり4団体統一 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年8月20日
  14. ^ TERENCE CRAWFORD, UNDISPUTED WORLD CHAMPION WBC公式サイト 2017年8月21日
  15. ^ CRAWFORD KO WIN IN 3RD OVER INDONGO FOR IBF JUNIOR LIGHTWEIGHT TITLE IBF公式サイト 2017年8月25日
  16. ^ DiBella Entertainment signs ex-champ Indongo Fightnews.com 2018年1月5日
  17. ^ Regis Prograis Very Motivated To Impress Against Viktor Postol Boxing Scene.com 2018年2月10日
  18. ^ Postol injured, Indongo steps in vs. Prograis Fightnews.com 2018年2月12日
  19. ^ Prograis annihilates Indongo for WBC title Fightnews.com 2018年3月10日
  20. ^ Daniyar Yeleussinov Crushes Julius Indongo in Two Rounds”. BoxingScene.com. 2020年12月13日閲覧。
  21. ^ “Indongo’s Promoter is Furious, Says Boxer is Still Under Contract”. BoxingScene.com. http://www.boxingscene.com/indongos-promoter-furious-says-boxer-still-under-contract–124050 2018年1月7日閲覧。 
  22. ^ “Caroline Dubois Wins Pro Debut, Jenkins Decisions Indongo”. BoxingScene.com. https://www.boxingscene.com/caroline-dubois-wins-pro-debut-jenkins-decisions-indongo–163923 2022年2月5日閲覧。 

関連項目

  • 男子ボクサー一覧
  • 世界ボクシング協会(WBA)世界王者一覧
  • 国際ボクシング連盟(IBF)世界王者一覧
  • 国際ボクシング機構(IBO)世界王者一覧
  • 統一世界王者

外部リンク

前王者
エドゥアルド・トロヤノフスキー
IBF世界スーパーライト級王者

2016年12月3日 – 2017年8月19日

次王者
テレンス・クロフォード
前王者
リッキー・バーンズ
WBA世界スーパーライト級王者

2017年4月15日 – 2017年8月19日

次王者
テレンス・クロフォード