紅 (ゲーム) – Wikipedia

ジャンル ノベル型AVG
対応機種 Windows 98SE/2000/Me/XP
発売元 light
発売日 2003年11月14日
レイティング 18禁
メディア CD-ROM1枚
テンプレートを表示

』(くれない[1])は、2003年11月14日にlightから発売されたアダルトゲームである。

全6章から構成されるサイコサスペンスである本作は、ブランドにとって初めてのダーク系シナリオである[2]。『Bluelight Magic』のメインヒロインである春野 桜子がゲスト出演している[2]ほか、DVD-ROM版『ドキドキしすたぁパラダイス』には、 冬也と睦月がゲスト出演するシナリオが収録されている。

あらすじ[編集]

この世には、自らの異能に溺れるあまり、人食いの変異体「紅」となる者がいた。主人公・一原 冬也(いちはら とうや)は、幼少期に両親を失っていたところを、睦月(むつき)という少女に拾われる。彼女から異能を授けられた冬也は、「紅狩り」たちの集団「組織」の一員として「紅」を倒してきた。ある日、彼は一人の少女を助ける。その少女は記憶を失っており、帰る家もないことから、冬也は仕方なく彼女を家に置き、「藤野 亜梨子」という名を与えた。

登場人物[編集]

一原 冬也(いちはら とうや)
本作の主人公。
一原 睦月(いちはら むつき)
声-歌織
冬也の育ての親であると同時に、恋人のような存在。
肉体が成長しない病気に罹患していると自称し、周囲には病弱でか弱い義妹を演じている。
パチンコをはじめとするギャンブルがすき。
藤野 亜梨子(ふじの ありす)
声-松永雪希
冬也が保護した少女。「藤野 亜梨子」という名前は彼がそのとき与えた名前である。
八月 姫野(やつき ひめの)
声-桜川未央
「組織」の実力者の娘。高い潜在能力から姫というあだ名がついているが、潜在能力の発露が不十分であることから、「組織」内では連絡員の仕事が主である。
工藤 由理(くどう ゆり)
声 -華花
冬也の学校の先輩で、彼に片思いしている。
春野 桜子(はるの さくらこ)
声-歌織
冬也の学校の保健医で、『Bluelight Magic』からのゲストキャラクター[2]
「組織」に属さない特殊能力者で、彼の正体を知っている。
嵯峨野 沙綺(さがの さき)
声 – 成瀬未亜
ある富豪に監禁されている少女で、予知能力を持っている。
御崎涼子(おざき りょうこ)
声 – かわしまりの
沙綺の親友。沙綺を監禁している祖父が、母と二人で父を殺害したという考えに苦しめられている。
田上夏美
晴香の元親友。

外部リンク[編集]