Category: Wikipedia

ミッミッ – Wikipedia

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。出典検索?: “ミッミッ” – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2021年12月) ミッミッ (Beep, Beep、1952年5月24日) とは、アメリカ合衆国の映画会社ワーナー・ブラザースの短編アニメシリーズ「メリー・メロディーズ」の作品である。ぶっちぎりステージでの邦題は『 地上でも地下でも 』。 荒野を舞台にロードランナー(学名:アクセル・モーレツダウス、Accelerati Incredibilus)を追いかけるコヨーテ(学名: ニククイヤス・イヤシウス)。コヨーテが追いつこうとすると、ロードランナーはいつものように「ミッミッ」と鳴いて猛スピード逃げてしまう。ロードランナーを食べたいコヨーテは様々な作戦を立てる。 作戦1 バネ付きボクシンググローブを岩にくっつけて、ロードランナーを激突させようとするコヨーテ。岩に乗って、ロードランナーの「ミッミッ」が聞こえた時にバネ付きグローブを作動させるが、何故か岩が動きコヨーテはペシャンコ。さらにグローブがコヨーテ目掛けて激突。

Continue reading

燕灘郡 – Wikipedia

燕灘郡(ヨンタンぐん)は、朝鮮民主主義人民共和国黄海北道に属する郡。 東に遂安郡・延山郡、南に瑞興郡・鳳山郡、西に沙里院市・黄州郡、北に祥原郡と接する。 朝鮮独立以前には黄州郡の一部だった。1952年12月に黄州郡の亀洛面、都峙面、仁橋面と瑞興郡の道面、所沙面、細平面と遂安郡栗界面の6個の里を合併して燕灘邑を新設した。1990年に城山里が沙里院市に編入された。 年表[編集] この節の出典[2] 1952年12月 – 郡面里統廃合により、黄海道黄州郡亀洛面・都峙面・仁橋面、瑞興郡道面・所沙面・細坪面、遂安郡栗界面の一部地域をもって、燕灘郡を設置。燕灘郡に以下の邑・里が成立。(1邑18里) 燕灘邑・月龍里・金峯里・城山里・七峯里・昌梅里・烽斎里・陵山里・五徳里・城梅里・杜茂里・陵里・長雲里・松竹里・豊畓里・新興里・長支里・五峯里・薪金里 1953年 (1邑20里) 城山里・七峯里の各一部が合併し、都峙里が発足。 燕灘邑・金峯里の各一部が合併し、眉山里が発足。 七峯里の一部が城山里に編入。 五徳里の一部が陵里に編入。 松竹里の一部が燕灘邑に編入。 城山里の一部が金峯里に編入。 1954年10月 – 黄海道の分割により、黄海北道燕灘郡となる。(1邑20里)

Continue reading

ユラ – Wikipedia

ユラ(유라、Yu Ra、1992年11月6日 – )は、韓国の女優、歌手である。女性アイドルグループ「Girl’s Day」のメンバーである。 1992年11月6日に韓国の蔚山で生まれた。ユラは蔚山芸術高校に入学し、ダンス専攻として通った。その後、同徳女子大学に通った[1]。2010年9月、Girl’s Dayに加入した[2]。 2010年11月8日、ユラの元所属事務所であるAction Music Entertainmentは、ユラに対して差し止め命令を提出し、Dream TeaEntertainmentとの2回目の契約に署名することを阻止した[3]。これに対して、ドリームティーの代表は「アクションミュージックが契約条件に違反した」と述べた[4]。訴訟は、アクションミュージックがユラの容認できない行動のビデオを持っていると主張したときに追求された。2011年1月20日、裁判所はユラに対して有利な判決を下した[5]。 2012年、捜狐テレビの中国ドラマ「シークレットエンジェル」で女優デビュー[6]。 ディスコグラフィー[編集] コラボレーション[編集] 「I’ll Love You (Jevice featuring Yura

