田村亮一 – Wikipedia

田村 亮一(たむら りょういち、1987年6月4日 – )は、日本のプロボクサー。新潟県新潟市出身。第41代日本スーパーバンタム級王者。JB SPORTSボクシングジム所属。かつては古口ボクシングジムに所属していた[3]

小学5年生でボクシングを始めた[4]

作新学院高校卒業後、日本大学に入学[5]

2013年5月21日に後楽園ホールで宮坂航とバンタム級5回戦を戦い、5回0-3(46-48、47-48、45-49)判定負けでデビュー戦を白星で、飾ることが出来なかった[6]が、半年後の試合では判定勝ちでプロ初勝利を挙げた[7]

そして2015年7月17日に後楽園ホールで日本スーパーフライ級7位の鈴木悠介と54.5キロ契約8回戦を戦い、8回2-1(77-76×2、76-77)判定勝ちを収めた[8]。なおこの試合で東日本ボクシング協会から2015年7月度月間賞新鋭賞を受賞した[9]。またこの勝利によってJBCの発表した最新ランキングで初めてスーパーフライ級日本ランク入りを果たす[10]

2017年5月、JB SPORTSボクシングジムに移籍[11]。同年7月29日に後楽園ホールで日本スーパーバンタム級王者久我勇作と日本スーパーバンタム級タイトルマッチを行い、10回0-3(94-97×2、94-96)判定負けを喫して日本王座獲得に失敗した[12]

その後3連勝して2019年1月12日に後楽園ホールで日本スーパーバンタム級1位の中川麦茶と日本スーパーバンタム級王座決定戦を行い、10回3-0(97-93、99-91×2)判定勝ちを収めて日本王座獲得に成功した[13]

2019年5月18日、墨田区体育館で元日本スーパーバンタム級王者で日本同級1位の久我勇作と日本スーパーバンタム級タイトルマッチを行い、10回0-3(92-97、93-96、94-95)で判定負けを喫し、王座から陥落した[14]

2019年9月13日、後楽園ホールで日本スーパーバンタム級1位の古橋岳也と日本スーパーバンタム級王座挑戦者決定戦を行い、8回0-3(76-77、75-77、75-78)で判定負けを喫した[15]

2019年11月30日、台湾でモエンサク・ヨルとOPBF東洋太平洋スーパーバンタム級シルバー王座決定戦を行い、2回2分15秒TKO勝ちを収め、王座を獲得した[16]

2020年11月21日、後楽園ホールで大場竜と対戦し、5回3-0(48-47×3)で判定勝ちを収めた[17]

2021年10月2日、後楽園ホールで日本スーパーバンタム級王座挑戦者決定戦として日本同級2位の久我勇作と対戦し、10回0-2(73-79、74-78、76-76)で判定負けを喫した[18]

獲得タイトル[編集]

  • プロボクシング – 21戦14勝6敗1分(7KO)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]