Category: wiki

ケフェウス座RU星 – Wikipedia

ケフェウス座RU星(ケフェウスざRUせい、RU Cephei、RU Cep)は、ケフェウス座の脈動変光星である。 ケフェウス座RU星が変光星であることは、セルゲイ・ブラツコとリディア・ツェラスキー(英語版)が撮影した一連の写真から、1906年に発見された[7]。 ケフェウス座RU星は、109日の周期で比較的規則的な変光を示す半規則型変光星である[2][8]。変光範囲は、アメリカ変光星観測者協会によれば8.2等から9.1等の間とされる[1]。ヒッパルコス衛星の大量のデータによって変光特性の決定精度が向上し、変光星総合カタログにおいてはヒッパルコス等級で8.40等から8.99等の間で変光するとしている[8][2]。 ケフェウス座RU星は、変光に伴ってスペクトル型が変化する変光星である。かつてはK0型やK2型、場合によってはG6型と報告された[9][注 3]。これを踏まえて、ケフェウス座RU星は半規則型変光星の中でも黄色巨星、黄色超巨星が分類されるSRD型とされていた[11][12][13]。その後の観測によってM型から晩期K型の間で変化するということがわかってきた[14]。典型的にはM型星であるとされ、変光星総合カタログでの分類もSR型となっている[15][5][2]。 「ケフェウス座RU星」という名称は、変光星の命名規則に従って付与されたもので、ケフェウス座で13番目の変光星であることを意味する。ボン掃天星表での番号はBD+84°19[3]。 注釈[編集] ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算、光年は1÷年周視差(秒)×3.2615638より計算 ^ 出典での表記は、 log⁡g[cgs]=0.3{displaystyle log g[{mbox{cgs}}]=0.3}

Continue reading

ホーラス・ヘイマン・ウィルソン – Wikipedia

ホーラス・ヘイマン・ウィルソン(Horace Hayman Wilson、1786年9月26日 – 1860年5月8日)は、イギリスの東洋学者。オックスフォード大学の初代サンスクリット教授であり、またサンスクリット辞典の編纂でも知られる。 目次 1 略歴 2 主な著書 3 脚注 4 参考文献 ウィルソンはロンドンに生まれた。はじめ医学を修め、1808年にイギリス東インド会社のベンガルの施設の外科医に任命された。インドに到着後、化学と冶金学の知識を買われ、カルカッタの造幣局で働き、1816年には金属分析の主任になった[1]。その一方でサンスクリットを研究し、1811年から1832年までベンガル・アジア協会の書記をつとめた[2]。 1832年にオックスフォード大学の初代サンスクリット教授に就任したため、インドを離れてイギリスに帰った。1836年にはチャールズ・ウィルキンズをついで東インド会社図書館の司書に任命された。 ウィルソンは1823年の王立アジア協会の創立時からの会員であり、1837年には理事に選ばれた[3]。1834年に王立協会フェロー(FRS)に選出。 主な著書[編集] The Mégha

Continue reading

台湾プラスチックグループ – Wikipedia

台湾プラスチックグループ (Formosa Plastics Group, FPG, 中国語: 台塑集團)は、台湾の大型企業グループ[2]。事業分野は合成樹脂・繊維・バイオテクノロジー・石油化学・電子部品・運輸・医療・教育・製鉄と多岐に渡る。 1954年に王永慶・王永在(中国語版)兄弟が台塑を設立した。1980年代に台湾の民間企業として総資産・売上高・従業員数で首位を維持し、王永慶は「経営の神様」「台湾工業の父」と呼ばれた[2][3]。 2010年の従業員数は99,332人、総資産は2兆9,915億台湾ドル、売上高は2兆1,850億台湾ドル[1]。売上高は同年の台湾のGDPの約15%に相当する[4]。スタンダード&プアーズ Asia 50銘柄、台湾証券取引所50指数銘柄。 この節の加筆が望まれています。 1954年7月 高雄市において「福懋塑膠公司」設立。ポリ塩化ビニル(PVC)の生産を開始。 1957年4月 福懋塑膠公司は名称を「台灣塑膠公司 (台湾プラスチック社, Formosa Plastics Corporation)」に変更。

