小早川智明 – Wikipedia

こばやかわ ともあき

小早川 智明

生誕 (1963-06-29) 1963年6月29日(58歳)
日本 神奈川県川崎市
国籍 日本
出身校 東京工業大学工学部社会工学科卒業
職業 実業家
活動期間 1988 –
著名な実績 エコキュートの開発
肩書き 東京電力ホールディングス社長
任期 2017 –
前任者 廣瀬直己
取締役会 東京電力ホールディングス
受賞 恩賜発明賞

小早川 智明(こばやかわ ともあき、1963年6月29日 – )は、日本の実業家、技術者。東京電力ホールディングス取締役代表執行役社長。エコキュートの開発により恩賜発明賞受賞。

人物・経歴[編集]

神奈川県川崎市出身[1]。神奈川県立多摩高等学校を経て、1988年東京工業大学工学部社会工学科を卒業し東京電力に入社。東京電力では営業畑を歩んだが、開発も手掛けた。電力中央研究所の技術を応用したCO2ヒートポンプ給湯器の開発を提案し、1998年にはデンソーを訪問して協業を開始。デンソーと共同でエコキュートの開発を手掛るなどし、2010年には発明協会から恩賜発明賞を受賞している[2][3][4][5][6][7]

2004年法人営業部ソリューション営業センターソリューション第二グループマネージャー、2005年法人営業部ソリューション営業センター産業エネルギーソリューション第二グループマネージャー、2007年法人営業部産業エネルギーソリューション部産業ソリューション第二グループマネージャー兼都市エネルギーソリューション部、2008年法人営業部都市エネルギーソリューション部都市ソリューション第一グループマネージャー兼産業エネルギーソリューション部。2009年から廣瀬直己神奈川支店長(のちに東京電力ホールディングス初代社長)の下で神奈川支店営業部エネルギー担当部長。2011年神奈川支店営業部長、2013年法人営業部都市エネルギー部長、2014年法人営業部都市エネルギー部長兼都市第七営業グループマネージャー、2014年カスタマーサービス・カンパニー法人営業部長、2015年常務執行役カスタマーサービス・カンパニー・プレジデント、2016年東京電力エナジーパートナー代表取締役社長兼商品開発室長、東京電力ホールディングス取締役。

数土文夫取締役会長と刺し違えて退任した廣瀬直己に代わり[8]、2017年史上最年少で東京電力ホールディングス取締役代表執行役社長に就任。理系出身者が社長についたのは第2代社長の高井亮太郎以来59年ぶりだった[2][9]

[脚注の使い方]
先代:
(新設)
東京電力エナジーパートナー社長
2016年 – 2017年
次代:
川崎敏寛