中屋重治 – Wikipedia

中屋重治

中屋 重治(なかや しげはる、1888年(明治21年)2月15日[1] – 1963年(昭和38年)2月13日[2])は、日本の内務官僚。川崎市長。岩手県宮古市長。

福岡県出身。1914年(大正3年)、京都帝国大学法科大学政治科を卒業し、さらに1916年(大正5年)に同法律科を卒業した[1]。その間、高等文官試験に合格し、島根県理事官、同鹿足郡長、台湾総督府財務局事務官、台湾総督府高等商業学校教授、台湾総督府中央研究所事務官、新竹州警務部長、宮城県書記官・警察部長、栃木県書記官・警察部長、神奈川県書記官・警察部長を務めた[1][3]

1932年(昭和7年)、川崎市長に選出され、1935年(昭和10年)まで務めた[3]。その後、東京市で麹町区長、北京出張所長、交通整理部長など歴任した[4]。また東京電気株式会社顧問、日本電興株式会社取締役なども務めた[4]

1942年(昭和17年)、陸軍司政長官・マドラ州長官に就任した。

戦後は1950年(昭和25年)に宮古市長に選出された。

  1. ^ a b c 『大衆人事録』
  2. ^ 『読売新聞』1963年2月14日、夕刊9頁。
  3. ^ a b 『神奈川県名鑑』p.105
  4. ^ a b 『人事興信録』

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第14版(下)』人事興信所、1943年。
  • 『神奈川県名鑑』横浜貿易新報社、1935年。
  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第3版』帝国秘密探偵社、1930年。