Continue reading

チョークス・オーシャン・エアウェイズ101便墜落事故 – Wikipedia

チョークス・オーシャン・エアウェイズ101便墜落事故(チョークス・オーシャン・エアウェイズ101びんついらくじこ)とは、2005年12月19日にアメリカ合衆国で発生した墜落事故である。グラマン G-73T タービン マラードの乗員乗客20名全員が墜落によって死亡した。事故原因は、金属疲労により右主翼が胴体から脱落したことだった[1]:vii。 チョークス・オーシャン・エアウェイズ(チャークス・オーシャン・エアウェイズとも)にとって最初の重大事故だった。この事故の3年前にはチャイナエアライン611便が似たような事故を起こしていた[2]。チョークス・オーシャン・エアウェイズはこの後に倒産した。 事故当日のチョークス・オーシャン・エアウェイズ101便[編集] 乗務員:2名 乗客:18名(途中から乗った2名を含む) 事故概略[編集] 事故発生時に偶然観光客が撮っていた墜落する機体右翼がもぎ取られ炎上していることが判る 2005年12月19日、チョークス・オーシャン・エアウェイズ101便はフロリダ州フォートローダーデールを飛び立ち、バハマ・ビミニ諸島へ向かった。その途中、事前の予定にはなかったがフロリダ州マイアミ・ワトソン島(英語版)に立ち寄り、同地を離陸直後にフロリダ州マイアミビーチ沖に墜落した[3]。目撃者は、白い煙が上がって右翼が千切れ飛んだ後に海に墜落したと証言している[4]。 航空機はガバメントカット(英語版)水路に墜ちて沈んだ。ガバメントカットは12月20日午後6時30分まで閉鎖され、このため少なくとも3隻のクルーズ船が立ち往生した[2]。 回収された101便の右翼 事故機のグラマン G-73T タービン マラードは1947年に製造された機体だった[3]。この時の機長はフロリダ州ボイントンビーチ(英語版)出身の37歳女性で、事故の一年前に機長に昇格した。副操縦士はペンシルベニア州ワイオミッシング(英語版)出身の34歳男性で、事故の8ヶ月前に航空会社に入社した。機長は2,820時間の飛行時間があり、副操縦士は1,420時間の飛行時間があった。墜落によりパイロットは2名とも死亡した[3]。 2005年12月22日、国家運輸安全委員会(NTSB)は本事故について報道発表し、事故機の破損した右主翼に金属疲労があったことを示す写真を公表した[5]。これを受けて、チョークス・オーシャン・エアウェイズは、点検のため全保有機の運行を自主的に中止した[6][7]。 2007年5月30日、ロイターは次のように報道した。「国家運輸安全委員会(NTSB)によると、チョークス・オーシャン・エアウェイズ社は、1947年製のグラマン・ターボ・マラードに生じていた金属疲労亀裂を見逃し、適切に修理できなかった。2005年12月19日、事故機はバハマへ向け離陸した数分後、高度500フィート (150 m)で右主翼を失い、マイアミ港に隣接する船舶用水路に墜落した」。NTSBは最終報告書で、事故機を含めた同社機材の整備に関して多数の問題があったことを指摘し、同社の整備実態に疑問を投げかけた。NTSB委員長Mark

