三菱・レーシングランサー – Wikipedia

三菱・レーシングランサー (英語: Racing Lancer) は、三菱自動車がダカール・ラリー参戦を目的に開発したクロスカントリーラリーカーである。

1983年よりパジェロでダカール・ラリーをはじめとするクロスカントリーラリー競技に参戦してきた三菱は、2008年のダカール・ラリー参戦体制発表の場で2009年よりクリーンディーゼルを搭載した新型車両で参戦することを明かし[8]、2008年7月に「レーシングランサー」を公開した[9][1][10]。背景にはレギュレーション上有利なディーゼルエンジンを採用する競合の性能向上に、ガソリンエンジンで対抗することが難しくなっていること。パジェロの販促として始まったダカール・ラリー参戦が、CI活動に変化していたことがある。

車両開発は2007年8月に開始され、2008年6月に1号車が完成した[2][13]。その後フランス、スペイン、モロッコでのテストを経て、2008年10月のFIA インターナショナルカップ・クロスカントリーバハ英語版 第6戦 バハ・ポルトガルで実戦投入、続いて2009年のダカール・ラリー英語版に参戦した[13]。ダカール・ラリー終了後、三菱はワークス活動の終了を決定した[14]

メカニズム[編集]

FIA グループT1に準拠したプロトタイプで、マルチチューブラーフレーム、フロントミッドシップエンジン、ダブルウィッシュボーン式サスペンション、4輪駆動システムといった基本構成はパジェロエボリューションから踏襲する。

外装はCFRP製でランサースポーツバックをモチーフにし、空力性能を向上している[2][10]。ルーフ上にはルーフ幅いっぱいに確保された大型のエアインテークを備え、リアハッチ内に設置されたインタークーラーに冷却風を導入する[2]

スチール製マルチチューブラーフレームのシャシーは新規に設計しなおされた。2010年施行の規定変更に対応してパイプを大径化し、ホイールベースをパジェロエボリューションより125 mm延長している。ホールベースの延長によって生じたスペースを利用して床下燃料タンクの搭載位置を低下させ、スペアタイアの搭載位置を中央に寄せることで低重心化とマスの集中化をさらに推し進めた。ディーゼル化による燃費向上により燃料タンクの容量をパジェロエボリューションより10 %減らしている。

搭載するターボディーゼルエンジンの開発にあたって、ベースに適当な量産ディーゼルエンジンを持っていなかった三菱は6G7ガソリンエンジンをディーゼルエンジン化するという手法を採っている。開発は2006年4月に開始し[13][注釈 2]、当初は2008年のダカール・ラリーに投入する予定で進められた。2007年6月からパジェロエボリューションに搭載して走行テストが行われ[13]、2008年に入るとダカール・シリーズ英語版などに同エンジンを搭載したパジェロエボリューション (MPR14) を投入し実戦テストを行った[24][25]。過給機は三菱重工製の大小2つのタービンを組み合わせた2ステージターボを2組搭載してツインターボを構成する。

エンジン諸元比較
6G7 DI-D 6G7 (MPR13, 2008年)
ボア×ストローク (mm) 91.1 × 76.6 96.5 × 91.1
排気量 (cc) 2,996 3,998
リストリクタ径 (mm) ⌀38 ⌀31
最大トルク (N·m) ≥650 412
最高出力 (kW) ≥206 188
圧縮比 15.0 10.5
過給 2ステージターボ 自然吸気

2008年[編集]

FIAインターナショナルカップ・クロスカントリーバハ[編集]

2009年[編集]

ダカール・ラリー[編集]

三菱は4台のレーシングランサーを投入[31]。第1ステージで増岡がエンジンプーリーを固定しているボルトの折損を起因としてエンジンを損傷し、修復できずリタイア[33]。第6ステージでアルファンがコ・ドライバーの体調不良によってリタイア[33]。第7ステージでペテランセルがエンジントラブルでリタイアし[33]、ロマだけが総合10位で完走[37]、8連勝・通算13勝の連勝・通算優勝記録更新は成らなかった。ステージベストは第13ステージの1回だった。

2010年[編集]

ダカール・ラリー[編集]

JMBストラダーレ英語版が三菱のクロスカントリーラリーチームを運営していたMMSP SASを買収し、ガソリンエンジンに換装した5台のレーシングランサーを参戦させた[40][41]カルロス・スーザポルトガル語版の総合6位を最高位として全車が完走した[42]

