吉谷一次 – Wikipedia

吉谷 一次(よしたに いちじ、1897年〈明治30年〉3月14日[1] – 1990年〈平成2年〉3月23日[2])は、日本の政治家。北海道函館市長(3期)。

青森県青森市出身[2][3][4][注釈 1]。吉谷重平の長男[5]。1918年、北海道帝国大学土木専門部卒[2]。卒業後は北海道炭礦汽船に入り、土木技師として活動する[2]。1920年に函館区水道拡張事業所(現・函館市企業局上下水道部)に移り、市水道課長、同水道部長、助役を経て[2]、1955年の函館市長選挙に立候補し、現職の宗藤大陸を破って初当選した[6]。在職中は市勢拡大の時期であり、道南の中核都市としての都市計画が一層進んだ[1]。函館空港の開港や函館臨海工業用地の完成、函館大学の開学、銭亀沢村を編入合併などがあった[1]。市長を3期務め、1967年の選挙では元北海道庁職員の矢野康に敗れた[6]。1990年に死去した。

  • 1968年 – 勲四等瑞宝章[2]
  • 1978年 – 函館市名誉市民[7]
  • 1990年 – 厚生大臣表彰[2]

注釈[編集]

  1. ^ 『日本の歴代市長』第1巻、57頁および『人事興信録 第21版 下』よ51頁では出身地を「長野県」と記載。

出典[編集]

  1. ^ a b c 『日本の歴代市長』第1巻、57頁。
  2. ^ a b c d e f g 『現代物故者事典 1988~1990』日外アソシエーツ株式会社、1991年、691頁。
  3. ^ 『青森県人名事典』730頁。
  4. ^ 吉谷 一次 (よしたに いちじ) 1898年~1990年 函館市文化・スポーツ振興財団
  5. ^ 人事興信所 1961, よ51頁.
  6. ^ a b 函館市・市長選(北海道):政治データのブログ
  7. ^ 函館市名誉市民・栄誉市民|函館市

参考文献[編集]

  • 人事興信所 編 『人事興信録 第21版 下』 人事興信所、1961年。 
  • 歴代知事編纂会編『日本の歴代市長』第1巻、歴代知事編纂会、1983年。
  • 『現代物故者事典 1988~1990』日外アソシエーツ株式会社、1991年。
  • 『青森県人名事典』東奥日報社、2002年。