Warning: mysqli_query(): (HY000/1712): Index szlgt_options is corrupted in /var/www/html/jp/wiki2/wp-includes/wp-db.php on line 1924
Enzyklopädie – Enzyklopädie

オイルド作戦 – Wikipedia

オイルド作戦 (Operation Oiled[1]) はイギリスが1942年1月に実行したドイツ戦艦「ティルピッツ」に対する夜間爆撃作戦。 1942年1月、訓練を終えた「ティルピッツ」はノルウェーへと移動した[1]。1月23日、イギリス軍機がフェッテンフィヨルドに停泊する「ティルピッツ」を発見[2]。それを受けてイギリス首相ウィンストン・チャーチルは「ティルピッツ」爆撃計画策定を命じた[3]。フィヨルドの地形上、実行困難な空母からの雷撃機による攻撃は選択肢から外れ、攻撃は爆撃機軍団の担当となった[4]。攻撃の実施時間は夜間が選択され、月明かりの関係から作戦は1月29日から30日夜に実行と決まった[5]。 航続距離の問題で爆撃機はスコットランドの基地からの出撃となり、1月28日に第15および149飛行隊のスターリング16機と第10および76飛行隊ハリファックス10機がロジーマス基地へと向かった[6]。その際、スターリング1機が味方の船団から誤射されて不時着し、別のスターリング1機は着陸時に凍った雪にあたって尾部を破損した[7]。 整備やエンジンの問題で出撃はスターリング7機とハリファックス9機となった[8]。スターリングは1月30日0時30分から、ハリファックスは2時4分から2時34分にかけて出撃[9]。ハリファックス4機は燃料不足のため引き返し、目標上空に到達した残りの機も雲によって投弾を妨げられた[10]。ハリファックス1機のみが撃ち上げられる対空砲火の中心に対して投弾したが、効果はなかった[11]。 帰投中にハリファックス1機が墜落したが、搭乗員は救助された[12]。また、ハリファックス1機が着陸に失敗した[13]。 ^ a b Sink the Tirpitz 1942–44, p. 31 ^ Tirpitz, p.

Continue reading

シカゴ都市圏 – Wikipedia

シカゴ都市圏Chicago Metropolitan Area シカゴ・ネイパービル・ミシガンシティ大都市圏 シカゴ市 国 アメリカ合衆国 州  イリノイ州 インディアナ州 ウィスコンシン州 主要都市 面積  • 都市圏 10,856 mi2 (28,120 km2) 最高標高 673 ft (205 m) 最低標高 579 ft (176 m)

Continue reading

クロード・ノブス – Wikipedia

クロード・ノブス 2006年 生誕 (1936-02-04) 1936年2月4日 スイス モントルー 死没 2013年1月10日(2013-01-10)(76歳) スイス ローザンヌ クロード・ノブス (英: Claude Nobs、1936年2月4日 – 2013年1月10日) は、モントルー・ジャズ・フェスティバルの創始者。 目次 1

Continue reading

大伴池主 – Wikipedia

大伴 池主(おおとも の いけぬし)は、奈良時代の官人・歌人。官職は式部少丞。 大伴祖父麻呂の庶子、大伴牛養の子、大伴田主の子[1]とする説や、大伴三依の子とする系図がある[2]。またこの系図では、曾孫に伴久永を繋げる。 天平10年(738年)従七位下・春宮坊少属の官位にあり、覔珠玉使として駿河国を通過したとの記録がある[3]。同年橘諸兄の旧宅で行われた橘奈良麻呂主催の宴に大伴家持らと参加し和歌を詠んだ[4]。 のち天平年間末期に越中掾を務め、天平18年(746年)6月に大伴家持が越中守に任ぜられて以降、翌天平19年(747年)前半にかけて、以下の通り作歌活動が『万葉集』に記されている。 天平18年(746年)8月7日:家持の邸宅で宴が開催され、越中大目・秦八千島や史生・土師道良らと共に和歌を詠む[5]。 同年11月:池主が正帳使の任を終えて平城京から戻った際に開催された詩酒の宴にて和歌を詠む[6] 天平19年(747年)2-3月:病床に伏した家持と度々贈答歌・漢詩の交換を行う[7] 同年4月26日:布勢の水海(現在の富山県氷見市の十二町潟)に遊覧した大伴家持の和歌に追和[8]。 同年4月26日:池主の邸宅で税帳使となった家持に対して餞する宴。池主は石川水通の歌を伝誦する[9] 同年4月28日:家持が詠んだ立山の賦に追和[10]。 同年5月2日:家持が税帳使として入京するにあたって贈答歌を交換[11]。 天平20年(748年)3月以前に越前掾に転じるが[12]、以下の通り家持との交流は続き、直接和歌の贈答も行っている。 天平21年(749年)3月15日:家持に来報歌を贈る[13] 同年11月12日:家持に来報歌を贈る[14] 同年12月15日:家持に来報歌を贈る[15] 天平勝宝2年(750年)4月3日:家持より霍公鳥歌を贈られる[16] 同年4月9日:水烏を池主に贈れる歌を贈られる[17]