注釈[編集]

  1. ^ Mitsubishi Rally for Cross Country 2009[1]
  2. ^ 先行研究として直列4気筒ディーゼルエンジンの開発を2005年春から行っている。

出典[編集]

  1. ^ a b “2009年ダカールラリー制覇を目的とした新型競技車『レーシング ランサー』(コードネーム:MRX09)を開発” (プレスリリース), 三菱自動車工業株式会社, https://www.mitsubishi-motors.com/publish/pressrelease_jp/corporate/2008/news/detail1805.html 2020年6月2日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g h i “チーム・レプソル三菱ラリーアート、2009年ダカールラリーに『レーシング ランサー』4台体制で参戦 -ディーゼルエンジン搭載車による、初の総合優勝を目指す-” (プレスリリース), 三菱自動車工業株式会社, (2008年9月8日), https://www.mitsubishi-motors.com/publish/pressrelease_jp/motorsports/2008/news/detail1827.html 2020年6月2日閲覧。 
  3. ^ “2009 dakar preview – repsol mitsubishi ralliart team” (英語) (プレスリリース), Colt Car Company Limited (Mitsubishi Motors UK), オリジナルの2020年6月22日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200622195101/https://mitsubishi-media.co.uk/en-gb/releases/190 2020年6月2日閲覧。 
  4. ^ “三菱自動車、FIAクロスカントリーバハ・インターナショナルカップ第6戦バハ・ポルトガルでディーゼルターボエンジンを搭載した新型競技車『レーシング ランサー』が初出場” (プレスリリース), 三菱自動車工業株式会社, (2008年10月27日), https://www.mitsubishi-motors.com/publish/pressrelease_jp/motorsports/2008/news/detail1850.html 2020年6月2日閲覧。 
  5. ^ a b “三菱自動車 FIAクロスカントリーバハ・インターナショナルカップ第6戦バハ・ポルトガルでディーゼルターボエンジンを搭載した新型競技車『レーシング ランサー』が記念すべきデビュー戦を総合優勝でかざる” (プレスリリース), 三菱自動車工業株式会社, (2008年11月3日), https://www.mitsubishi-motors.com/publish/pressrelease_jp/motorsports/2008/news/detail1857.html 2020年6月2日閲覧。 
  6. ^ “三菱自動車/ラリーアート 2008年ダカールラリー 「チーム・レプソル三菱ラリーアート」 参戦記者会見、増岡浩選手壮行会を開催”. 株式会社ラリーアート. (2007年11月30日). オリジナルの2016年5月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160518023817/http://www.ralliart.co.jp/07news/08dakar_soukou.html 2020年6月2日閲覧。 
  7. ^ 三菱、「レーシング ランサー」投入で次のダカールラリーはいただき!?”. webCG. 2020年6月2日閲覧。
  8. ^ a b “【ダカール09】三菱 レーシングランサー を開発”. Response.. https://response.jp/article/2008/07/16/111714.html 2020年6月2日閲覧。 
  9. ^ a b c d “増岡浩&レーシング ランサー – 三菱自動車2009年ダカールラリー記者会見 (2) 新型レーシング ランサーとは?”. https://news.mynavi.jp/article/20081205-mit/2 2020年6月2日閲覧。 
  10. ^ “三菱自動車、ダカールラリーのワークス活動終了について” (プレスリリース), 三菱自動車工業株式会社, https://www.mitsubishi-motors.com/publish/pressrelease_jp/motorsports/2009/news/detail1892.html 2020年6月2日閲覧。 
  11. ^ “チーム・レプソル三菱ラリーアート 2008年度上期クロスカントリーラリー活動計画を発表 ~ディーゼルターボエンジンもラインアップし、新たな挑戦を開始~” (プレスリリース), 三菱自動車工業株式会社, https://www.mitsubishi-motors.com/publish/pressrelease_jp/motorsports/2008/news/detail1757.html 2020年6月2日閲覧。 
  12. ^ チーム・レプソル三菱ラリーアート ディーゼルターボエンジンを搭載する 新型競技車『レーシング ランサー』を鋭意開発中 -11月開催のバハ・ポルトガルでデビュー予定-”. 三菱自動車工業株式会社. 2016年5月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月2日閲覧。
  13. ^ FIA INTERNATIONAL CUP FOR CROSS COUNTRY BAJAS BAJA PORTALEGRE 500 31 OCTOBER 2008 LEG 1” (英語). 三菱自動車工業株式会社. 2013年5月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月2日閲覧。
