SPA! – Wikipedia

SPA!』(スパ!)は、フジサンケイグループ傘下の出版社、扶桑社が発行している日本の総合週刊誌。通称『週刊SPA!』。発行部数11万部は週刊朝日に次いで業界第10位となっている[1]

1952年、「週刊サンケイ」が産業経済新聞社から創刊された。その後、1988年6月、産経新聞の題号変更(「サンケイ」→「産経新聞」)に伴って、「週刊サンケイ」は雑誌名・記事内容を若者向けに大幅にリニューアルすることになり、新たな雑誌として「週刊SPA!」が創刊された。その時、雑誌サイズは「B5」から「B5変形」に変更された。創刊からの号数(バックナンバー)は「週刊サンケイ」の号数をそのまま承継している。

「新装刊号」とされた1988年6月9日号のキャッチは「スパ!と図星発見ー情報と遊べる痛快WEEKLY」となっている。表紙は、嶋田久作。巻頭は、「木村太郎 vs 久米宏」の対談記事[2]

誌名は「世相をスパッ!と斬る」から「SPA!」が採用された。(「すっぱ抜き」からという説も)。創刊当時のキャッチコピーは「“週刊誌の突然変異”」。現在の題字ロゴは1989年4月から使用している。

「週刊SPA!」の初代の編集長にはフジテレビの元プロデューサーの宇留田俊夫が就任した。

2代目編集長には、青人社からスカウトされた渡邊直樹が就任した。1990年代前半は、小林よしのりの『ゴーマニズム宣言』をはじめ、数々の連載企画がスタートし、「週刊SPA!」は当時最も勢いのある週刊誌とも言われた[3]。オタクを売り物にした宅八郎の連載記事やオヤジギャルを題材にした中尊寺ゆつこの漫画などヒット作品を連発した。

しかし、2000年代になると、多くの週刊誌が部数を減らし、日本の週刊誌業界は厳しい時代になった。「週刊SPA!」は、2007年度は広告収入が11億円あったが、2008年度は7億5000万円に大きく減ってしまった。そこで、当時の週刊SPA!編集長の渡部超(わたなべとおる)は「もう広告のことを考えるのは止めよう」という方針を打ち出し、これからの「SPA!」は広告のない媒体、Web版の有料配信を目指すことにした。[4]

10代目編集長の金泉俊輔は週刊SPA!創刊25周年のインタビューで「会社でも従来の仕組みに忠実に乗っかるだけで、ぬくぬくとやっていける世代ではない。既得権がなく、上の世代のようには逃げ切れない。そんな人たちの武器となる、生活を豊かにする情報を提供したい」と語った。[5]

11代目編集長の犬飼孝司は週刊SPA!創刊30周年のインタビューで「編集部員がおもしろいと思ったモノに飛びついて、それを本誌やウェブ、書籍でも掘り下げる。週刊SPA!は仮想通貨を初期からやっている、日本のメディアでは一番詳しいのでは?」「たとえば、今の日本経済、お金が回っていないのが諸悪の根源。世の中にお金を回すこと…そういうところに斬り込んでいく。スパッと斬って、そこからこぼれ落ちたもの、人があまり目をつけていなかったものに光を当てていきたい」と語った。[6]

エピソード[編集]

  • 週刊SPA!には懸賞のコーナーがあるが、SPA!編集長の金泉俊輔は、2018年1月31日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、週刊誌懸賞の当選者を調整していることを明かした。金泉俊輔は、送られてきた応募内容を直接確認し、「この人、いかにも(他の応募者と)属性が違う」、「文面がマニアっぽい人」と分かると、その人を「懸賞マニア」とみなして、その人をなるべく当選させないようにした。[7]

歴代編集長[編集]

  • 宇留田俊夫
  • 渡邊直樹
  • 靍師一彦
  • 石光章
  • 杉田淳
  • 佐藤寿彦
  • 秋尾弘史(2003年-)
  • 光明康成(2006年-)
  • 渡部超(2008年-)
  • 金泉俊輔(2013-)
  • 犬飼孝司(2018-現在)

