東江雄斗 – Wikipedia

東江 雄斗(あがりえ ゆうと、1993年7月6日 – )は、沖縄県浦添市出身のハンドボール選手。日本ハンドボールリーグのジークスター東京所属。

実兄も同じく琉球コラソンのハンドボール選手の東江太輝。

学生時代[編集]

父が元実業団のハンドボール選手、母が体育大学出身で国体出場経験のあるハンドボール選手という家庭環境でハンドボールを始める[1]。浦添市立神森中学校時代は2008年に沖縄県選抜のメンバーとして第17回JOCジュニアオリンピックカップで優勝を経験し、最優秀選手に選ばれた[2]

中学卒業後は興南高等学校へ進学。2010年3月の全国高等学校ハンドボール選抜大会では有望選手に選ばれた[3]。大会後は第4回男子ユースアジア選手権の日本代表U-19に選出[4]

2011年はエースとして県高校総体の7年連続優勝に貢献した[5] が、全国大会の準々決勝で藤代紫水高等学校(茨城県)に敗れた[6]。同大会では優秀選手賞を受賞[7]

高校卒業後は早稲田大学へ進学。2012年は第13回男子ジュニアアジア選手権の日本代表U-21に選出された[8]

2013年は関東学生ハンドボール・春季リーグで優秀新人賞を受賞し[9]、秋季リーグで優秀選手に選ばれた[10]。同年の全日本学生ハンドボール選手権大会(インカレ)では優秀選手賞を受賞[11]

2014年は春季リーグ・秋季リーグで3季連続となる優秀選手に選出[12][13]。同年は第22回世界学生選手権の日本代表U-24に選ばれた[14]

2015年は第28回ユニバーシアード競技大会の日本代表に選出[15]。同年のインカレでは2年ぶりに優秀選手賞を受賞した[16]。12月29日に日本代表に初選出[17]

実業団入り[編集]

2016年1月20日に日本ハンドボールリーグの大同特殊鋼へ加入[18]。シーズン終了後の6月に第23回世界学生選手権の日本代表U-24に選出された[19]。8月の第6回社会人選手権では最優秀新人賞を獲得した[20]

2016-17年シーズンは得点王(120点)、最優秀選手賞、ベストセブン賞を受賞[21]。プレーオフでは殊勲選手賞に選出された。

2017年には世界選手権の日本代表に選出された[22]。同年の第7回社会人選手権ではMVPに選ばれ、4年ぶりの優勝に貢献した[23]。9月1日にはスポーツブランドのサルミング(SALMING)とスポンサー契約を締結[24]。2017-18年シーズンはリーグトップのフィールド得点(133得点、当時リーグ史上最高得点)を記録。総得点はリーグ2位に終わり[25]、2年連続でベストセブン賞を受賞した[26]

2018-19年シーズンから副主将に就任[27]。2018年の第8回社会人選手権ではベストセブンに選ばれた[28]

2021年4月30日に大同特殊鋼からの退団を発表。

人物・プレースタイル[編集]

目標とする選手は白元喆とイヴァノ・バリッチ[29]

詳細情報[編集]

年度別成績[編集]

チーム 試合 フィールド
得点
7m 合計 警告 退場 失格
2015-16 大同特殊鋼 7 24/49 .490 1/1 25/50 1 0 0
2016-17 16 92/171 .538 28/33 120/204 4 0 0
2017-18 21 133/247 .538 23/32 156/279 5 4 0
2018-19 24 115/210 .548 14/19 129/229 2 4 1
JHL:4年 68 364/677 .538 66/85 430/762 12 8 1
  • 各年度の太字はリーグ最高

JHLプレーオフ[編集]

タイトル・表彰[編集]

日本ハンドボールリーグ[編集]

  • 最優秀選手賞:1回 (2016年)
  • 殊勲選手賞:1回 (2016年)
  • ベストセブン賞:2回 (2016年・2017年)
  • 得点王:1回 (2016年)
  • フィールド得点賞:1回 (2017年)

社会人選手権[編集]

  • MVP:1回 (2017年)
  • ベストセブン:1回 (2018年)
  • 最優秀新人賞 (2016年)

記録[編集]

日本ハンドボールリーグ[編集]

背番号[編集]

日本代表[編集]

大会別成績[編集]

日本代表U-24[編集]

  • 世界学生選手権 (2014年・2016年)
  • ユニバーシアード競技大会 (2015年)

日本代表U-22[編集]

  • U-22東アジア選手権 (2013年)

日本代表U-21[編集]

  • ジュニアアジア選手権 (2012年)

日本代表U-19[編集]

  • アジアユース選手権 (2010年)

日本代表U-16[編集]

  • 日韓スポーツ交流 (2008年)

外部リンク[編集]