Continue reading

アスパルテーム – Wikipedia

アスパルテーム(aspartame、アスパルテイム、略称 APM ; 発音 または )とは、人工甘味料の1つである。ヒトにはスクロースの100~200倍の甘味に感じられる。これに対して、アスパルテームの生理的熱量は、スクロースとほぼ同じ、約4 (kcal/g)であり、ノンカロリーではない。CAS登録番号は[22839-47-0]。 構造・性質[編集] アスパルテームは、L-フェニルアラニンとメタノールとが脱水縮合してエステルを形成したフェニルアラニンメチルエステルのアミノ基と、L-アスパラギン酸のカルボキシ基とが脱水縮合してペプチド結合を形成した構造をしている。 味覚[編集] ヒトにとってアスパルテームはスクロースの100~200倍の甘味に感じられる[2]。その味は「後甘味でわずかに後引きがあり、砂糖に近く柔らか」だと評されている。 参考までに、甘く感じられるのは、フェニルアラニンとアスパラギン酸は、共にL体でなければならず、それ以外の場合は苦く感じられる。 物理化学的性質[編集] 常圧においてアスパルテームの分解点は246 ℃から247 ℃である。常温常圧でアスパルテームは、白い結晶性の粉末として存在する。アスパルテームは構造中にペプチド結合、さらには、エステル結合まで持っているために、酸や塩基に対して、特に温度が上がると、やや不安定である[注釈 1]。このために、水分のある状態での長期安定性が、他の食品添加物と比較して劣ると評価されている。なお、アスパルテームの溶解度は、20 ℃の水に対して、10 (g/L)程度である。 動態[編集] アスパルテームをヒトやサルに経口投与すると、消化管内で分解され、メタノール、L-アスパラギン酸、L-フェニルアラニンを遊離する。これらは腸管内から容易に吸収され、体内へと入る。L-アスパラギン酸やL-フェニルアラニンは天然型のアミノ酸である。したがって、吸収された後は通常のアミノ酸と同様に代謝され、体内でタンパク質の材料にされたり、脱アミノ化された後にエネルギー源として分解されることが報告されている[3][4]。このために、アスパルテームの生理的熱量は、一般的なタンパク質と同様の約4

Continue reading

ジェイク・シマブクロ – Wikipedia

この存命人物の記事には検証可能な出典が不足しています。信頼できる情報源の提供に協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります。出典検索?: “ジェイク・シマブクロ” – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2009年10月) ジェイク・シマブクロ(Jake Shimabukuro、1976年11月3日 – )は、アメリカ合衆国ハワイ州ホノルル出身の日系5世のアメリカ人ウクレレ奏者/作曲家。稲妻のような超速弾きと正確無比なテクニックを併せ持つ、ウクレレの達人であり、「ハワイのジミヘン」との異名を持つ[1]。ジャズ、ブルース、ファンク、クラシック、ブルーグラス、フォーク、フラメンコの要素を組み合わせた数多くの音楽を手がけ、映画『フラガール』 (2007年)や日本版の『サイドウェイ』(2009年)など2つの日本映画の全サウンドトラックを作曲する。 2000年代の初頭にソロ活動を通じて日本とハワイで知られる存在となる。彼の巧みなアレンジと演奏によるホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープスのビデオが彼の知ることなくYouTubeに投稿されバイラルビデオとなり、2006年に国際的に有名になる。その後、コンサート、伝説的なミュージシャン達とのコラボレーション、メディア出演、音楽制作活動などが著しく増えることとなる。2012年には、彼の半生、キャリア、音楽をもとにしたドキュメンタリー映画である Jake Shimabukuro: Life on Four

