ヘキサアザ-18-クラウン-6 – Wikipedia

ヘキサアザ-18-クラウン-6
識別情報
CAS登録番号 296-35-5
PubChem 41779
ChemSpider 38121
EC番号 206-042-8
特性
化学式 C12H30N6
モル質量 258.41 g mol−1
外観 白色固体
融点

201 °C, 474 K, 394 °F

危険性
GHSピクトグラム
GHSシグナルワード 警告(WARNING)
Hフレーズ H315, H319
Pフレーズ P264, P280, P302+352, P305+351+338, P321, P332+313, P337+313, P362
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ヘキサアザ-18-クラウン-6(Hexaaza-18-crown-6)は、化学式(CH2CH2NH)6の大員環化合物である。18-クラウン-6のN6アナログとして関心が持たれている。錯体化学において、六座配位子として働く。ヘキサアザクラウンエーテルの親化合物である[1]

[Co(III)(ヘキサアザ-18-クラウン-6)]3+の構造[2]

プロトン化誘導体は、複数の水素結合を介してアニオンと結合する[3]

  1. ^ Atkins, T. J.; Richman, J. E.; Oettle, W. F. (1978). “1,4,7,10,13,16-Hexaazacyclooctadecane”. Org. Synth. 58: 86. doi:10.15227/orgsyn.058.0086. 
  2. ^ Morooka, M.; Ohba, S.; Toriumi, K. (1992). “Electron-Density Distribution in Crystals of 1,4,7,10,13,16-Hexaazacyclooctadecanecobalt(III) Trichloride, meso-[Co(hexaen)]Cl3 at 106 K”. Acta Crystallographica Section B Structural Science 48 (4): 459–463. doi:10.1107/S0108768192002714. 
  3. ^ Fonari, Marina S.; Ganin, Eduard V.; Gelmboldt, Vladimir O.; Basok, Stepan S.; Luisi, Brian S.; Moulton, Brian (2008). “Binding of Fluoro-Containing Anions to Hexaazamacrocyclic Ligand: Competitive Interactions of Fluoride and Tetrafluoroborate Anions with Hexaprotonated [18]aneN6”. Inorganic Chemistry Communications 11 (5): 497–501. doi:10.1016/j.inoche.2008.01.028.