怒りのガンマン/銀山の大虐殺 – Wikipedia

怒りのガンマン/銀山の大虐殺
Il grande duello
監督 ジャンカルロ・サンティ
脚本 エルネスト・ガスタルディ
製作 ヘンリック・クロシキ
エトーレ・ロスボック
出演者 リー・ヴァン・クリーフ
音楽 セルジオ・バルドッティ
ルイス・バカロフ
撮影 マリオ・ヴルピアーニ
編集 ロベルト・ペルピニャーニ
公開 1973年2月9日
劇場未公開
上映時間 94分
製作国 イタリア
フランス
西ドイツ
言語 イタリア語
テンプレートを表示

怒りのガンマン/銀山の大虐殺』(伊: Il grande duello、英: The Grand Duel)は、1972年製作の西ドイツ・イタリア・フランス合作による映画[1]。主演はリー・ヴァン・クリーフ。監督は、セルジオ・レオーネの弟子で後継者と言われたジャンカルロ・サンティイタリア語版が務めた[2]

人気が低迷し迷走していたマカロニ・ウェスタンの終末期に登場した、正統派のマカロニ・ウエスタン作品として知られる[2]。別の邦題に『ガンファイター』がある。

あらすじ[編集]

キャスト[編集]

  • クレイトン:リー・ヴァン・クリーフ(吹替:坂口芳貞)- 元保安官
  • フィリップ:ピーター・オブライエン
  • ビッグホース:ジェス・ハーン英語版
  • デビッド・サクソン:ホルスト・フランクドイツ語版
  • エリ・サクソン:マルク・マッツァフランス語版
  • アダム・サクソン:クラウス・グリュンベルグドイツ語版
  • ヘッド:アントニオ・カサール

※日本語吹替:初回放送1978年6月24日 日本テレビ『土曜映画劇場』

[脚注の使い方]
  1. ^ Drei Vaterunser für vier Halunken” (German). Filmportal.de. 2018年9月20日閲覧。
  2. ^ a b なかざわひでゆき (2019年12月2日). “巨匠セルジオ・レオーネの一番弟子による師匠への壮大なオマージュ『怒りのガンマン/銀山の大虐殺』”. ザ・シネマ. 2022年1月16日閲覧。

外部リンク[編集]