最優秀新人 (日本プロ野球) – Wikipedia

最優秀新人(さいゆうしゅうしんじん)は、日本野球機構による選手表彰の一つ。通称「新人王」ともいう。その年の最も優秀な新人選手に与えられる。

全国の新聞、通信、放送各社に所属しており5年以上プロ野球を担当している記者が、選考資格を持つ選手のうち1名の名前を記入し投票する(最優秀新人に相応しいと思う選手がいなければ、「該当者無し」と票を投じることもできる)。セントラル・パシフィック各リーグで最も多くの票を得た選手1人ずつが、最優秀新人に選出される。ただし、最多得票の選手の得票数を「該当者無し」票の票数が上回っている場合、あるいは規定の得票数(投票総数の26%)に達している選手がいない場合は、「該当者無し」になる。投票を満票で最優秀新人を受賞した選手は過去に8人おり、直近では2002年の和田毅が満票で選出されている。

発表は、2004年までは日本シリーズ終了の翌々日に行われていた。2005年以降はNPB AWARDS(旧:日本プロ野球コンベンション)内の表彰式で行われている。また、最優秀新人受賞選手を対象に佐川急便の協賛による「ゴールデン・ルーキー賞」を2013年まで特別賞として表彰しており、佐藤忠良によるブロンズ作品が贈られていた(この表彰式はコンベンションとは別に実施されていた)。

資格[編集]

以下の全項目を満たす選手に与えられる。

  • 海外のプロ野球リーグに参加した経験がない
  • 支配下選手に初めて登録されてから5年以内
  • 投手として前年までの一軍での登板イニング数が30イニング以内
  • 打者として前年までの一軍での打席数が60打席以内

※また1976年からは外国人枠が適用される選手でも、海外のプロリーグに在籍経験がなければ最優秀新人の資格対象者となっている[注釈 1]

最優秀新人の有資格規定は以下のように2回変更されている。

  • 1950年 – 1965年:プロ入り初年度の日本人選手(1951年に限り、1950年入団選手も対象)
  • 1966年 – 1975年:その年度に初めてペナントレースに出場した選手
  • 1976年 – 現在:上記の通り

特例[編集]

マイナーリーグなど海外プロリーグに所属したことのある日本人選手であっても、ドラフトを経由して入団した場合、特例として最優秀新人資格が与えられることが多い。メジャーリーグにおいて通算16勝を挙げた後、2003年の同会議でオリックスに指名され入団したマック鈴木にも特例で認められた。

2007年に巨人に入団したウィルフィン・オビスポは、マイナーリーグに在籍経験があるため本来は不適格であるが、即戦力としてではなく将来性を期待されての入団で、育成選手から這い上がった経験が評価され、特例で認められた[1]

歴代受賞者[編集]

  • 2021年シーズン終了時点で、投手90人、野手44人、該当者なし10回となっている。
  • セ・リーグ(投手41人、野手27人、該当者なし4回)
  • パ・リーグ(投手49人、野手17人、該当者なし6回)
  • 投手成績は勝利数、敗戦数、セーブ数(1974年 – )、ホールド数(2005年 – )、防御率の順に記載。
  • 野手成績は打率、本塁打数、打点、盗塁数の順に記載。
  • 太字はその年のリーグ最高。
  • 1951年はリーグ発足から間がなかったため1950年入団の選手も選考対象とされ、セ・パともに入団2年目の選手が選出されている。

新人特別賞[編集]

最優秀新人に値する成績を残した選手がリーグ内に複数存在した場合は、最優秀新人の記者投票で選ばれなかった選手に新人特別賞(かつてはリーグ会長特別賞)の連盟特別表彰が設けられる場合がある[3][4]

注釈[編集]

  1. ^ 初の対象者は1981年に台湾で学生野球で活躍して中日に入団した郭源治。以降は主に台湾、韓国出身のアマチュア選手、および中南米出身の選手のアマチュア選手などの選手が順次その対象となっている。

出典[編集]

関連項目[編集]