Month: March 2022

申娜姫 – Wikipedia

この存命人物の記事には、出典が全くありません。信頼できる情報源の提供に、ご協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります。出典検索?: “申娜姫” – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2020年1月) 申娜姫Na-Hee Sin 2006年JGPハーグでの申娜姫撮影 K. “bird” N. 選手情報 生年月日 (1990-09-24) 1990年9月24日(31歳) 出生地

Continue reading

島成郎 – Wikipedia

島 成郎(しま しげお、1931年3月3日 – 2000年10月17日)は、日本の学生運動家、精神科医。1960年の安保闘争当時の全学連書記長。 東京都生まれ。1950年、東京大学教養学部入学と同時に日本共産党に入党。共産党の50年分裂で除名処分をうける。レッドパージ反対闘争に参画し、自治会副委員長として運動する。1951年、共産党に復党。1954年、東京大学医学部に進学。 1955年、全学連再建に精力的に活動し砂川基地反対闘争、原水爆禁止反対闘争に参画。1957年、共産党の東京都党委員に当選。第7回大会の代議員になるが生田浩二、佐伯秀光と共に党内フラクションを結成し「プロレタリア通信」を発信する。1960年安保闘争時のブント系(共産主義者同盟)全学連書記長として、委員長の唐牛健太郎や青木昌彦を支えた。のち田中清玄からの資金供与などをマスコミで報道され、共産党をはじめ内外から強い批判をうけ、運動の前線からは撤退を余儀なくされる。 1964年、東京大学医学部卒。闘争終息後は国立武蔵療養所(現 国立精神・神経医療研究センター)、都立島田療育園(現 島田療育センター)に勤務、また地域医療に尽力。85年に上京して、陽和病院院長。その後は北海道鶴居村のつるい養生邑病院名誉院長、北海道苫小牧市の植苗病院副院長、沖縄本部記念病院医療顧問、同病院やんばる所長を歴任。 2000年、沖縄県名護市にて胃がんのため生涯を終えた。 吉本隆明との関係[編集] 『中央公論』1960年4月号で、詩人で思想家だった吉本隆明を招き、葉山岳夫などのブント幹部とともに座談会を行った。以降、吉本は世界初の共産党からの独立左翼と言われるブントと行動をともにする。吉本はこのとき、「同伴知識人第二号」として批判された。なお一号は社会学者の清水幾太郎。島らの依頼で吉本は6月15日の国会構内抗議集会で演説。鎮圧に出た警官との軋轢で死者まで出た流血事件の中で100人余と共に「建造物侵入現行犯」で逮捕された[1]。 島と吉本は以後も交流を続け、1960年9月、安保ブントが解体状況を露呈し島がブント内で孤立して沈黙を守っているときの島の日記[2]には吉本宅を訪ねた後の感想として「彼の考えは俺とすこぶる共通している」とある。 1961年9月には吉本が谷川雁、村上一郎らとともに雑誌『試行』を創刊した[3]が、その資金は島が用意した。島の「ノート」によれば、「いかにして革命的復活をなしとげるか」として、その成果の一番目に「吉本隆明らの雑誌の発行の目安が付いた」(61年6月25日付け)ことが挙げられている。資金は、当時の金で11万円ほどだった。 2000年10月、島の死の際には吉本は「知っている範囲で、谷川雁さんと武井昭夫さんとともに島成郎さんは『将たる器』をもった優れたオルガナイザーだと思ってきた」[4]と追悼文を書いた。 田中清玄との関係[編集] 戦前、日本共産党(第二次共産党)中央委員長で転向後は右翼活動家・実業家、モンペルラン・ソサイエティー会員だった田中清玄(たなか きよはる)が1960年(昭和35年)『文藝春秋』1月号に「武装テロと母 全学連指導者諸君に訴える」という文章を発表した。このなかで田中は「全学連の指導的立場の諸君!

