森島済 – Wikipedia

森島 済(もりしま わたる、1965年[1] – )は、日本の地理学者。日本大学教授。専門は地理学、気象・海洋物理・陸水学、環境動態解析[2]。博士(理学)(東京都立大学 (1949-2011))[3][4]

愛知県出身[1]。1988年、東京都立大学 (1949-2011)理学部地理学科を卒業[2]。1991年4月から1995年4月まで桐生短期大学講師[3]。1998年、東京都立大学大学院理学研究科地理学博士課程単位取得満期退学[2]。1998年4月から5月まで東京工業大学大学院総合理工学研究科教務補佐員を務め、6月から2002年3月まで同研究科リサーチアソシエイト[3]。2002年4月から2003年3月まで東京都環境科学研究所非常勤研究員[3]。2003年4月から2008年3月まで江戸川大学社会学部准教授[3]。現在は日本大学文理学部教授。

  • 2006年4月1日 – 2008年3月31日 日本地理学会編集専門委員
  • 2006年4月1日 – 2009年3月31日 日本地球惑星科学連合企画委員
  • 2008年4月1日 – 2012年3月31日 日本地理学会集会専門委員
  • 2010年7月1日 – 現職 東京地学協会編集委員
  • 2012年4月1日 – 2014年3月31日 日本地理学会Geographical Review of Japan Series B 編集専門委員会
  • 2014年4月1日 – 現職 日本地理学会集会専門委員
  • 2014年4月1日 – 現職 日本地理学会地理学評論編集専門委員

出典:[5]

  • 『自然力を知る -ピナツボ火山災害地域の環境再生-』(古今書院、2002)
  • 『19歳のライフデザイン』(春風社、2007)
  • 『変動するフィリピン-経済開発と国土空間形成-』(二宮書店、2009)
  • 『フィールドで学ぶ気象学』(成山堂書店、2010)
  • 『エルニーニョ・ラニーニャ現象』(成山堂書店、2010)
  • 『モンスーンアジアのフードと風土』(明石書店、2012)
  • 『自然と人間の環境史』(海青社、2014)
  • 『世界地誌シリーズ7 東南アジア・オセアニア』(朝倉書店、2014)
  • 『マシューズ&ハーバート 地理学のすすめ』(丸善出版、2015)
  • 『アンデス自然学』(古今書院、2016)
  • 『ナミビアを知るための53章』(明石書店、2016)
  • 『気候—変動し続ける地球環境』(丸善出版、2016)

出典:[6]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 森島 済(Wataru MORISHIMA)”. 日本大学文理学部地理学科. 2017年10月30日閲覧。
  2. ^ a b c 森島 済”. 日本大学研究者情報システム. 2017年10月30日閲覧。
  3. ^ a b c d e 森島 済”. researchmap. 2017年10月30日閲覧。
  4. ^ 変動するフィリピン―経済開発と国土空間形成”. 紀伊國屋書店ウェブストア. 2017年10月30日閲覧。
  5. ^ 委員歴”. 日本大学研究者情報システム. 2017年10月30日閲覧。
  6. ^ 著書”. 日本大学研究者情報システム. 2017年10月30日閲覧。