Month: July 2021

HANDEAD ANTHEM – Wikipedia

『HANDEAD ANTHEM』(ハンデッドアンセム)は、ニジスタによる男性声優×ゾンビ×EDMの新キャラクター音楽プロジェクト。通称「ハンセム」。 ニジスタから発足した男性声優番組である『K4カンパニー』から生まれたプロジェクト。K4カンパニーに出演する小松昌平、益山武明、増元拓也、濱健人の4人で16キャラを担当している。 キャラクター原案はdevaをさらちよみ、HIGH-TIDEをホームラン・拳、B.U.Hをカズアキ、夜鳴を中原が担当している。[1] 2019年4月29日にyoutubeのニジスタch内で配信された生放送「K4カンパニー戦略発表会2019年春」にて、『プロジェクトD』という名前でプロジェクト始動。全16キャラを4人で担当することも明かされた。 同年7月26日に上記のch内にて配信された生放送「コンテンツ事業部重大発表会~ゾンビと過ごす夏の夜~」から『HANDEAD ANTHEM』の名前で本格的にコンテンツが動き始める。同生放送内にて、全キャラクターイラストと世界観、ストーリーが公開された。[2] 楽曲ではDance Dance Revolutionで名を馳せるNAOKIや、ボーカロイドプロデューサーの八王子P、日本を代表する音楽プロデューサーKSUKE、メジャーアーティストへの楽曲提供なども行うMaozonらを起用している。[3] 2020年9月には第2弾チーム楽曲の制作が決定し発売され、HANDEAD ANTHEMch内にてボイスドラマやMVの公開、またドラマCDの発売、サブスク配信などの展開がされている。 2021年1月16日から2月20日にかけて、第1章完結長編ボイスドラマ「TEMPEST」が隔週で公開。[4] 以降のHANDEAD ANTHEMを新章として、2021年3月にALBAと修羅浄土の2チーム6キャラクターが追加。新キャストも発表された。[5] これにより当作品は16キャラクターから22キャラクターへと増員。なお、彼らの声を担当する声優の総人数は7名である。 ストーリー・世界観[編集] かつて、独裁者の洗脳により1日15時間の労働を義務付けられ心が死んだ人間、通称「アライバー」は日常に夢も希望も見出せないでいた。 21xx年。アライバーの心を生き返らせることができる唯一の存在、ハンデッドと呼ばれる半死半生のパッションゾンビが誕生。のちに優秀なハンデッドだけを集めた組織「デッド&アライヴ(通称DAA)」が設立され、全人類ハンデッド化を目指し、洗脳されたアライバーに有効な音楽ジャンルEDMを駆使した布教活動を開始していく。 特にカリスマ的魅力を発揮する広島本部・福岡支部・高知支部・沖縄支部はD4と呼ばれ、

Continue reading

エドガール・モラン – Wikipedia

エドガール・モラン エドガール・モラン(Edgar Morin、本名:Edgar Nahoum、1921年7月8日 パリ – )は、フランスの哲学者、社会学者である。 その仕事は諸学問の境界を横断する超領域性で知られている。また、文化人類学者ジャン・ルーシュと共同監督した『ある夏の記録』(1961年)によって、ヌーヴェルヴァーグの映画監督としても知られる。 ユダヤ系スペイン人(セファルディム)の出身である。 目次 1 来歴・人物 2 哲学的発展 3 リテラリー・ワーク 3.1 書籍 3.2 会議