  14. ^ FIA INTERNATIONAL CUP FOR CROSS COUNTRY BAJAS BAJA PORTALEGRE 500 01 NOVEMBER 2008 LEG 2” (英語). 三菱自動車工業株式会社. 2013年5月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月2日閲覧。
  15. ^ FIA INTERNATIONAL CUP FOR CROSS COUNTRY BAJAS BAJA PORTALEGRE 500 02 NOVEMBER 2008 DAY 3” (英語). 三菱自動車工業株式会社. 2013年5月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月2日閲覧。
  16. ^ “2009年ダカールラリーがいよいよスタート 新型車両『レーシングランサー』が初の南米大会に臨む” (プレスリリース), 三菱自動車工業株式会社, https://www.mitsubishi-motors.com/publish/pressrelease_jp/motorsports/2009/news/detail1878.html 2020年6月17日閲覧。 
  17. ^ a b c “2009年ダカールラリーの前半戦が終了 ホアン・ナニ・ロマが総合4位で後半戦の巻き返しに望む” (プレスリリース), 三菱自動車工業株式会社, https://www.mitsubishi-motors.com/publish/pressrelease_jp/motorsports/2009/news/detail1881.html 2020年6月17日閲覧。 
  18. ^ a b “2009年ダカールラリー新型競技車『レーシング ランサー』がデビュー戦で健闘するもののチーム・レプソル三菱ラリーアートは、ホアン・ナニ・ロマが総合10位で閉幕を迎える” (プレスリリース), 三菱自動車工業株式会社, https://www.mitsubishi-motors.com/publish/pressrelease_jp/motorsports/2009/news/detail1882.html 2020年6月17日閲覧。 
  19. ^ Dakar 2009 : Dakar”. ASO. 2010年7月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月17日閲覧。
  20. ^ ダカールラリー”. 三菱自動車工業株式会社. 2016年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月17日閲覧。
  21. ^ “JMB Stradale Off Road buys out Mitsubishi Motorsport” (英語). http://www.marathonrally.com/news/jmb_stradale_off_road_buys_out_mitsubishi_motorsport.13856.0.html 2020年6月2日閲覧。 
  22. ^ “レーシングランサー健在 2010年ダカールラリーにプライベーター5台が出走”. Rally+.net. https://www.rallyplus.net/10027 2020年6月2日閲覧。 
  23. ^ “三菱レーシングランサーで出場したカルロス・スーザ選手が、プライベーター最上位となる総合6位で完走。”. 株式会社ラリーアート. (2007年11月30日). オリジナルの2016年4月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160420022725/http://www.ralliart.co.jp/10news/100125.html 2020年6月2日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 乙竹, 嘉彦、大島, 弘己「2009年ダカールラリー出場車両の開発」『テクニカルレビュー』第21巻、三菱自動車工業株式会社、2009年、 ISSN 0915-2377
  • Dakar Rally 2008 Preview – パジェロに栄冠を。 (PDF) 」 『ラリーアートジャーナル』第120巻、株式会社ラリーアート、2007年、 1-2頁、2020年6月2日閲覧。
  • Mario G Taga「MPR13 THE LAST DANCE」『Racing on』第23巻第2号、ニューズ出版、2008年2月、 96-99頁。
  • 古賀, 敬介「独占詳報 三菱レーシングランサー」『Racing on』第23巻第12号、ニューズ出版、2008年12月、 130-135頁。
  • Mario G Taga「新天地で目指す新たな砂の覇者」『Racing on』第24巻第2号、ニューズ出版、2009年2月、 72-75頁。
  • Mario G Taga「4分の1に見えた光明」『Racing on』第24巻第3号、三栄書房、2009年3月、 72-77頁。
  • 『MotorFan illustrated』第30巻、三栄書房、2009年、 ISBN 9784779605833。
    • 今井, 清和「Chapter2 : 最新Racing Engine MITSUBISHI 6G7-DID」。
    • 畑村, 耕一「Chapter2 : 最新Racing Engine MITSUBISHI 6G7-DID Professional Eye Dr.Hatamura まさに常識破り! ハンデから生み出された驚きのレーシング・ディーゼル」。

外部リンク[編集]