Continue reading

煉獄のカルマ – Wikipedia

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。出典検索?: “煉獄のカルマ” – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2015年3月) 『煉獄のカルマ』(れんごくのカルマ)は、原作:廣瀬俊、漫画:春場ねぎによる日本の漫画作品。『週刊少年マガジン』(講談社)にて2014年47号から2015年35号まで連載された。完結後に『マガジンSPECIAL』(同)2015年9号に番外編が掲載された[1]。 あらすじ[編集] CASE.1 高校生編 主人公の七瀬 誠は、自己主張のできない性格のせいで、学校では同級生の不和 聖也を中心としたグループから、酷いいじめを受けていた。いじめに耐えきれなくなった誠は遂に屋上から飛び降り自殺を図って命を落とすが、自殺の業(カルマ)により、誠は天国でも地獄でもない煉獄に堕ちてしまう。そこで謎の女性・カルマと出会った誠は無限にループする1時間以内に、自分の自殺のせいで不幸になってしまったある6人を救わなければならなくなる。 CASE.2 集団自殺編 主人公の春川 たま子は、高校の3年間コンビニでアルバイトをしていた。顔こそいまいちであるものの、明るく心優しい性格からバイト先ではアイドル的存在で、本人もアイドルを夢見ていた。しかしその夢を母親に否定されたショックから家出をし、美容整形で顔を替え、オーディションを受けるも落選。実家でも居場所を失い絶望したたま子は、自殺を図ろうとするが、その矢先にネットカフェで知り合ったハットリに誘われ自殺サークルに参加することになり、とある山奥でハットリを含む6人と集団自殺を図った。しかし6人が死ぬ中ただ一人生き残って現世に戻ってしまってカルマと出会い、死んだ6人の魂を救わなければならなくなる。

Continue reading

ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング山形テクノロジーセンター – Wikipedia

ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング株式会社山形テクノロジーセンターは、山形県鶴岡市に所在するソニーセミコンダクタソリューションズによるCMOSイメージセンサの製造拠点である。 日本電気(NEC)の生産子会社として発足するが、変転を遂げ、ソニーセミコンダクタソリューションズ傘下の生産子会社ソニーセミコンダクタマニュファクチャリングにおける事業所のひとつとなった。 昭和30年代、トランジスタの生産は旺盛な需要の拡大に伴い急伸を遂げていた[1]。そうした中、1964年1月、日本電気(NEC)常務会は繊細な手作業が求められていたトランジスタ生産に関し、玉川半導体工場(神奈川県川崎市)で就労する多数の女性工員を輩出していた東北の山形県米沢市周辺を新規工場の建設地として承認した[2]。 承認にあたってはNECの協力企業であった米沢製作所の[注 1]西梅枝融社長が陰に陽に力を尽くした。同年3月には、NEC常務と同社木下総務部管理係長らが現地調査と交渉のため、米沢に近い高畠町役場を訪れた。しかし、この常務は「雪国に工場を作ってもうまくいく筈はない。もしやるにしても5年で引き揚げてくる程度の投資が限度。無理に(用地)を買わなくても良い。もっとよく調べてきてくれ。」と漏らし、木下係長を残しそそくさと帰社した[4]。 西梅枝米沢製作所社長の肝いりで、当時の新野廣吉高畠町長[注 2]ら町幹部と木下係長が山形県企業誘致対策室職員の立ち会う中、交渉を開始する。席上、町は、「会社の希望は何でも出してください。ここで約束したことは、必ず実行します。」と述べ、必死の覚悟を示し、それを受けた木下係長もなんとしてもNECの地方進出第1号を成功させたいと会社側の要求として、土地価格は整地仕上り坪1,000円以内、土地取引は実測による、樹木は残すことのほか、国鉄糠野目駅(現:JR東日本高畠駅)東口の開設と自動即時電話の米沢局扱いの[注 3]実現からなる19の要望項目を町側に提示した。翌日、新野町長は「議事録よりも町の誠意を知ってもらうため、誓約する覚書の形にしました。もちろん口頭で申し入れられたことは、すべて町は守ります。昨日、常務が今年中に操業したいとあいさつされたが、そのためにも今月中に土地の売買契約をして頂きます。」と告げた。こうした町の熱意を受け止めた木下係長は帰社後、高畠進出の決裁を得るため社内を東奔西走した[5]。 同年4月10日、NECと42名の地権者は売買契約の一括契約を締結する。加えて町は高畠工場の従業員を募るため、町報号外を発行。その呼びかけに女子中卒者100名が応募するなど、工場進出を不安視するNECの懸念を払拭すべく、新野町長を筆頭に町職員や議会さらには、町民もそれぞれにNECの進出に向け協力を惜しまなかった。そして、進出にあたり最大の難関と思われていた糠野目駅東口の設置や米沢電話局加入の特例措置も関係当局の理解に漕ぎつけ実現に至った。こうした町の一連の取り組みに当時の渡辺斌衡NEC社長は、社名に高畠を冠することで謝することとし、新会社名は、「株式会社日電高畠製作所」とすることに決定された。同社は同年6月、資本金2500万円で設立[2]。1965年1月、県内初の交代制勤務制度によって操業を始め[6]、ゲルマニウム・アロイトランジスタの生産を開始した[7]。 その後同社は堅調に業績を伸ばし、1969年には社名を山形日本電気(NEC山形)と改め、1970年には山形市北町にマイクロディスク・トランジスタとモールドトランジスタの増産を目的に山形工場を新設[7]。1976年には鶴岡市宝田の鶴岡中央工業団地内に半導体ウェーハ拡散の専門工場として鶴岡工場を設け[7][8]、同時に山形工場に本社を移転した[9]。 NEC山形は技術力の高さに定評があり、1986年には県内企業としては初のデミング実施賞と半導体業界初であったPM賞[注 4]を授与されたほか、1992年には半導体企業初のISO9002の認証を受けていた[8]。2002年山形工場は閉鎖され[注 5]、2003年には親会社であったNECエレクトロニクスによる600億円を投資を受け、鶴岡工場が最新鋭の量産設備に刷新された[10]。2004年5月31日、高畠工場は分社され台湾の半導体組み立て専業メーカーであるASEグループに売却された[11][12]。2008年には、山形日本電気からNECセミコンダクターズ山形に改称している。 2010年4月1日、NECエレクトロニクスとルネサス テクノロジとの経営統合に伴い[13][14]、社名をルネサス山形セミコンダクタに変更した。これによりNECグループから離脱した。2013年8月2日、ルネサスが生産体制を抜本的に見直すため、今後3年以内に鶴岡工場を閉鎖すると発表した[15][16][17]。しかしその後、同工場の技術力の高さに着目したソニーによって買収され[18][19][20]、2014年4月1日、「ソニーセミコンダクタ山形テクノロジーセンター」として操業を開始した[21][22][注 6]。2015年2月には、ソニーが画像センサーを増産する方針を決め、山形テクノロジーセンターに約100億円を投じると発表しているほか、同4月にはさらに約210億円を投じると発表している[25]。 2016年4月1日、ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング山形テクノロジーセンターに社名を変更した[26]。 1964年6月 – 株式会社日電高畠製作所設立。

