近藤智勝 – Wikipedia

近藤 智勝
香川オリーブガイナーズ 監督 #33
基本情報
国籍 日本
出身地 神奈川県
生年月日 (1982-11-25) 1982年11月25日(39歳)
身長
体重
165 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

選手歴

  • 桐光学園高等学校
  • 駒澤大学
  • 香川オリーブガイナーズ (2005 – 2010)

指導者歴

  • 香川オリーブガイナーズ (2012 – )

近藤 智勝(こんどう ともすぐ、1982年11月25日 – )は、神奈川県出身の日本の元プロ野球選手(内野手)、野球指導者。

大学時代まで[編集]

小学3年生の時に野球を始める[1]。中学生時代に緑東シニアに所属して全国優勝メンバーとなる[1]。桐光学園高等学校では1年生からベンチに入るが、甲子園大会への出場はならなかった[1]

駒澤大学に進み、野球部では1年春からベンチに入ったという[1]。卒業に際して大学の先輩である石毛宏典から、石毛の創設した四国アイランドリーグ(現・四国アイランドリーグplus)に誘いを受けて、香川オリーブガイナーズに入団した[1]

四国IL・香川時代[編集]

リーグ初年度でもある2005年は、初代の主将を務め、チームでただ一人全試合にフルイニング出場を果たす[2]

2年目の2006年にはリーグの打率4位となり[3]、二塁手のベストナインに選出された。

3年目の2007年シーズンより登録名を「智勝」とする[注釈 1]。この年も4番打者として打線の主軸を担い[4]、遊撃手でベストナインに選出されている[5]。三輪正義とは二遊間コンビを組んだ[6]。シーズン中の5月には阪神タイガースがドラフト指名候補として調査しているという記事がスポーツ新聞に掲載されたが[7]、NPBドラフト会議で指名されることはなかった。

2008年は再び二塁手としてベストナインに選出された[8]。2009年は三塁手で4度目のベストナインに選ばれている[9]

2010年のシーズン終了後に退団(任意引退)[10]

現役引退後[編集]

引退後、当時香川球団が運営していた野球教室「ガイナーズベースボールアカデミー」の野手コーチとなる[11]

2012年1月16日、香川の野手コーチに就任[12]。なお、コーチとしても登録名は現役後半と同じ「智勝」とした[12]。リーグ出身(NPB経験なし)選手として(兼任を除いて)初のコーチだった[13]。野手コーチ在任中にチームの野手から、星野雄大・水口大地(以上2012年[14])、大木貴将・赤松幸輔(以上2015年[15][16])、松澤裕介(2015年・2016年[注釈 2])が、NPBドラフト会議で指名(育成選手枠を含む)を受けた。

2020年3月25日、監督への就任が発表される[19]。これは、このシーズンからゼネラルマネージャーを兼任して指揮を執る予定だった総監督の松中信彦が、十分に練習に参加できない等の事情から監督権限を委ねる形にしたものであった[20]。日本独立リーグ野球機構に所属する球団の中で、NPBを経験していない元選手としては初めての監督就任となる[21][注釈 3]

初年度は3位に終わり、シーズン後に「地力のあるチームではない。先取点を守り抜くという戦いが多くなった中で、これを継続できず、最終盤に崩れてしまったことが全てだ」と総括した[23]

就任2年目となる2021年前期に初の半期優勝を達成[24]。後期優勝は逃したものの[25]、後期優勝の高知ファイティングドッグスとのリーグチャンピオンシップを制して監督として初の年間総合優勝を飾り、「NPB経験者じゃなくても、独立リーグの監督が務まることを示せた」とコメントした[26]

一方、NPBドラフト会議にはチームから前年に続いて指名者が出ず、「寂しさが残る形となった」と述べた[27]

詳細情報[編集]

独立リーグでの打撃成績[編集]

出典は四国アイランドリーグplusウェブサイトの各年度打撃成績表による[28]