Continue reading

服忌令 – Wikipedia

服忌令(ぶっきりょう)とは、近親者の死去に際して喪に服す期間(服忌)を定めた法令。合わせて触穢に関しても定められていることが多かった。 服忌令そのものは中世の寺社法などに由来しているが、本項では江戸幕府が制定・公布し、明治政府が引き続き採用した服忌令を中心として解説する。 服忌令の成立[編集] 服忌は元は「服紀」と表記して、元は中国の礼制における五服の制を律令法(喪葬令の服紀条と假寧令の假条)に組み込む形で受容されたが、日本の家族制度に則した修正も行われ、日本独自の規定として定着することになった[1][2]。 服忌令は中世の伊勢神宮などの神社で作成されたものを原型としている。これは基本的には喪葬令と假寧令を組み合わせつつも、喪に服する者に与えられた「假(休暇)」を死穢を忌む期間としての「忌」の改変したものであった[3]。また、白川家・吉田家などの神道を家職とする家で同様の規則が定められた[4]。 江戸幕府の服忌令[編集] 江戸幕府では、5代将軍徳川綱吉が貞享元年2月30日(1684年4月14日)に幕府公式の法令として施行した。文治政治を推進する綱吉が林鳳岡・木下順庵・吉川惟足らの協力を得て、先行の服忌令を受け継ぎつつ独自の変更をも加えて制定したとされている[5][6]。その後、複数の改定を経て、8代将軍徳川吉宗の元文元年9月15日(1736年10月19日)に公布された改定服忌令が確定された法令となった[3][5][7]。 元文の改定服忌令の規則によれば、親族の服忌は尊卑・親疎の程度によって6段階[注釈 1]に分けられて、この6段階に当てはまる者が「親類」と定義され、互いに協力し合うべきものとされた[5][8]。すなわち「服」(服喪期間)として、父母・離別の父母・養父母(遺跡相続[注釈 2]や分地配当[注釈 3]があった場合)・祖父母(嫡孫が承祖[注釈 4]した場合)・妻は13か月、養父母(遺跡相続や分地配当がなかった場合)・夫の父母・父方の祖父母は150日、妻・嫡子・養子(嫡子として迎えた者)・母方の祖父母・父方の曾祖父母・父方の伯叔父姑[注釈 5]・兄弟姉妹・嫡孫(祖父から承祖していた場合)は90日、嫡母[注釈 6]・継父母・末子[注釈 7]・養子(遺跡相続をしない場合)・異父兄弟姉妹・嫡孫(承祖しない場合)・母方の伯叔父姑・父方の高祖父母は30日、末孫[注釈 8]・息子方の曾孫及び玄孫・従父兄弟姉妹[注釈 9]・甥姪は7日と定められていた。同じく、「忌」(謹慎期間)として、「服」が13か月に相当する者で妻の喪に服する者以外は50日、妻の喪に服する者と「服」が150日に相当する者は30日、「服」が90日に相当する者は20日、「服」が30日に相当する者は10日、7日に相当する者は3日と定められていた[3][5]。また、その他にも出産や流産・改葬など「血」や「死」など穢れの発生源とされた儀式に際しても「忌」の期間が設けられていた[5][8]。 江戸幕府の服忌令は(現実的な処罰の有無は別として理念上は)将軍をも対象としており、将軍は東照大権現に対して、大名・旗本・御家人は将軍に対して、陪臣はそれぞれの主君に対して死者による穢れを及ぼしてはならない、という概念の下に制定され、封建的な身分制度を維持する仕組みでもあった。そのため、諸藩に対しても適用されるものとされ、諸藩も幕府の令をそのまま、あるいは一部変更を加えて施行した[3][9]。 武士に対しては厳格に服忌令の遵守が求められて、違反者は軽いながらも処罰を受けた[8]。幕府や藩を問わず、喪中や忌中に出仕したり、喪や忌の期間が終わっているのに出仕しなかったりすると処分の対象になるため[8]、服忌令公布直後の貞享元年4月には早くも幕府の許可を得ずに服忌令を板行した者が処罰を受ける事件が発生しており[5]、後には服忌令の内容や事例を解説した「服忌書」と呼ばれる書物も作られた[8]。 庶民[10]に対しては、町役人や村役人のような幕府や藩の役人と直接接触する立場にある者に対しては適用対象とされたが、一般庶民については対象外であった[11]。ただし、その内情は複雑で、幕府や各地の藩は庶民に対してはその分限を越えた葬儀を行うことを禁じる法令を繰り返し出しておきながら、実際には父母や祖父母らに対して分限を越えた葬儀を行った者や借金をしたり食費までを切り詰めたりして葬儀の費用に充てた者を「孝子」として顕彰の対象とする矛盾した政策を取っていた。なお、その場合の服喪の期間などは服忌令とは関係なく所属する地域や宗派の慣習(仏教における中陰など)に従った例が多かったようである[12]。