Continue reading

土橋昭夫 – Wikipedia

土橋 昭夫(どばし あきお、1949年〈昭和24年〉1月2日 – )は、日本の実業家。双日株式会社元会長[1]。 1949年(昭和24年)1月2日生まれ。出身は山梨県。 1972年(昭和47年) 3月、中央大学商学部卒業[1] 1972年(昭和47年) 4月、日綿實業(株)(現双日株式会社)入社 1982年(昭和57年) 6月 – ニチメン株式会社に商号変更 1983年(昭和58年) 6月 – 東京建設部・第二課主任 1988年(昭和63年) 7月

Continue reading

胸が鳴るのは君のせい – Wikipedia

『胸が鳴るのは君のせい』(むねがなるのはきみのせい)は、紺野りさによる日本の漫画作品。略称は『胸きみ』[3]。『ベツコミ』(小学館)2012年11月号から[1]2014年9月号まで連載された[2]。2020年10月時点で単行本の累計発行部数は250万部を突破している[4]。 あらすじ[編集] この節の加筆が望まれています。 篠原つかさは、中学2年の時に同じクラスに転入してきた有馬隼人に想いを寄せていた。卒業間近の中学3年の冬に告白をするも、あえなく玉砕する。だが、春から通う高校が同じだと知り、つかさは有馬に「まだあきらめないから」と宣言する。 登場人物[編集] 担当声優はムービーコミック版でのキャスト。演の項は実写映画版のキャスト。 篠原つかさ(しのはら つかさ) 声 – 大久保瑠美 / 演 – 白石聖[5] 第1話では中学3年生、2話目以降は高校1年生。血液型A型。何かを頼まれると拒否できない責任感の強い性格。 有馬のことが好きだが中学3年生の時に一度告白してフラれている。 有馬隼人(ありま はやと) 声

Continue reading

記号として/‘I’ Novel – Wikipedia

「記号として/‘I’ Novel」(きごうとして/アイノベル)は、RADWIMPSの通算18枚目のシングル。2015年11月25日にユニバーサルミュージックのレーベル、EMI Records Japanから発売された。 前作「ピクニック」から約5か月ぶりのリリースとなる。2015年11月25日にCDとして発売され[3]、12月23日にはアナログレコードとして発売された[4]。アナログレコードは180g重量盤で、CDと同内容を収録。なお、RADWIMPSがアナログレコードを発売するのは初めてである。また、CDのリリースに先駆け、10月9日に「‘I’ Novel」の先行配信が開始された[5]。また、本作はドラムの山口智史が無期限休養期間に入る前の最後の作品となった。 初回生産分には、入力することで期間限定のスペシャルサイトにアクセスできるシリアルコードが封入された。このサイトでは、2015年10月に行われた海外ツアーのデジタルフォトギャラリーや、アートディレクターのYOSHIROTTENが手がけた「記号として/‘I’ Novel」のデジタルブックレットを閲覧できる。また、抽選で10名にメンバー3人の直筆サインが入ったメジャーデビューシングル「25コ目の染色体」のジャケットのオリジナルプリントがプレゼントされる[6]。 「‘I’ Novel」は、東京メトロのキャンペーン「Find my Tokyo.」の第3弾CM「『私を惹きつける池袋』篇」のCMソングとして書き下ろした楽曲である。また、このCMにはボーカルの野田洋次郎も出演している[7]。 10月8日にはTOKYO FM系列のラジオ番組「SCHOOL OF LOCK!」にて「‘I’ Novel」が[5]、11月2日にはFM802のラジオ番組「ROCK KIDS 802」にて「記号として」が初オンエアされた[8]。 ミュージック・ビデオ[編集]

