陳全国 – Wikipedia

陳 全国(ちん せんこく、1955年7月12日 – )は、中華人民共和国の官僚、政治家。河南省信陽専区平輿県出身。現職は中国共産党中央政治局委員。元中国共産党新疆ウイグル自治区委員会書記、新疆生産建設兵団第一政委。

1955年7月12日、河南省信陽専区平輿県で生まれる。18歳で中国人民解放軍に入隊した。1977年に転業したところ、駐馬店地区の自動車部品工場に配属されました。1977年に大学入試制度が回復し1978年に慣例の夏受験に戻った後、鄭州大学中国語版の経済学科に合格した。大学卒業後、平輿県辛店公社に配属されました。

以後、中国共産党駐馬店地区委員会弁公室秘書(1983年9月-1985年4月)、副秘書長は政策研究室主任(1985年4月-1988年9月)、中国共産党遂平県委員会書記(1988年9月-1992年9月)、中国共産党駐馬店地区委員会委員(1992年9月-1994年2月)、中国共産党平頂山市委員会常務委員、組織部部長(1994年2月-1996年3月)、中国共産党漯河市委員会副書記、市長(1996年3月-1998年1月)を歴任した。

1998年1月、河南省人民政府副省長を担当し、当時の李克強省長の副手となり、その下で五年間働いていました。2000年11月、中国共産党河南省委員会常務委員、組織部部長に就任。2003年4月、中国共産党河南省委員会副書記に就任。2005年11月、中国共産党河南省委員会副書記、省委党校校長(学長)、河南行政学院院長。

2009年11月、党務に転じて河北省に赴任し、中国共産党河北省委員会副書記に就任した。2010年1月、河北省第11期人民代表大会の第3回会議で、河北省人民政府省長に就任した。

2011年8月25日、中国共産党中央委員会は陳全国を中国共産党チベット自治区委員会書記に任命すると発表した。2012年5月8日、陳全国は中国共産党チベット軍区委員会第一書記に選ばれた。

2016年8月29日、党務に転じて新疆ウイグル自治区に赴任し、中国共産党新疆ウイグル自治区委員会書記、中国共産党新疆生産建設兵団委員会第一書記兼第一政委に就任した[1]。2017年10月25日、中国共産党第19回第1回全体会議で、62歳の陳全国は中国共産党中央政治局委員に選出される。2018年2月24日、第13回全国人民代表大会代表(議員)に選出される。2020年7月9日、新疆ウイグル再教育収容所の施行に関与する人物として、アメリカ財務省による「米国内資産凍結、米国人との取引禁止」の制裁対象に指定された[2]

2021年12月25日、中共中央は陳全国を新疆ウイグル自治区党委員会書記・新疆生産建設兵団委員会第一書記兼第一政委から解任して別の職務に異動させると発表し、後任には広東省党委中国語版副書記・広東省長の馬興瑞が任命された[3]

外部リンク[編集]