O
P
S
2005 香川 89 373 333 24 78 14 3 1 98 28 8 6 1 23 10 45 .224 .303 .302 .605
2006 86 384 325 48 96 18 6 3 126 38 17 14 4 33 8 49 .295 .415 .370 .785
2007 90 378 319 53 101 10 3 3 117 42 33 1 8 36 14 31 .317 .395 .401 .796
2008 61 236 207 36 60 9 4 3 77 34 11 2 2 19 6 27 .290 .415 .363 .778
2009 80 341 304 53 94 14 2 8 112 47 21 3 0 27 7 42 .309 .447 .379 .826
2010 55 190 176 18 40 6 1 0 48 17 3 0 1 12 1 30 .227 .273 .279 .552
IL:6年 461 1902 1664 232 469 71 19 18 578 206 93 26 16 150 46 224 .282 .380 .354 .734
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号[編集]

  • 9 (2005年 – 2006年)
  • 3 (2007年 – 2010年)
  • 33 (2012年 – )

注釈[編集]

  1. ^ 前年シーズン途中から同姓の近藤洋輔が入団していた。
  2. ^ 2015年の指名後に故障が発覚して入団を辞退し[17]、翌年再度指名された[18]
  3. ^ 球団リリースには「四国アイランドリーグplus選手を経て同リーグへの監督就任は創設以来初めて」とあるが[19]、正しくは「リーグの選手経験を持ち、NPB選手歴のない初の監督」である(リーグの選手経験を持つ初の専任監督は、2017年に就任した愛媛マンダリンパイレーツの河原純一[22])。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 野球西国巡り 第291回 近藤智勝監督(香川)「14年間、香川で培った野球スキル。それをチームに還元したい」 – Sports Communications(2020年4月15日)2022年1月27日閲覧。
  2. ^ “香川OG最終戦飾る 3位-四国IL”. 四国新聞. (2005年10月17日). http://www.shikoku-np.co.jp/sports/iblj/20051017000074 2022年1月27日閲覧。 
  3. ^ “堂上(香川OG)打撃2冠 四国IL全日程終了”. 四国新聞. (2006年10月2日). http://www.shikoku-np.co.jp/sports/iblj/20061002000086 2022年1月27日閲覧。 
  4. ^ “香川オリーブガイナーズ、初の前期優勝-四国IL”. 四国新聞. (2007年6月25日). http://www.shikoku-np.co.jp/sports/iblj/20070625000077 2022年1月27日閲覧。 
  5. ^ “MVPに香川OGの松尾-四国アイランドリーグ”. 四国新聞. (2007年11月1日). http://www.shikoku-np.co.jp/sports/iblj/20071101000138 2022年1月27日閲覧。 
  6. ^ 三輪正義「新人広報・三輪正義が“広報の先輩”つば九郎から教わった「仕事の極意」 – 文春オンライン(文春野球コラム ペナントレース2020、2020年9月16日)2022年1月28日閲覧。
  7. ^ “虎のドラフト候補に“牛若丸2世””. デイリースポーツ. (2007年5月15日) 
  8. ^ “塚本、初の年間MVP/四国・九州IL”. 四国新聞. (2008年11月1日). http://www.shikoku-np.co.jp/sports/iblj/20081101000125 2022年1月27日閲覧。 
  9. ^ “ベストナインに智勝、笠井(香川OG)/四国・九州IL”. 四国新聞. (2009年10月31日). http://www.shikoku-np.co.jp/sports/iblj/20091031000120 2022年1月27日閲覧。 
  10. ^ 香川OG退団選手のお知らせ – 香川オリーブガイナーズ(2010年11月10日)2022年1月27日閲覧。
  11. ^ “ガイナーズアカデミー新監督に石毛氏”. 四国新聞. (2011年7月23日). https://www.shikoku-np.co.jp/sports/iblj/20110723000130 2022年1月27日閲覧。 
