市川青虎 (初代) – Wikipedia

しょだい いちかわ せいこ
初代 市川 青虎
屋号 澤瀉屋
定紋 四方澤瀉[1][注 1]
生年月日 1926年10月25日
没年月日 (2006-12-17) 2006年12月17日(80歳没)
本名

森下もりしたいさむ

襲名歴 1. 市川小金吾
2. 市川青虎
出身地 日本大阪府

初代市川 青虎(いちかわ せいこ、1926年(大正15年)10月25日 – 2006年(平成18年)は歌舞伎役者(立役)、俳優。大阪生まれ。

大阪市南堀江生まれ[1]。1934年昭和9年に数え9歳で二代目市川小太夫に入門。市川小金吾を名乗り、11年(1936年)11月大阪中座「乗合船」の丁稚長太で初舞台[注 2]。戦中、兵役により2年ほど舞台を離れるが、復帰後17年(1942年)大阪角座で名題昇進[3]。戦後、市松延見子(いちまつえみこ、のちに松尾國三の妻・松尾波儔江)の一座に松竹より出向[3]。25年関西歌舞伎に復帰。30年東宝に移籍、のちにフリーとして商業演劇などで活躍。昭和52年(1977年)、松尾國三の後援により、大阪新歌舞伎座にて天知茂を座頭として特別公演で師匠・小太夫の俳名である青虎を芸名として襲名[1]

その後、二代目中村扇雀(四代目坂田藤十郎)の近松座公演[注 3]で歌舞伎興行に復帰。平成13年(2001年)、名古屋・御園座で『小笠原諸礼忠孝』の養父佐兵衛・米屋市兵衛を演じた[5]後に病を得て療養生活に入る。以降舞台の出演記録はなく、狂言作者である奈河彰輔は「その後何度か、出演を誘ったが、十分に勤めきれる自信がないと固辞した。」と記している[1]。後年は上方歌舞伎塾講師を勤めた。

2006年12月17日、肺不全により吹田市内の病院にて逝去[6]

テレビ[編集]

  • 『大阪千一夜 良寛さん』(1955年、NHK[7]
  • 『逃げ傷』―武家義理物語より― – 七尾久八郎(1955年、NHK)
  • 『八十郎始末』―武家義理物語より― – 七尾久八郎(1956年、NHK)
  • 『師走坊主―井原西鶴作“世間胸算用”より―』 – 作次(1956年、NHK)
  • 『のれん三代目』 – 木屋喜左衛門(1956年、NHK)
  • 『四つの窓』第4話 – 若い男(1957年、NHK)
  • 『お寺のぼんぼん』 – 吉ちゃん(1957年、NHK)
  • 『今は昔の人ごころ―井原西鶴作“世間胸算用”より―』 – 観助(1957年、NHK)
  • 『河内風土記』(1958-59年、KTV)
  • 『白いジャングル』(1958-59年、KTV・FNN系列)
  • 『十六文からす堂』(1958-59年、KTV・FNN系列)
  • こども映画劇場『ピカ助とりもの帳』(1958-60年、KTV・FNN系列)
  • 白雪劇場『若さま侍捕物手帳』(1959年、KTV・FNN系列)
  • 『私服パトロール』(1959年、KTV・FNN系列)
  • 『よこっちょ市場』(1960年、KTV・FNN系列)
  • 『竜巻小天狗』(1960年、KTV・フジテレビ)
  • ドラマ『現代人間模様』第63回「祭りを追う人々(前編)-ある露店商人-」・第64回「同(後編)」(1960年、NHK[8]
  • 『上方武士道』(1961年、KTV・FNN系列)
  • 東芝土曜劇場 第121回「二人の客」(1961年、CX系列)
  • 『紫頭巾』(1961年、KTV・FNN系列)
  • 『次郎長売り出す』(1961-62年、KTV・FNN系列)
  • 白雪劇場『虎の子作戦』 – パラボラボーイ(1963-64年、KTV・FNN系列)
  • 『三匹の侍』第2シーズン第13話「品川初春」(1965年)、第4シーズン第11話「仏峠まかり通る」(1966年、CX系列)
  • 日本テレビ火曜8時枠連続ドラマ『柔一筋』(1965年、よみうりテレビ・日本電波映画制作・NTV系列)
  • 『部長刑事』 第361回「浮気は御用心」(1965年、ABC)
  • 日本テレビ火曜8時枠連続ドラマ『青雲五人の男』(1966年、よみうりテレビ・日本電波映画制作・NTV系列)
  • 『泣いてたまるか』第25話「お家が欲しいの」(1966年、TBS系列)
  • 『銭形平次』第48話「辻斬り」(1967年、CX系列)
  • 『野次馬がいく』「飲むな!ただ酒」(1967年、NET系列)
  • 『部長刑事』 第495回「赤い灯が消えるとき」(1968年、ABC)
  • 白雪劇場『堂島』(1968年、KTV・FNN系列)
  • 『日本剣客伝』第2話「小野次郎左衛門」(1968年、NTV・ANN系列)
  • 『ローンウルフ 一匹狼』「愛と憎しみの果てに」(1968年、NTV)
  • 『大岡越前』第4話「慕情の人」 – 七助(1970年、TBS系列)
  • 『東京バイパス指令』第62話「いつか貴方も…!?」(1970年、NTV系列)
  • 『必殺仕掛人』第12話「秋風二人旅」 – 浪人坂井(1972年、ABC・松竹・TBS系列)
  • 『長谷川伸シリーズ』第11話「三ツ角段平」(1972年、NET・東映)
  • 『地獄の辰捕物控』第15話「憎しみの果てに朝が来る」(1973年、NET・東映)
  • 『非情のライセンス』「兇悪のスキャンダル」赤石(1974年)、「兇悪の花道」林(1975年)、「兇悪の憧憬」サブマネージャー(1976年)、「兇悪の終焉」木下(1977年)(NET・東映)
  • 『影同心』(1975年、毎日放送・TBS系列)
  • 『どてらい男 (戦後編)』第1話(通算78話)「戦いすんで…」第2話(通算79話)「故郷の友」第4話(通算81話)「大隊長の花道」(1975年)(KTV・CX系列)
  • 『銭形平次』第502話「償いの道」(1975年、CX系列)
  • 『雲霧仁左衛門』第7話「掟破り!」(1979年、KTV・松竹・CX系列)
  • 『闇を斬れ』(1981年、KTV・松竹・CX系列)第8話「女体にひびくオルゴール」
  • 『遠山の金さん』第55話「華麗なる追跡! 三味線お蝶」 – 沼沢兵庫(1983年、ANB)
  • 『暴れん坊将軍II』第52話「母よ喜べ 親父が立った!」 – 須貝紋十郎、第72話「座布団の雨 上様初舞台!」 – 虎五郎(1984年)、第103話「質に入っため組の喧嘩!」 – 上州屋徳兵衛(1985年)、第124話「南国の美女、華麗なる復讐!」 – 西海屋五郎蔵、第141話「信濃路、新さん賭場荒らし!」 – 小栗監物、第175話「愛の証しの月夜唄!」 – 長五郎(1986年)(ANB系列)
  • 『影の軍団IV』第25話「幻の少女・私を殺さないで」(1985年、KTV・東映)
  • 『大岡越前』第9部 第14話「奉行に似ていた復讐鬼」 – 山城屋(1986年、TBS系列)
  • 『長七郎江戸日記』第11話「寺子屋ぎらい」 – 成見屋(1986年、NTV系列)
  • 『三匹が斬る!』第7話「勇み肌、男はご法度女人里」 – 彦坂外記(1987年、ANB系列)
  • 『水戸黄門』第17部 第21話「亡霊の正体見たり…」 – 大前屋宗右衛門(1988年、TBS系列)
  • 『大岡越前』第10部 第5話「呪われた相続殺人事件」 – 伊勢屋唐吉(1988年、TBS系列)
  • 『部長刑事』第1610話「はずみ殺人」(1989年、ABC)
  • 『鞍馬天狗』第31話「艶やかな女 怨みの魔剣」(1990年、TX系列)
  • 『殿さま風来坊隠れ旅』第16話「お京が怒った! 天晴れ仇討ち」 – 黒岩典膳(1994年、ANB系列)
  • 『水戸黄門』第23部 第23話「命の恩人は大嘘つき」 – 望月多聞(1995年、TBS系列)
  • 『水戸黄門』第25部 第22話「オラの息子が御落胤」 – 阿部監物(1997年、TBS系列)

