チン・ソヨン – Wikipedia

チン・ソヨン
진 서연
本名 김 정선(キム・ジョンソン)
生年月日 (1983-01-18) 1983年1月18日(39歳)
出生地 韓国
身長 168 cm
職業 女優
ジャンル テレビドラマ、映画、舞台
活動期間 2007年 – 現在
配偶者 有(2014年 – )[1]
事務所 J,WIDEカンパニー
公式サイト J,WIDEカンパニー 公式プロフィール
主な作品
映画
『毒戦 BELIEVER』
テレビドラマ
『ワン・ザ・ウーマン』

 

受賞

青龍映画賞
人気スター賞
2018年『毒戦 BELIEVER』
大鐘賞
助演女優賞
2018年『毒戦 BELIEVER』
テンプレートを表示
チン・ソヨン
各種表記
ハングル: 진 서연
発音: チン ソヨン
英語表記: Jin Seo-yeon
テンプレートを表示

チン・ソヨン(韓: 진 서연、1983年1月18日 – )は、韓国の女優。J,WIDEカンパニー所属[2][3]。同徳女子大学校放送芸能科卒業[4]

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

  • シークレット・ルーム ~栄華館の艶女たち~朝鮮語版(2007年、OCN) – タンビ 役
  • ニューハート(2007年、MBC) – ハン・スジン 役
  • 2008 伝説の故郷朝鮮語版(2008年、KBS 2TV) – 女 役 ※第8話「還鄕女」
  • 見れば見るほど愛嬌満点朝鮮語版(2010年、MBC) – ハユン 役
  • Manny (マニー) 〜ママが恋したベビーシッター朝鮮語版(2011年、tvN) – シン・キル 役
  • 黄金の帝国朝鮮語版(2013年、SBS) – チョン・ユジン 役
  • 熱愛(2013年、SBS) – カン・ムンヒ 役
  • 願いを言ってみて朝鮮語版(2014年、MBC) – チェ・ソジン 役 ※特別出演
  • 輝くか、狂うか(2015年、MBC) – クムソン 役
  • イヴの愛朝鮮語版(2015年、MBC) – チン・ヒョナ 役
  • ザ・プロファイラー ~見た通りに話せ~朝鮮語版(2020年、OCN) – ファン・ハヨン 役
  • ワン・ザ・ウーマン(2021年、SBS) – ハン・ソンヘ 役

映画[編集]

  • イヴの誘惑朝鮮語版(2007年) – インエ 役 ※テレビ映画/第2話「良い妻」
  • ロマンチック・アイランド朝鮮語版(2008年) – シン・ダラ 役
  • ファイヤー・ブラスト 恋に落ちた消防士朝鮮語版(2012年) – ハユン 役
  • 毒戦 BELIEVER(2018年) – ポリョン 役
  • リミット(2021年) – ヨンジュ 役

舞台[編集]

演劇[編集]

  • プロポーズ(2011年) – アン・ソンニョ 役
  • クローサー(2007年 – 2009年) – スビン 役

ミュージックビデオ[編集]

  • 815バンド「I love you」(2003年)
  • パク・ヒョシン「그 흔한 남자여서」(2004年)
  • ギョヌ&Monday Kiz朝鮮語版「진저리」(2006年)
  • As One「십이야」(2006年)
  • パク・ヒョシン「別時」(2018年)
  • EPIK HIGH「Lovedrunk」(2019年)
  • 第39回青龍映画賞 – 人気スター賞(2018年、『毒戦 BELIEVER』)[5]
  • 第55回大鐘賞 – 助演女優賞(2018年、『毒戦 BELIEVER』)[6]
  • 第10回今年の映画賞 – 助演女優賞(2018年、『毒戦 BELIEVER』)[7]
  • 第5回韓国映画制作家協会賞 – 助演女優賞(2018年、『毒戦 BELIEVER』)[8]
  • 第7回大韓民国ベストスター賞 – ベスト助演賞(2018年、『毒戦 BELIEVER』)[9]
  • 2021 SBS演技大賞 – ミニシリーズ コメディ・ロマンス部門 優秀演技賞(2021年、『ワン・ザ・ウーマン』)[10]
[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ “チン・ソヨン、3年交際の一般男性と5月23日に結婚”. Kstyle. (2014年5月1日). https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1994000 2014年5月1日閲覧。 
  2. ^ “女優チン・ソヨン、J,WIDEカンパニーと専属契約を締結”. WoW!Korea. (2020年6月4日). https://s.wowkorea.jp/news/read/260530/ 2020年6月4日閲覧。 
  3. ^ “チン・ソヨン、長い無名生活の末に映画「毒戦 BELIEVER」で有名になるも“私が望むことは…””. Kstyle. (2020年9月19日). https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2148497 2020年9月19日閲覧。 
  4. ^ “チン・ソヨン 公式プロフィール”. J,WIDEカンパニー. http://www.jwide.co.kr/bbs/board.php?bo_table=21&wr_id=43 2022年1月12日閲覧。 
  5. ^ “キム・ユンソク&ハン・ジミン「第39回青龍映画賞」で男女主演賞を受賞!最優秀作品賞は「1987、ある闘いの真実」に(総合)”. Kstyle. (2018年11月24日). https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2105586 2018年11月24日閲覧。 
  6. ^ “イ・ソンミン&ファン・ジョンミン&ナ・ムニ「第55回大鐘賞映画祭」男女主演賞を受賞…最優秀作品賞は「バーニング」(総合)”. Kstyle. (2018年10月23日). https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2103475 2018年10月23日閲覧。 
  7. ^ “イ・ソンミン&ハン・ジミン「第10回今年の映画賞」男女主演賞を受賞…作品賞は「工作 黒金星と呼ばれた男」(総合)”. Kstyle. (2019年1月31日). https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2110353 2019年1月31日閲覧。 
  8. ^ “チュ・ジフン&ハン・ジミン「第5回韓国映画制作家協会賞」で主演賞を受賞…“今この瞬間、映画を撮っているよう””. Kstyle. (2018年12月19日). https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2107394 2018年12月19日閲覧。 
  9. ^ “欠席者続出で困惑?「大韓民国ベストスター賞」授賞式でまさかの事態”. Kstyle. (2018年12月13日). https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2106931 2018年12月13日閲覧。 
  10. ^ “キム・ソヨン「2021 SBS演技大賞」で大賞を受賞!「ペントハウス」は5冠を達成(総合)”. Kstyle. (2022年1月1日). https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2184136 2022年1月1日閲覧。 

外部リンク[編集]