Continue reading

十八の瞬間 – Wikipedia

『十八の瞬間 (韓: 열여덟의 순간、At Eighteen)』は、韓国JTBCにて2019年7月22日から9月10日まで放送されたテレビドラマ。全16話。 本作は、危なっかしくて未熟な「プレ青春」の世界をありのまま覗く感性青春物で些細なことにも感情が渦巻く18歳、誰もが経験する18歳の瞬間をリアルかつ深みのあるタッチで描くことで、初々しい感性を刺激し、深い共感を届ける作品である。Wanna One出身オン・ソンウの俳優デビュー作[1]。 2019年 1月17日にオン・ソンウとキム・ヒャンギ、シン・スンホが本作への出演を確定した[2]。 6月12日に予告ポスター、6月19日にメインポスター、6月24日に第1弾、7月1日に第2弾、7月8日に第3弾の予告映像を公開した[3][4][5][6][7]。 7月22日にソウル江南区論硯洞インペリアルパレスのセレナホールにて制作発表会が開催[8]。 7月22日より韓国JTBCにて放送開始し、9月10日に放送終了となった[9][10]。 2020年 2月に衛星劇場にて日本初放送。10月よりDVD-BOX発売およびレンタル開始[11]。 あらすじ[編集] ある日、ジュヌ(オン・ソンウ)は幼馴染の友人ジョンフ(ソン・ゴンヒ)を助けたことから校内暴力加害者の濡れ衣を着せられ、強制的に転校を余儀なくされる[12]。引っ越しを終えたジュヌは、自転車でチョンボン高校へ登校中にスビンの母親(キム・ソニョン)が運転する車とぶつかりそうになる[13]。その事を心配していたスビン(キム・ヒャンギ)はジュヌと偶然学校で出会い、「大丈夫か」と声をかけ、何かあれば連絡するようにと自分のクラスを伝える[14]。なんとジュヌはスビンのクラスの転校生であった[15]。しかし、クラスの学級委員であると同時に権力者ともいえるフィヨン(シン・スンホ)の策略にハマり、転校初日にも関わらず再び問題を起こしてしまう…。 これまで一人でいることに慣れていたジュヌは、スビンを通じて心の扉を開き、独り立ちを夢見てきたスビンは、謎の転校生ジュヌと出会い、小さな変化を経験していく。 主要人物[編集] チェ・ジュヌ:オン・ソンウ[16](幼少期:チョン・ヒョンジュン) 18歳。寂しさが日常となり誰よりも強い少年。いつも一人だったため、感情表現が苦手だが、突飛で可愛い魅力を持つ。

Continue reading

イキン・チャン・カウィール – Wikipedia

イキン・チャン・カウィール(Yik’in Chan K’awiil、この名前はおそらくは「空を暗くするカウィール」という意味であると解釈されている; fl. 734年 – 766年頃)は古典期後期のペテン盆地地域(現在のグアテマラ)にあったティカルを中心とするマヤ文明の都市国家の第27代目の統治者(アハウ)。 [2] ティカルの統治者の中でも成功した拡張主義的な一人で、父ハサウ・チャン・カウィール1世より獲得した政治的権力を確固たるものとした。 マヤ文字の解読が進む以前、名前の読みが判明するまでは Tikal Ruler B として研究者に知られていた。[3] イキン・チャン・カウィールの在位中、ティカルでは多数の建造物が造られ、彼の命によって建築ないし増築された建造物が現在でもいくつも残っている。 736年にカラクムルを、743年と744年にはカラクムルと同盟を結んだ2つの都市をそれぞれ征服。西はエル・ペルー、東はナランホまで、以前にこの地域を牛耳っていた権力関係を破壊せしめた。 彼の第一夫人はラカムハ(パレンケ)の姫であった。彼女の個人名は不明であるが、ヤシュ・アハウ・ショック夫人[訳語疑問点](Lady Yax Ahau Xoc)という儀礼的称号は判明している。