Continue reading

フランク・マンダス – Wikipedia

フランク・マンダス(Frank Mundus、1925年10月21日 – 2008年9月10日)は、ニューヨーク州モントーク(英語版)で活動したスポーツフィッシング(ゲームフィッシング)の漁師で、サメハンター(後にサメの保護活動家)、また釣りのチャーター船のオーナー。1974年の小説、及びそれを原作とした1975年の映画『ジョーズ』の主要人物の1人であるサメハンター「クイント」のモデルになったと指摘されている人物[1][2]。亡くなるまで、自船「クリケットII号」を使って、大物をターゲットとした釣り人のチャーター船ビジネスを行っていた。 前半生[編集] マンダスはニュージャージー州ロングブランチで生まれ、若い頃にブルックリンに引っ越した。1945年、彼はクリケット号を用いてニュージャージー州ブリエル(英語版)で釣りのチャーター船を始めた。1947年には特注のクリケットII号を購入した。 モントーク移住とペリカン号事故[編集] 1951年、オキスズキ目的のチャーター船をやりたいと考え、ニューヨーク州モントーク(英語版)へと引っ越した。その初年、マンダスは大型パーティーボート「ペリカン号(英語版)」の事故において、その乗客たちの救助や遺体回収に大きな役割を果たした。定員オーバーの64名を乗せていたペリカン号はスコールによって転覆し、船長のエディ・キャロルを含む45人が死亡した。マンダスは2番目の救助隊の1人であり、まだ10人分の遺体が船内に残っていたペリカン号を沈没してしまう前に港へ牽引するのを助けた。この事故はモントークのレクリエーションの歴史の中で最悪のものであり、業界に規制をかける多くの法律の成立に繋がった[3]。 モンスター・フィッシング[編集] すぐにマンダスは、モントークではオキスズキがあまりいないことを知るが、その代わりにサメがいることを知った[4]。 マンダスはモントーク湖から出港する船で「モンスター・フィッシング」と呼ばれる釣りを始めた。個性的なキャラクターであったマンダスはすぐに人気者となった。彼は4,500ポンド(約2トン)のホオジロザメを銛で捕まえたことで、その評判をさらに高めた(ただしこの記録は推定であり実際に計量したものではない)。1986年には、ドニー・ブラディックと共にモントーク沖約28マイル、ブロック島からわずか18マイルのところで3,427ポンド(約1.55トン)のホオジロザメを釣り上げた[5]。これは最大のサメであることのみならず、竿とリールで釣り上げられたあらゆる種類の魚で最大の記録であり、現在も破られていない。ただし、この一件は当時物言いがつき、捕獲時にサメがクジラを捕食した直後だったのではないかと指摘された(この場合、公式記録として認められなくなる)国際ゲームフィッシング協会(英語版)は写真に基づき、この捕獲記録は正当なものだと裁定を下した。 こうした活躍の一方でマンダスの初期の漁法には当時から批判があり、例えば単にまき餌のためにクジラを殺したり、上記の通り銛でサメを捕る(現在では違法となっている)などがあった。 リタイアから晩年[編集] 1991年、マンダスは沿岸警備隊からライセンスが失効していることを指摘され、再申請しなければならなくなった。最初、クリケットII号を売却してハワイへ移住しようと考えていた。ハワイへは移住したものの、船の売却は実現せず、他人に運営を任せる形となった。1997年にチャーター船の船長としては正式に引退した。ハワイ移住後も夏の間はシャークトーナメントのためにモントークで過ごし、さらに高額となったクリケットII号で遠出するなどした。 晩年のマンダスはサメの保護活動家に転向し、サメ漁師にキャッチ・アンド・リリースを呼びかけ、保護活動を綴った『White Shark Sam Meets The Monster

Continue reading

アレクサンドル・カレリン – Wikipedia

アレクサンドル・アレクサンドロヴィチ・カレリン(ロシア語: Александр Александрович Карелин, ラテン文字転写: Aleksandr Aleksandrovich Karelin、1967年9月19日 – )は、ソビエト連邦ロシア・ノヴォシビルスク出身のグレコローマンレスリング選手。政治家。身長191 cm、体重130 kg。ソビエト連邦、旧ソ連統一チーム、ロシアの代表選手を務めた。 オリンピックにおいてグレコローマンレスリング130 kg級で1988年、1992年、1996年と3大会連続で金メダルを獲得。その前人未到とも称された大記録と圧倒的な強さから、海外マスメディアではThe Experiment、日本では霊長類最強の男の異名で知られる。ロシア連邦英雄を授与されている。別表記アレクサンダー・カレリン。 13歳の時にレスリングを始め、積雪30 cmの中でのランニングや、ボートを3時間不休で漕ぎ続けるなどの過酷なトレーニングで身体を徹底的に鍛え上げた。その結果カレリンは超人的とさえいえるパワーを身に付け、全盛期の背筋力は400 kg以上、ベンチプレスは320㎏に達したという。彼の怪力に関するエピソードとして、引越しの際にアパートの1階から8階(一説では15階とも)まで、たんすや冷蔵庫(重さ120 kg)を一人で担いで運んだという逸話がある。 1987年から2000年まで国際大会で13年間無敗を誇り、大会76連勝の記録を持つ。その間に世界選手権9連覇や欧州選手権10連覇を記録し、公式試合での連勝記録は300までに及んだ[1]。