Continue reading

櫟野寺 – Wikipedia

櫟野寺(らくやじ)は、滋賀県甲賀市甲賀町櫟野[1]にある天台宗の寺院。山号は福生山。院号は自性院。本尊は十一面観音で、櫟野観音(いちいのかんのん)とも称される。また、甲賀三大仏の一つである薬師如来像が安置されている。甲賀六大寺のひとつで、近江西国三十三観音霊場の第29番札所。 当寺は、延暦11年(792年)に延暦寺根本中堂の用材を求めてこの地を訪れた最澄が十一面観音を安置したのに始まると伝えられる。 延暦21年(802年)、征夷大将軍に任命された坂上田村麻呂が蝦夷征討に赴いた際に、当寺の十一面観音を参詣してから出陣したところ、蝦夷を平定できた。これにより、田村麻呂は当寺を祈願寺とし、大同元年(806年)に七堂伽藍を建立したうえ、自ら等身の毘沙門天像を彫刻し、家来に命じて相撲を奉納したという。 以後たびたび堂宇を焼失しているが、そのつど再建されている。 当寺は延暦寺の有力末寺として、また、甲賀六大寺の筆頭として往時は広大な境内地を有しており、末寺として阿弥陀寺・仏生寺・常楽寺・地蔵寺・成道寺・安国寺・詮住寺などがあった。 旧本堂は1968年(昭和43年)に焼失したが、仏像等は収蔵庫に保管されていたため無事であった。 本堂 宝物館 – 収蔵庫。 十三重石塔 庫裏 東門 土俵 鐘楼 仁王門 十一面観音坐像石仏群 重要文化財[編集] 木造十一面観音坐像(本尊) –

Continue reading