Continue reading

トナリエ宇都宮 – Wikipedia

トナリエ宇都宮(トナリエうつのみや、tonarie utsunomiya)は、栃木県宇都宮市駅前通り一丁目にある複合商業施設。都市規模に対して脆弱だった[10]駅前の商業環境を充実させるべく[11]1990年(平成2年)に開業したロビンソン百貨店宇都宮店を前身とし[2][12]、ララスクエア宇都宮を経て現称となった[1][2]。建物は鉄骨鉄筋コンクリート構造・鉄骨構造の陸屋根で、地上11階地下1階建てである[3]。 テナント[編集] 日本エスコンが経営する「トナリエ」は、「まちに寄り添いながら、まちとともに発展していく。いつもあなたの暮らしのとなりへ。」をコンセプトとする店舗ブランドであり[2]、地域住民の日常的な利用を意図した店舗構成をしている[3]。核店舗のヨドバシカメラをはじめとして、衣料品店・書店・クッキングスタジオ(料理教室)など約70店が出店する[3]。これらのテナントは、前身のララスクエア宇都宮からそのまま引き継いだものであり、特にヨドバシカメラ、GAP、ABCクッキングスタジオなどはララスクエア開店時から引き続き出店している[2]。 9階と10階は日本エスコンが管理運営していない階であり[注 1]、それぞれ宇都宮市保健センター[15]、セントラルフィットネスクラブ宇都宮がある[16]。屋上11階にはレンタルスペース「ララ・ステージ」がある[17]。ステージは西口ビル管理株式会社が管理しており[17]、ララスクエア時代からの「ララ」という名を継承している[2]。 日本エスコンは、開業から2年後をめどにテナントを充実させ、長期的には建て替えも検討している[4]。 再開発準備期(1982-1990)[編集] 宇都宮市は中心市街地と中心駅が離れた都市構造をしており[10]、宇都宮駅で降り立った人々は駅前を素通りし、中心市街地へ流れてしまうという課題があった[11]。駅前に核となる商業施設を建設し、人をとどまらせることは長年の懸案であったが、東北新幹線乗り入れ(1982年〔昭和57年〕)に合わせて発足した「宇都宮駅西口地区街づくり研究会」では1年間の議論を経て再開発が現実味を帯びていった[11]。ここで立案された計画は、地上8階地下1階建ての百貨店ビルと同じく地上8階地下1階建ての量販店・専門店ビルの2棟を建設し、それぞれに9階建ての立体駐車場を併設するというものであった[18]。1985年(昭和60年)には「宇都宮駅西口地区再開発基本計画」がまとまり、宇都宮市では過去最大となる再開発区域6.6 ha、総事業費500億円以上の事業が動き出した[19]。そのうち百貨店を建設する北ブロック(2.3 ha)を先行開発することになり、宇都宮駅西口第一地区再開発準備組合が1986年(昭和61年)3月28日に発足した[20]。この時点では誘致する百貨店はまだ交渉中で、売場面積35,000 m2を組合側は要求していたが、中心市街地側からの反発が大きく、面積の削減は必至の状態であった[20]。 1987年(昭和62年)10月には誘致する百貨店がイトーヨーカ堂系列のロビンソン百貨店[注 2]に決まり[22]、売場面積が25,850 m2になると発表すると、駅ビルを運営する宇都宮ステーション開発はラミア(現・パセオ)を9,800 m2に拡張すると公表し、駅前商戦の激化が予想された[23]。1988年(昭和63年)5月6日に開かれた出店計画説明会では地上7階から地下1階までをロビンソン百貨店、8階を飲食・カルチャー施設、9階を宇都宮市保健センター、10階をスポーツ施設とすることが発表された[24]。 1988年(昭和63年)9月12日、当初予定から3か月遅れて再開発予定地の建物の取り壊し工事が始まり[25]、11月10日に起工式を挙行して新ビルの建設に着手した[8]。施工は公開入札で落札した清水建設・フジタ工業・東鉄工業・三井建設・中村建設JVが担当した[8]。1989年(平成元年)6月27日、宇都宮商工会議所商業活動調整協議会(商調協)は、商業床を20,850 m2(うちロビンソン百貨店が20,000 m2、残る850 m2は地元地権者)とする答申を出し[注

Continue reading