映画[編集]

  • 『弥次喜多漫才道中』 – 黒川甚五左(1955年、宝塚映画)
  • 『森の石松幽霊道中』 – 小政(1959年、宝塚映画)
  • 『海から来た男』 – 権藤の乾分B(1959年、宝塚映画)
  • 『第三波止場の決闘』 – 畑(1960年、宝塚映画)
  • 『唄祭ロマンス道中』 – 金助(1960年、宝塚映画)
  • 『集団奉行所破り』 – 為七(1964年、東映京都)
  • 『くノ一忍法』 – 猿飛佐助(1964年、東映京都)
  • 『忍法忠臣蔵』 – 田中貞四郎(1965年、東映京都)
  • 『日本侠客伝 浪花篇』 – 銀(1965年、東映京都)
  • 『関東流れ者』 – 福原丑五郎(1965年、東映京都)

演出ほか[編集]

注・出典[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 市川小金吾時代の昭和48年刊.『歌舞伎俳優名鑑 座右版』改訂増補 は小金吾の紋を「四ツ沢瀉、丸に九枚笹」と記している。[2]
  2. ^ 季刊<歌舞伎>編集 『歌舞伎俳優名鑑 座右版』改訂増補 は昭和9年11月 浪花座で初舞台と記している。[2]
  3. ^ 遡れる最初の出演は1986年3月の近松座青山公演(東京・青山劇場)での『心中天の網島』太兵衛 役[4]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 市川青虎 1 | 歌舞伎俳優名鑑 想い出の名優篇
  2. ^ a b 1973年(昭和48年)刊 季刊<歌舞伎>編集 『歌舞伎俳優名鑑』座右版 改訂増補特装本
  3. ^ a b 市川 青虎とは – コトバンク
  4. ^ 近松座青山公演 – その他の劇場 (1986年03月) – 歌舞伎公演データベース
  5. ^ 御園座 (2001年04月) – 歌舞伎公演データベース
  6. ^ 市川青虎さんご逝去|歌舞伎美人
  7. ^ 大阪千一夜_良寛さん|NHKクロニクル|NHKアーカイブス
  8. ^ 現代人間模様|NHK放送史(動画・記事)

外部リンク[編集]