中村八郎 – Wikipedia

中村 八郎(なかむら はちろう、1946年(昭和21年) – )は、日本の防災対策、都市計画の専門家。学位は工学修士[1]

長野県に生まれる。法政大学工学部卒業後、日本大学大学院理工学研究科修士課程に進学し、同課程を修了する。その後、東京都国分寺市役所に入庁し、20年間勤務。その間、防災まちづくり係長、都市計画課長補佐として都市計画業務に従事した。その後、株式会社防災都市計画研究所代表取締役所長、NPO法人環境・災害対策研究所副理事長などを歴任した。現在、NPO法人くらしの安全安心サポーター理事長、日本大学理工学部及び大学院非常勤講師などを務める[1]

著書[編集]

主な著書の一覧は下記の通り[1]

  • 『災害に強い都市づくり』(新日本出版社、1993年)ISBN 4406022007
  • 中村八郎著『これからの自治体防災計画』(自治体研究社、2005年) ISBN 4880374385
  • 中村八郎、森勢郁生、岡西靖著『防災コミュニティ』(自治体研究社、2010年)ISBN 4880375519
  • 中村八郎著『大震災 復興へのみちすじ―防災政策の新段階と地方自治体の政策活動』(自治体研究社、2011年) ISBN 4880375780
  • 中村八郎、吉田太郎著『「防災大国」キューバに世界が注目するわけ』(築地書館、2011年) ISBN 4806714313

以下、主な講演歴を掲載する。

  • 2007年-一般社団法人日本経営協会公開セミナー「災害対策と防災計画推進講座」[2]
  • 2012年-自由法曹団東京支部サマーセミナー講師[3]
  • 2014年-大分市市議会議員政策研究会講師「3.11を踏まえてのこれからの自治体防災対策」[4]
  • 2015年-「平成26年度千葉県自治研修センター 災害危機管理研修」講師[5]

など。

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 築地書館ウェブサイト「中村八郎略歴」、岩波書店ウェブサイト「東京防災と地域コミュニティ」参照。
  2. ^ 一般社団法人日本経営協会ウェブサイト「災害対策と防災計画推進講座
  3. ^ 自由法曹団東京支部ウェブサイト「2012年サマーセミナーの告知」参照。
  4. ^ 大分市ウェブサイト「災害対策に関する政策提言を行いました
  5. ^ 千葉県ウェブサイト「平成26年度千葉県自治研修センター 研修計画 (PDF) 」の災害危機管理研修の項を参照。

参照文献[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

  • 防災まちづくり
  • 村上處直
  • 木村拓郎
  • 吉川仁
  • 森勢郁生
  • 岡西靖