Continue reading

ダディ竹千代&東京おとぼけCATS – Wikipedia

ダディ竹千代&東京おとぼけCATS(ダディたけちよアンドとうきょうおとぼけキャッツ)は1976年に結成された日本のロックバンド。 著名アーティストの完全パロディコピーや挑発的な歌詞、エレキベース担当のなかよし三郎がチョッパー奏法(スラップ奏法)をあらゆる素材で奏でる「大根チョッパー」「豆腐チョッパー」など、過激なパフォーマンスで知られたバンド。また、ダディの「イギリスはロンドンからやってまいりました」で始まるゲスト大会は、音態模写で常に爆笑を誘った。メンバーのテクニックは確かでありバンドとしても実力派であった。 活動期間は1976~1981年の5年間ほどだが、様々なジャンルからミュージシャンが関わり、70~80年 代の日本の音楽シーン全般に影響を与えた特異なバンドだ。準構成員を含めると解散までに少なくとも30人ほどがライブや制作に参加している。 結成時のオリジナル・ メンバーは、加治木剛(Vo)、児島三郎(B)、来住野“きすの”潔(Gt)、春日博文(Dr)、その弟の春日善光(Gt)、秦万里子(Key)、の6人。バンド結成のキーワードは“カルメン・マキ&OZ”と“都立 桜町高校”である。 加治木、来住野、春日博文、そして準構成員の寺中名人の4人はこの桜町高校の音楽仲間。そして児島と寺中は中学のバンド仲間。 高校卒業後、加治木と春日はOZの作詞作曲担当でマネージャーとギタリストに。来住野は「私は風」などデビューLP『カルメン・マキ&OZ』(1975年)にコーラスで3曲参加。児島はメンバーでベースを弾いていた時もある。 OZが2枚目のLP『閉ざされた町』発売後にドラムが抜けた。実はその空白の時間に加治木が春日と児島と来住野を誘って作ったバンドが東京おとぼけCATSだった。 ライブ・デビューは1976年、世田谷区上馬のライブ・ハウス「ガソリンアレー」。結成当時の音楽コンセプトは“東京を唄う”。メンバーは全員黒い背広。キャバレー・バンドのように譜面を見ながらバック演奏して、ダディ竹千代は専属歌手というイメージだった。レパートリーは東京の地名を使ったオリジナル曲やカバー曲。観客は身内ばかりだったがウケは良かった。翌年の1977年。一度だけ関西ツアーを京都と大阪でやっている。京都の対バンは“誰がカバやねんロックンロールショー”。この後に良きライバル関係になって行く。そしてこの頃、OZのドラムが決定して春日はおとぼけCATSの活動が出来なくなる。そんな時にギタリスト山岸潤史の結婚式でダディと三郎がやった余興がビクターのディレクターの目にとまり、レコーディングの話が来る…。これをチャンスにと考えたダディはこの年の「第14回つま恋ポピュラーソングコンテスト」(優勝は世良公則&ツイスト)の時に目を付けていた“やたら元気なドラマー”のそうる透に声をかけた。うまくダディにだまされた彼は 翌年2月のデビュー・シングルのレコーディングからバンドに参加する。そして1978年6月25日「電気クラゲ」が発売。 メンバーは総勢10名の大所帯のバンドになっていた。レコード発売直後はこのメンバーで全国を回った。楽器を積んだハイエースの“車軸折れ事件”や“エンジン爆発事件”などのウソみたいな本当の話がある。また、バニーガールのセクシーな衣装や、海パンを脱ぐボーン助谷のキワドイ芸は当時のおとぼけCATSの“ウリ”だったが、東北では最前列で教育委員が監視しているライブもあった。この年の秋におとぼけCATSのメンバー構成がまたもや変わる。ダディが作詞で参加した東京キッドブラザースのミュージカル「冬のシンガポール」の時に知り合った劇団員の美空どれみ。 そしてライブ・ハウスで見つけて来たキーボードの張紅陽(ちゃんこうよう)の2人が参加。 1979年秋ににセカンド・シングル「舟乗りの夢」を発売。 メンバーの入れ替わりが激しかったバンドだが、この頃ようやくメンバーが固まる。ダディ(Vo)、三郎(B)、キー坊(G)、ダニエル(G)、助谷(Tb)、透(Dr)、の6人。以後は1981年の解散まで同じ。この頃の渋谷屋根裏ライブはいつも超満員。客もバンドも酸欠になるくらいに盛り上がった。RCサクセションに抜かれるまではおとぼけCATSが動員数の最高記録を持っていた。動員最低記録も持っていたが…。 当時、浅井企画やバーニングなど複数の芸能プロダクシ ョンから誘いがあったが、ショーケン、HOUND DOG、THE STREET

