ハラルト・ホイヤー – Wikipedia

ハラルト・ホイヤー (ドイツ語: Harald Hoyer、1971年12月4日 – ) は、ドイツのプログラマ・写真家である。initramfsの生成器及びフレームワークであるdracut英語版[1]、Linux向けのデバイスマネージャであるudev[1]、System V initの代替であるsystemd[1]、EFIブートローダのgummiboot英語版[2]の開発で知られている。彼は1997年からLinuxカーネルに多数の貢献をしている[3]。2012年、ケイ・シェバースと共にFedoraの/lib/bin/sbin/usr以下に統合する活動の主要な推進者となった[4]

現在はレッドハットで勤務している[5]

彼はドイツのファーターシュテッテン英語版在住である[5]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]