Continue reading

リグ・ヴェーダ – Wikipedia

『リグ・ヴェーダ』(梵: ऋग्वेद、ṛgveda、英: Rigveda)は、古代インドの聖典であるヴェーダの1つ。サンスクリットの古形にあたるヴェーダ語で書かれている。全10巻で、1028篇の讃歌(うち11篇は補遺)からなる。 「リグ」は「讃歌」、「ヴェーダ」は「知識」を意味している[1]。 中国語の密教経典の翻訳では「梨倶吠陀」と表記され、日本語文献でも用いられた事がある。[2] 古代以来長らく口承され、のち文字の発達と共に編纂・文書化された数多くあるヴェーダ聖典群のうちのひとつで、最も古いといわれている。伝統的なヒンドゥー教の立場ではリシ(聖者・聖仙)たちによって感得されたものとされる。中央アジアの遊牧民であったインド・アーリア人がインドに侵入した紀元前18世紀ころにまで遡る歌詠を含む。 紀元前12世紀ころ、現在の形に編纂された[3]。 『リグ・ヴェーダ』は10のマンダラ(maṇḍala、巻)から構成される。ひとつの巻には複数のスークタ(sūkta、篇)を収録し、1篇の讃歌はいくつかの詩節(ṛc)から構成される。『リグ・ヴェーダ』の特定の詩節を引用する場合は、マンダラの番号・そのマンダラ内でのスークタの通し番号、詩節番号の3つの数字を通常用いる。 現存する『リグ・ヴェーダ』は補遺を含めて1028篇の讃歌(スークタ)から構成される[4]。ひとつの讃歌を構成する詩節の数は3から58まで多様であるが、10-12詩節を越えるものはまれである。主なヴェーダの韻律にはトリシュトゥブ(11音節4句)、ガーヤトリー(8音節3句)、ジャガティー(12音節4句)があり、この3種類だけで全体の約8割に達する[5]。 『リグ・ヴェーダ』ではほかにも複数のスークタをまとめたアヌヴァーカ(anuvāka)という単位も用いられ、さらに別の方式による分類(全体を8つのアシュタカに分け、アディヤーヤとヴァルガに細分する)も記されているが、引用時には用いられない。 中核となっているのは2巻から7巻で、祭官家の家集的な性質を持つ。第1巻と第8巻は内容的に類似し、2巻〜7巻の前後に追加された部分と考えられる。9巻はこれらとは大きく異なり、神酒ソーマに関する讃歌が独占している。10巻は『リグ・ヴェーダ』の中で最も新しい部分とされる。 讃歌の対象となった神格の数は非常に多く[注釈 1]、原則として神格相互のあいだには一定の序列や組織はなく、多数の神々は交互に最上級の賛辞を受けている。しかし、他方でリグ・ヴェーダの終末期には宇宙創造に関する讃歌、ナーサッド・アーシーティア讃歌(英語: Nasadiya Sukta)、を持つにいたり、ウパニシャッド哲学の萌芽ともいうべき帰一思想が断片的に散在している[7]。 後期ヴェーダ時代(紀元前1000年頃より紀元前600年頃まで)に続くヴェーダとして『サーマ・ヴェーダ』・『ヤジュル・ヴェーダ』・『アタルヴァ・ヴェーダ』の三つが編纂される。付属文典として『ブラーフマナ』(『祭儀書』)、『アーラニヤカ』(『森林書』)、『ウパニシャッド』(『奥儀書』)が著された[8][9]。 主なリグ・ヴェーダ[編集] 日本語訳 日本語以外の主要な訳 カール・フリードリヒ・ゲルトナー:

Continue reading

香音-KANON- – Wikipedia

『香音-KANON-』(かのん)は、桐谷健太の1枚目のアルバム。2016年9月28日に、ユニバーサルミュージックから発売された。 桐谷健太名義の初のCD作品[3]。 浦島太郎(桐谷健太)名義の「海の声」、河野勇作(桐谷健太)×THE イナズマ戦隊名義の「喜びの歌」に加え、新曲を含む全6曲が収録されている。 1曲目に収録のアルバムのリードトラック「香音-KANON-」は初めて作詞を手掛けた。また、作曲は桐谷の高校時代の同級生であるサウンドクリエイターのPolar Mが手掛けた[4]。3曲目に収録の「何か」の作詞は桐谷の所属事務所のマネージャーが、作曲は所属レコード会社のユニバーサルミュージックの新留隼人が[5]、サウンドプロデュースは「カラスは真っ白」のシミズコウヘイが手掛けた[6]。 リリース日の9月28日には二子玉川 蔦屋家電にてリリース記念プレミアムトークショーを開催[7]。同日、LINE LIVEでトーク&ミニライブ番組『桐谷健太「香音-KANON-」リリース記念スペシャルLIVE』が生配信された[8]。 2017年1月25日に高音質アルティメット・ハイ・クオリティCD + Blu-ray化された完全生産限定Special Editionをリリース[9]。 初回限定盤(CD+DVD)とSpecial Edition(UHQCD+Blu-ray)には「香音-KANON-」「海の声」のミュージック・ビデオが付属。 初回限定盤(CD+DVD)にはロサンゼルスで撮り下ろした28Pフォトブック付。 CD[編集] 香音-KANON- (3:57) 作詞:桐谷健太

