バイラマリー – Wikipedia

バイラマリー(Baýramaly、旧名バイラム・アリーBayram-Ali、ペルシア語: بایرام علی‎)[1]は、トルクメニスタンの都市。マル州内に位置し、バイラマリー地区の首都である。州都のマル市からは東に27㎞の地点に位置し、アシハバードからタシケントへとのびるカスピ海横断鉄道の沿線に位置する。2009年の人口は88,486人であり、1989年の43,824人から増加している[2]

バイラマリーはムルガブ川の乾燥したオアシスに位置している。バイラマリーにはスパがあり、慢性腎炎や急性腎炎、ネフローゼ、高血圧、結核や血液循環の問題などの治療のために人々が訪れる[3]。バイラマリーは建設資材や食品工業を主産業としている[3]。また、この地域では天然ガスが産出される。

バイラマリーはケッペンの気候区分においては砂漠気候、なかでもBWkに属し、冷涼な冬と非常に暑い夏を持つ。降雨は少なく不安定で、主に秋から冬の間に集中している。

Baýramalyの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C°F 28.0
(82.4)
31.8
(89.2)
37.0
(98.6)
40.5
(104.9)
50.0
(122)
50.0
(122)
47.5
(117.5)
45.7
(114.3)
44.0
(111.2)
39.6
(103.3)
35.2
(95.4)
29.0
(84.2)
50
(122)
平均最高気温 °C°F 8.4
(47.1)
11.4
(52.5)
16.9
(62.4)
24.7
(76.5)
31.4
(88.5)
36.2
(97.2)
38.1
(100.6)
36.1
(97)
31.0
(87.8)
24.1
(75.4)
16.8
(62.2)
10.3
(50.5)
23.78
(74.81)
日平均気温 °C°F 1.9
(35.4)
4.6
(40.3)
9.9
(49.8)
17.2
(63)
23.6
(74.5)
28.5
(83.3)
30.5
(86.9)
28.1
(82.6)
22.1
(71.8)
15.0
(59)
8.7
(47.7)
4.0
(39.2)
16.17
(61.13)
平均最低気温 °C°F −2.7
(27.1)
−0.5
(31.1)
4.1
(39.4)
10.2
(50.4)
15.3
(59.5)
19.5
(67.1)
21.7
(71.1)
19.2
(66.6)
12.9
(55.2)
7.0
(44.6)
2.1
(35.8)
−1.0
(30.2)
8.98
(48.18)
最低気温記録 °C°F −26.3
(−15.3)
−24.8
(−12.6)
−16.8
(1.8)
−3.6
(25.5)
2.2
(36)
7.6
(45.7)
11.7
(53.1)
7.4
(45.3)
−1.8
(28.8)
−8.3
(17.1)
−21.5
(−6.7)
−23.0
(−9.4)
−26.3
(−15.3)
降水量 mm (inch) 28.7
(1.13)
24.9
(0.98)
35.3
(1.39)
26.0
(1.024)
13.3
(0.524)
1.1
(0.043)
0.1
(0.004)
0.1
(0.004)
0.8
(0.031)
6.7
(0.264)
13.6
(0.535)
23.2
(0.913)
173.8
(6.842)
平均降水日数 (≥0.1 mm) 7.2 6.2 5.9 3.8 2.3 0.5 0.2 0.3 0.3 2.2 5.1 6.1 40.1
% 湿度 73.5 67.3 57.7 51.6 40.6 31.7 30.3 29.4 34.7 46.1 63.1 72.8 49.9
平均月間日照時間 129.7 137.4 168.9 217.2 304.7 356.2 371.7 355.0 302.4 249.0 185.1 128.7 2,906
出典1:climatebase.ru[4]
出典2:NOAA (sun only, 1961-1990)[5]