Continue reading

流動性 (合成樹脂) – Wikipedia

合成樹脂の成形における流動性(りゅうどうせい、英: Liquidity)は、成形のため加熱溶融時に圧力を加えた際の合成樹脂の挙動を言う。 熱可塑性樹脂[編集] 熱可塑性樹脂の流動性は、純粋に物理的特性のみで説明できる。それでも結晶性樹脂と非晶性樹脂ではその挙動は異なり、特定の融点を持つ結晶性樹脂に対し、非晶性樹脂は明確な溶融境界を持たず、ガラス転移点から流動性を増すようになる。 熱可塑性樹脂の流動性は、温度と粘度および圧力と粘度の関係で示され、前者を温度依存性、後者を圧力依存性と言う。これらは合成樹脂の種類やグレードによって異なり、温度や圧力変化によって敏感に粘度を低下させるものは「流動性が良い」または「高流動」と評され、一般に射出成形が容易になる。しかし、あまりに急激に粘度低下を起こすものは押出成形には不向きな場合もある。 成形のために温度や粘度を単純に高くすれば良いというわけではなく、合成樹脂は過大な熱量を掛けると変色や分解を起こしてしまう。この熱量は温度と時間の積で表され、熱履歴と呼ばれる。この劣化を引き起こす熱履歴と、融点またはガラス転移点の温度が近接している合成樹脂は、仮に流動性を確保できても成形条件の自由度には劣ると言わざるを得ない。 熱硬化性樹脂[編集] 硬化(cure)に化学反応を伴う熱硬化性樹脂は、過剰な加熱によって反応が進み、流動性が著しく低下する傾向にある。そして最終的に流動性は失われ、完全に流れなくなる。しかし加熱初期には流動性はやはり温度に依存する。そのため、成形時にはそれぞれの合成樹脂が持つ最適樹脂温度を守りながら成形する必要がある。 メルトフローインデックス測定[編集] 英: Melt flow index – MFIまたはメルトインデックス(Melt index – MI)。ISOでの名称はメルトフローレート(Melt flow rate

Continue reading

日本レストランシステム – Wikipedia

日本レストランシステム株式会社(にっぽんレストランシステム)は、株式会社ドトール・日レスホールディングスの100%子会社。レストランチェーンの経営、輸入品販売などを行う。 主なブランド一覧[編集] 1973年4月 – ショウサンレストラン企画株式会社設立。 1973年6月 – ジャーマンレストランシステム株式会社設立。 1973年8月 – 株式会社ボルツ・ジャパン(のちに「南インド株式会社」に商号変更)設立。 1978年6月 – ジャーマンレストランシステムとショウサンレストラン企画が合併し、日本レストランシステム株式会社となる。 1996年5月 – 本社を現在の東京都渋谷区猿楽町に移転。 2001年6月 – 南インド株式会社と合併。

Continue reading

フィリップ・ヴァルテール – Wikipedia

この存命人物の記事には検証可能な出典が不足しています。信頼できる情報源の提供に協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります。出典検索?: “フィリップ・ヴァルテール” – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2016年1月) 書籍等の宣伝目的での編集はおやめください この項目「フィリップ・ヴァルテール」は加筆依頼に出されており、内容をより充実させるために次の点に関する加筆が求められています。加筆の要点 – ヴァルテールの人となりや研究動向、「イマジネール」の概念について、注釈にあるブランカ・ソラレス教授インタヴューなどを参考にして、本文内に加筆をお願いします。(貼付後はWikipedia:加筆依頼のページに依頼内容を記述してください。記述が無いとタグは除去されます)(2016年5月) フィリップ・ヴァルテール[注釈 1] (仏: Philippe Walter、1952年[1] – )は、フランスの文学研究者。グルノーブル第三大学

Continue reading