Continue reading

神札 – Wikipedia

おふだ頒布場 福海寺(神戸市) 神札(しんさつ)は、神社が氏子などに頒布する授与品。かつての神宮寺など仏教寺院でも頒布しているところがある。 御神札(ごしんさつ、おふだ)、お札(おふだ)などともいい、神社から下賜(かし)されるもののうち最も重要な神の璽(しるし)であるとする[1]。なお、神璽(しんじ)とは一般には三種の神器のこと[2]で、天皇が皇位を継いだ証とされるものであるが、ここではその神社で崇敬している対象を指し、また下賜された神札もそれと同様であると解釈される。 神札を守札(まもりふだ、しゅさつ)、神符(しんぷ)と呼ぶ神社もある。下賜されるうるものは他に「御守」(「お守り」「守札」)、「撤饌」(「おさがり」、神前へ供えられた食品や神酒)がある。神札は紙製であることが多いが、神社によっては木製(木札=きふだ)、金属製のものもある。また紙1枚のものもあれば、和紙に折りたたんで中に神札を封印してあるもの(紙札=かみふだ)もあるが、この場合は開封は厳禁である。表面には神社名や祭神名が書かれている。 日本の神社や寺院で配布される「お札」やお守りは鎌倉時代から存在するが、これらは道教の符録を日本化して利用したのが始まりである[3]。1868年(慶応4年)の神仏分離以前は、長きに亘る歴史の中での相互作用から、神道以外の神を祭祀していた神社もあった。こうした神社では、現在も仏教寺院と同様に護符として扱うところがある。 一般的には下記に示す方法で取り扱うが、近年は参詣の記念品として持ち帰るだけの利用者もある。これに類して、純粋に参詣の記念としての千社札は、神社で公式には取り扱っていないことが多い私的な物であり、江戸時代以降、千社札を神社の神域内に貼り付けることが流行し、現在も水屋や鳥居などに貼り付けた名残が見られることがある。しかし、千社札においても神社の許可を得た上で貼り付けなければならない。 一般的な取り扱い方[編集] 伊勢神宮から頒布される神札の神宮大麻(じんぐうたいま)。 通常は神社に併設される社務所や札所でその神社の神札が頒布されている。伊勢神宮の内宮の神宮大麻に限っては、大きな神社であれば頒布されている。対価を払うことを「初穂料を納める」といい、古くは支配豪族が先導して開発した田畑で最初に収穫した稲穂を領民に下賜するときに、その費用対価として徴収したことに由来する。 年始など1年のうちで最も大切な参詣の時に、それまで家にあった旧い神札を「返納」し、新しい神札を頂いて持ち帰る。そして、自宅の重要な位置に設置してある神棚に納め、1年の間大切に祀って家内安全・無病息災などを祈る。神棚がない場合でも、自分の目線より高い位置に置いて祀ればよいとされている[1]。神札の種類によっては台所(荒神、竃神など)、玄関(大歳神、門守りなど)、鬼門(災厄除け、方位除け)の方角に置くものもある。1年後、また参詣の折に神札を返すことを繰り返してゆく。 祈祷神符[編集] 神社で祈祷を受けた時に受ける神札は、祈祷神符と呼ばれることもある。祈祷神符は神棚へ納められるものは神棚へ納める。(もちろん神社や地域によって違いがある。) 熊野三山で頒布される熊野牛王符(牛王宝印)は、平安時代から近世には裏面が起請文に用いられた。 守札は通常「お守り」と呼ばれ、錦などで作られた袋に入れられた状態で頒布されている。元々は陰陽道や寺院で作られたものが神道にも導入されたものである。今日でも、寺院でも神社と同様の守札が頒布されている。お札が家庭の鎮守であるのに対し、守札は身につけて個人的に神の守護を願うものである。 関連項目[編集] 外部リンク[編集]

