秦石竹 – Wikipedia

秦 石竹(はた の いわたけ、生没年不詳)は、奈良時代後期の官人。秦足国の子。名は伊波太気とも記される[1][2]。姓は伊美吉(忌寸)。官位は外従五位下・播磨介。秦足長の父。

『万葉集』によると、天平感宝元年5月9日(749年5月29日)に「諸僚」(越中国府の役人)が当時、越中少目であった石竹の館で宴を行い、主人である石竹が百合の花縵3枚を作り、豆器(高杯)に重ね載せ、賓客に贈呈しており、その際にその花縵を題材として、越中守であった大伴家持・越中介であった内蔵縄麻呂が合わせて3首の歌を詠んでいる[3]。同年(天平勝宝元年)12月頃、同じく少目の石竹の館の宴にて、家持が詠んだ歌が1首見える[4]。翌天平勝宝2年10月16日(750年11月19日)に、朝集使として都に向かう石竹への餞別として、国守の家持が贈った歌も存在する[5]

称徳朝の天平宝字8年(764年)10月、藤原仲麻呂の乱後の論功で、弓削耳高・田部男足・秦智麻呂・内蔵若人・美努奥麻呂・大原家主・津真麻呂・雀部兄子・大部不破麻呂・建部人上・桑原足床らとともに正六位上から外従五位下に叙せられている[1]

その後しばらく記録が途絶えるが、光仁朝の宝亀年間(770年 – 780年)には飛騨守・播磨守大伴潔足の播磨介と、同じく地方行政に携わっている。

注記のないものは『続日本紀』による。

  • 天平感宝元年(749年)5月9日:見越中少目。天平勝宝元年12月:同(『万葉集』による)
  • 天平勝宝2年(750年)10月16日に:見越中少目兼朝集使(『万葉集』による)
  • 時期不詳:正六位上
  • 天平宝字8年(764年)10月7日:外従五位下。
  • 宝亀5年(774年)3月5日:飛騨守
  • 宝亀7年(776年)3月6日:播磨介
[脚注の使い方]
  1. ^ a b 『続日本紀』巻第二十五、廃帝 淳仁天皇 天平宝字8年10月7日条
  2. ^ 『続日本紀』巻第三十三、光仁天皇 宝亀5年3月5日条
  3. ^ 『万葉集』巻第十八、4086番 – 4088番
  4. ^ 『万葉集』巻第十八、4135番
  5. ^ 『万葉集』巻第十九、4225番

参考文献[編集]

  • 『続日本紀4(新日本古典文学大系15)』岩波書店、1995年
  • 『続日本紀5(新日本古典文学大系16)』岩波書店、1998年
  • 宇治谷孟訳『続日本紀(中)』講談社〈講談社学術文庫〉、1992年
  • 宇治谷孟訳『続日本紀(下)』講談社〈講談社学術文庫〉、1995年
  • 竹内理三・山田英雄・平野邦雄編『日本古代人名辞典』5 – 1343頁、吉川弘文館、1966年