五所川原市立五所川原第三中学校 – Wikipedia

五所川原市立五所川原第三中学校(ごしょがわらしりつ ごしょがわらだいさんちゅうがっこう)は、青森県五所川原市大字広田にある公立中学校。

  • 本校は、1972年4月に栄中学校を改称した学校である。
  • 校是は「質実剛健」、校訓は「親愛」「勤勉」「明朗」。教育目標は「たくましく 心豊かに 生きる生徒」、目指す学校像は「自慢できる学校」。これらは全て学校便りの題字欄に記載されている。
  • 毎年、生徒会スローガンが定められている。記録の残る平成13年度から、英語のスローガンが続いてきたが、平成28年度以降は四字熟語が定着している。
  • ほとんどの生徒が、五所川原市立栄小学校か五所川原市立三輪小学校の出身であり、その比率はおおよそ(栄:三輪)=(2:1)である。
  • 三大行事と称し、春の運動会、秋の文化祭、冬の百人一首かるた大会を開催している。特に百人一首かるた大会は、2019年度で53回を数える伝統のある大会で、毎年多くのテレビ局や新聞社が取材する。
  • 「五所川原第○中学校」4校の中では唯一、統併合が無い中学校である[1]
  • 稲実字米崎、稲実字開野、稲実字稲葉の一部、広田字柳沼、広田字藤浦、姥萢、みどり町、中央5丁目、中央6丁目、湊、広田字榊森、広田字下り松、広田字足代、七ツ館、浅井、梅田、中泉の各地区。

アクセス[編集]

  • 弘南バスみどり町環状線「五所川原三中校前」バス停下車[注 1]
  • 弘南バス青森線「柳沼」バス停下車後、徒歩535m・約8分(校門までは近いが、校舎までは敷地内を更に歩く)。
  • 五所川原市中心部から車で約4km・約7分。
  • 五所川原みどり町郵便局(1981年8月2日までは陸奥栄郵便局[3]
  • 認定こども園富士保育園

参考資料[編集]

  • 『五所川原市史』636頁から640頁「第七編 現代の五所川原」・「第二章 市制施行後の五所川原 第五節 教育と文化 一 諸学校の変遷」と同史637頁「図27 中学校変遷図」
  • 『青森県教育史 別巻』897頁「学校沿革史 中学校 (五所川原)第三中学校」。

注釈[編集]

  1. ^ ただし、登校時間帯の運行は無い。

出典[編集]

  1. ^ 出典:『五所川原市史』下巻637頁「図27 中学校変遷図」
  2. ^ a b 五所川原市耐震改修促進計画 (PDF) – 五所川原市・平成30年1月改定(11頁に建設時期の記載あり)
  3. ^ 『五所川原市史通史編2』696頁「第七編 現代の五所川原・第三章 五所川原の現在と未来・二 官公庁及び団体・(1)国の機関・表190 (五所川原)市内の特定郵便局」より。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]