  12. ^ a b 香川OG 野手コーチ就任のお知らせ – 香川オリーブガイナーズ(2012年1月16日)2022年1月27日閲覧。
  13. ^ “香川OG・野手コーチに智勝氏/四国ILplus”. 四国新聞. (2012年1月17日). http://www.shikoku-np.co.jp/sports/iblj/20120117000109 2022年1月27日閲覧。 
  14. ^ “星野・水口、香川OGから2選手/ドラフト会議”. 四国新聞. (2012年10月26日). http://www.shikoku-np.co.jp/sports/iblj/20121026000098 2022年1月28日閲覧。 
  15. ^ “大木(香川OG)ロッテと仮契約”. 四国新聞. (2015年11月18日). http://www.shikoku-np.co.jp/sports/iblj/20151118000137 
  16. ^ “赤松(香川OG)オリックスと仮契約/プロ野球”. 四国新聞. (2015年11月18日). http://www.shikoku-np.co.jp/sports/iblj/20151126000124 2022年1月28日閲覧。 
  17. ^ “香川OG松沢、巨人入団辞退/左手指の靱帯損傷”. 四国新聞. (2015年11月21日). http://www.shikoku-np.co.jp/sports/iblj/20151121000120 2022年1月28日閲覧。 
  18. ^ ILから3人の選手がドラフト指名を受けました! – 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2016年10月20日)2022年1月28日閲覧。
  19. ^ a b 香川オリーブガイナーズ 近藤 智勝 氏 新監督就任のお知らせ – 香川オリーブガイナーズ(2020年3月25日)2022年1月27日閲覧。
  20. ^ “香川OG 新監督に近藤コーチ 松中GMは今後も指導 四国ILplus”. 四国新聞. (2020年3月26日). https://www.shikoku-np.co.jp/sports/iblj/20200326000114 2022年1月27日閲覧。 
  21. ^ 高田博史 (2020年3月25日). “【四国リーグ】香川に激震!松中信彦に代わり、近藤智勝コーチが新監督に就任”. Yahoo!ニュース. https://news.yahoo.co.jp/byline/takatahirofumi/20200325-00169675 2022年1月26日閲覧。 
  22. ^ 新監督 『 河原 純一 』 就任のお知らせ【チームからのお知らせ】 – 愛媛マンダリンパイレーツ(2017年1月4日)2022年1月27日閲覧。
  23. ^ “香川OG・近藤監督、今季総括 厳しい日程よく頑張った リーグ制覇へ終盤課題 四国ILplus”. 四国新聞. (2020年11月5日). http://www.shikoku-np.co.jp/sports/iblj/20201105000088 2022年1月27日閲覧。 
  24. ^ “四国ILplus/ガイナーズ前期V 3年ぶり 近藤壱、無傷の10勝目”. 四国新聞. (2021年6月20日). http://www.shikoku-np.co.jp/sports/iblj/20210620000092 2022年1月27日閲覧。 
  25. ^ “四国ILplus/香川、後期最終戦飾る 高知に4―3”. (2021年9月21日). https://www.shikoku-np.co.jp/sports/iblj/20210921000093 2022年1月27日閲覧。 
  26. ^ “四国ILplus/CS第2戦 香川3年ぶり総合V”. 四国新聞. (2021年9月26日). https://www.shikoku-np.co.jp/sports/iblj/20210926000084 2022年1月27日閲覧。 
  27. ^ “四国ILplus/近藤監督インタビュー 四国王座奪還のガイナーズ、苦戦がチーム奮起に 成長見せる選手、来年はNPBに”. 四国新聞. (2021年11月2日). https://www.shikoku-np.co.jp/sports/iblj/20211102000143 2022年1月27日閲覧。 
  28. ^ 記録 – 四国アイランドリーグplus(各年度の「打撃成績(全選手)」を参照)

関連項目[編集]

  • 香川オリーブガイナーズの選手一覧
  • 四国アイランドリーグplus個人タイトル獲得者一覧

外部リンク[編集]