Continue reading

折り紙建築 – Wikipedia

折り紙建築(おりがみけんちく)は、ケント紙のような紙に切り線・折り線を入れて任意の角度に折り曲げ、建築物や記念碑を立体的に再現する切り紙の一種である[1]。 モデルとなった映画館。見比べれば、かなりの精度で再現されていることがわかる 折り紙建築の精巧さは複雑なポップアップに匹敵する。さらに、ほとんどのポップアップは複数の紙を切り貼りして作られるのに対し、折り紙建築は1枚の紙から切り取られる。2次元の紙から3次元の模型を作成するには、実際の建築家と同様の熟練が必要である[2]。 折り紙建築の開発は、茶谷正洋教授(当時は東京工業大学の新任教授)によって行われた。日本では、年賀状や暑中見舞いの授受が奨励される。茶谷は、これらの挨拶状は人と人とのつながりとコミュニケーションの重要な形態であると感じていた。また、ペースの速い現代の社会では、挨拶状の交換によって保たれてきたつながりが不足するのではないかとも心配していた[3]。 1981年、茶谷は紙を切ったり折ったりしてユニークで面白いポップアップカードを作成する実験を始めた。これが、折り紙建築の始まりである。彼は、折り紙と切り紙の技法、および建築デザインの経験を駆使して、光と影の印象的な複雑なパターンを作成した。彼の作品の多くは、陰影を際立たせるために真っ白な紙で作られている[4]。彼は、自著のうちの1冊の序文で、立体的な切り抜きの影が見る者を「ファンタジーの世界」に誘う「夢のようなシーン」を作り出した、と著した[4]。 茶谷は、最初は単にカードを友人や家族に渡すだけだった。しかし、そこから30年近くにわたって、彼は子供向けの折り紙建築に関する書籍を50冊以上出版した。彼は、折り紙建築が建築デザインと建築の鑑賞を教えるのに良い方法であり、幼児の数学、芸術、デザインへの関心を喚起する良い方法であるとしている[4]。 茶谷は退職後も、作品を製作するためにかなりの時間を費やした[5]。 折り紙建築にはいくつかの異なるスタイルがある。あるスタイルでは、折り畳まれた紙は、ほとんどのポップアップと同じく90度の角度で開いたときに建物が現れるようにカットされる[6]。あまり一般的ではないが、他のデザインでは、作例は少ないものの紙を開いて反対方向に完全に折り、360度の角度にする必要があるものもある[5]。 また、切り取りった紙を土台に貼り付けるスタイルのものもある[4] 。しかし木原貴明は、平らな紙から3次元構造を「切り抜く」という別の手法を頻繁に使用する[6]。この手法で作成された折り紙建築は、見る者は切り抜かれた空を見ることができ、興味深い影の効果が期待できる[6]。木原は、このスタイルの折り紙建築は作成された作品を簡単に再び平坦化できるため、他のものよりも保存しやすいことも指摘している。 建築設計での利用[編集] 折り紙建築は、多くの設計者が2Dを3Dとして視覚化して、デザインアイデアを拡張および探索するために使用するツールになっている[7]。また、CAD(コンピューター支援設計)を使用して折り紙アーキテクチャを製作する方法がある。CADはレーザーカットを使用して切断プロセスを高速化し、正確なフォームを作成できるようにする。ただ、AIによって自動で設計を行うプログラムはまだ開発中である[8]。 EPFLアーキテクトのハニ・ブリとイヴ・ヴァイナンドは、折り紙建築を使用して複雑な折り畳みプレート構造を大量生産する方法を研究した[9]。ヨシムラパターン(逆ダイヤモンドパターン)、ミウラ折りパターン(ダイアゴナルパターン)、およびダイアゴナルパターン(対角線で折り畳まれた一連の平行四辺形)などにより、すべてが成功した[9]。その結果、ブリとワイナンドはローザンヌのモデルとチャペルさえも製作できた。 ^ 折り紙建築 – みくの部屋 2016年11月5日閲覧。 ^ “Paperarchitecture

Continue reading