テレビCM[編集]

フジテレビの川端健嗣アナウンサー(当時)が出演したテレビCMが1992年ごろ放送された。サラリーマン役の川端アナが「ロンドン橋落ちた」のメロディで「週刊誌がたくさん、たくさん、たくさん」と歌いながら駅のホームの売店で「SPA!」を選ぶ内容のものだった。また、鎧兜を身に付けた女性が日本刀を振り回し「SPA!」と叫ぶというもの、『週刊誌のホワイトタイガー』というキャッチコピーを使用した時期もあった。

連載企画[編集]

漫画[編集]

グラビア[編集]

コラム[編集]

  • 8cmヒールで踏みつけたい(鈴木涼美)
  • 言論ストロングスタイル(倉山満)
  • 憂鬱なヘッドバンキング(武田砂鉄)
  • はき慣れない来靴を履き潰すまで(若月佑美)※月1連載
  • 今日も延長ナリ(爪切男)
  • 猫組長と西原理恵子の「ネコノミクス宣言」
  • ヘビーユース108(MB)
  • 僕が親ならこうするね(ひろゆき)
  • 誰も知らなかったゴルフの真実(三觜喜一)
  • インテリジェンス人生相談(佐藤優)

レギュラー[編集]

  • マネ得
  • 飛鳥クリニックは今日も雨(Z李)
  • 週刊・匿名記者座談会
  • バカはサイレンで泣く(読者投稿企画)
    • バカサイ紅白歌合戦(1995年以後、毎年年末に発表)[注 3]
  • ツイSPA!TV裏レポート
  • ジバラーガジェット
  • コロナと五輪と不動産
  • S級グルメ
  • 俺の夜
  • SPA! AUTO CLUB
  • エッジな人々

(2022年2月現在)

過去の連載企画[編集]

ほか

批判を受けた記事[編集]

2018年12月25日号の特集記事「ヤレる女子大学生ランキング」がネット上で女性蔑視だとして問題となった。国際基督教大(ICU)学生らの女子大生グループを中心に抗議の署名活動がなされるなど騒動になった[10]

記事は「ヤレる女子大学生ランキング」として5大学を実名で掲載するなど女子学生を蔑視する内容として批判を浴びた[11]。実名を挙げられた大学からは、大学ホームページへの抗議文の掲載や出版元の扶桑社への抗議が行われた[12]

2019年1月22日発売号に関連記事を掲載し、「実名を挙げてしまった大学および学生の方々、関係者の皆さまに改めてお詫(わ)び申し上げます」「女性の尊厳に対する配慮を欠いた記事で傷ついた女性、そして不快な思いをされた読者にも重ねてお詫びします」と関係者に謝罪し、謝罪などを求めて署名活動を行った大学生らとの面会内容も載せた上で、再発防止策を発表した[11]

注釈[編集]

  1. ^ 2019年1月の同コーナーで改名案も出たが語感が悪いため取り下げられた。
  2. ^ 社会問題を暴いた漫画。1995年にオウム真理教事件をきっかけとして当時の編集長や宅八郎と編集方針をめぐり対立したため1995年8月9日号で連載を終了し、小林が『SAPIO』(小学館)へと移籍した。その後、2018年4月10・17日合併号から連載を再開した。2018年4月現在は大東亜論を『SAPIO』、よしりん辻説法を『FLASH』、ゴーマニズム宣言を『SPA!』で連載中。
  3. ^ 本コーナーのスタッフが紅白歌合戦の出場歌手を勝手に選出するという企画。第1回以後毎回、W島崎(島崎俊郎、島崎和歌子)が司会を、日出郎の「燃えろバルセロナ」が大トリを務めていることになっている[9]。しかし、現実の番組・イベントとしては全く行われておらず、架空の内容である。なお、日出郎によると石野卓球が本企画のファンで、それが「燃える!バルセロナ」の発表に繋がったという[9]

出典[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]