Continue reading

ジョン・ロルフ – Wikipedia

ジョン・ロルフ(英: John Rolfe、1585年頃 – 1622年)は、北アメリカのイギリス人初期入植者、商人。 バージニア植民地で輸出穀物となるタバコの栽培に最初に成功した者とされており、またインディアンのポウハタン連邦酋長の娘、ポカホンタスの夫としても知られている。 ロルフはイングランドのノーフォーク・カウンティ、ヒーカムで、ジョン・ロルフとドロシー・メイソン夫妻の息子として生まれ、1585年5月6日に洗礼を受けた。当時、スペインが魅力ある産品であるタバコを事実上独占的に扱っていた。新世界におけるスペイン領植民地の大半はジェームズタウンのようなイギリス領植民地よりも、タバコの栽培に適した南の暖かい気候帯にあった。タバコの消費量が上がるにつれて、イングランドとスペインの間の貿易収支額に著しく影響を与えてきた。ロルフは、イングランドの新しい植民地であるバージニア植民地のジェームズタウンでタバコを育てることで、スペインからの輸入量を削減する機会を探った数多い事業家の一人だった。ロルフは当時トリニダード島や南アメリカで栽培されていた特に人気の高いタバコの種からそのタネを持ち込んでいた。これはスペインがそのようなタネをスペイン領以外に売った者には死罪を宣言していた事情に逆らうものだった[1]。 バージニアに向けた3回目の補給船での航海[編集] ロンドンのバージニア会社の領主達の計画にしたがって、ジェームズタウンは1607年5月14日に最初の開拓者集団が設立した。この植民地はイギリスの初期開拓には問題が多いことが分かり、1608年にクリストファー・ニューポート船長による2回の補給航海が行われた後、1609年には再度今までより大きな船隊が仕立てられて、数百の新しい開拓者と補給物資を積んで大西洋を渡った。第3補給船隊を率いたのはバージニア会社の新しい旗艦、シーベンチャー号であり、これにロルフとその妻と小さな子供1人も乗っていた。 第3補給船隊は1609年5月にイングランドを離れてジェームズタウンに向かった。船隊は7隻の大きな帆船に2隻の小さなピンネースを曳いていた。大西洋を南に下ると3日間も続いた恐らくは大型のハリケーンだったと考えられる嵐に遭遇した。船隊の船はバラバラになった。新しいシーベンチャー号は水漏れが修理できなくなり、掻き出すよりも速く水が入ってくるようになった。バージニア会社の提督ジョージ・サマーズ卿が指揮を執って、船の沈没を免れるためにバミューダ諸島の環礁に慎重に舟を進めた。乗っていた150人の乗客と乗組員および犬1匹が助かった。その大半は10ヶ月の間バミューダ、その後「サマーズ諸島」と呼ばれることになった島に留まり、その間にジェームズタウンへの航海を続けるために小さな船2隻を建造した。しかし、多くの乗客乗員はこの旅を完遂できなかった。ある者は死ぬか殺され、海上で失われ(シーベンチャー号の長いボートに帆を取り付けて、ジェームズタウンに伝言を送るために出航したが、二度と帰らなかった)、あるいはバミューダに対するイングランドの領有権主張を維持するためにそこに残された。このためにバージニア会社の勅許は1612年までバミューダに及ばなかったものの、その植民地化の日付は1609年からとなっている。バミューダ島に埋葬された者達の中にはロルフの妻と子供も含まれていた。 1610年5月、2隻の新しく建造された船はバミューダを出帆した。これにはロルフ、サマーズ卿、スティーブン・ホプキンスおよびトマス・ゲイツ卿を含む142人の漂流者が乗っていた。ジェームズタウンに到着すると、バージニア植民地は「飢えの時(英語版)」と呼ばれることになる期間に飢饉と病気のためにほとんど破壊されていた。第3補給船隊の物資はほとんど到着せず(シーベンチャー号を捕らえたのと同じハリケーンが船隊の残りにも大きく影響していた)、わずか60人の開拓者が残っているだけだった。ジェームズタウンの放棄が避けられ植民地が生き残ることができたのは、バミューダから2隻の小さな船が到着したことと、1610年6月10日にデラウェア卿が指揮する別の救援船隊が到着したことによっていた。ロルフはやっと入植した後で、妻や子供は居なかったが、タバコに関する遅延していた事業を始めた。 オリノコ・タバコ、換金作物[編集] スペインとヨーロッパ市場で競合するうえで、スペイン植民地が享受する暖かい気候とは別の問題があった。バージニア原産のタバコはイギリス人入植者に好まれず、イングランドの市場でも訴えるものが無かった。しかし、ロルフは手に入れがたいスペインのタネを持ってきており、トリニダードの甘みの強いタネを導入しようと思った。1611年、ロルフは北アメリカで初めて「ニコティアナ・タバカム」というタバコを栽培したとされている。この甘いタバコの輸出は1612年に始まり、バージニア植民地を利益の上がる事業にすることに貢献した。ロルフはこのバージニアで栽培したタバコに「オリノコ」と名付けた。これはおそらくタバコを普及させたウォルター・ローリー卿が伝説の黄金の都市エル・ドラードを求めてガイアナのオリノコ川を遡った1580年の遠征の栄誉を称えたものと見られている[2]。オリノコ・タバコの訴求点はそのニコチンであり、社交界でそれを使うことの愉快さだった[3] 。 間もなくロルフとその他の者達はかなりの量の換金作物を輸出するようになり、ジェームズ川沿いに新しいプランテーションを開設し、輸出積み出しには川の桟橋を使えるようになった。1612年、ロルフはジェームズタウンの上流約30マイル (50 km)で、トマス・デイル卿が開発を行っていたヘンリカスの対岸にプランテーションのバリナ農園を開いた。「バリナ」はスペイン産の軟らかい品種のタバコの名である。 ポカホンタスとの結婚[編集] 非常に美化されて描かれた「ポカホンタスとロルフ」(1850年画) 1614年、ロルフは、地元のインディアン部族ポウハタン族の酋長、ポウハタン酋長の娘ポカホンタスと結婚した。ポカホンタスはイギリス人入植者たちによって誘拐され、入植交渉のための人質として、一年に渡って拉致監禁されていたのである。ポウハタン酋長はこれを認め、ジェームズ川を挟んだ対岸に土地を新婚の2人に与え、小さなレンガ造りの家がロルフとポカホンタスの新居として使われた。今日その場所はスミス砦と呼ばれ、サリー郡に入っている。

Continue reading

マースク・アラバマ号乗っ取り事件 – Wikipedia

出典は列挙するだけでなく、脚注などを用いてどの記述の情報源であるかを明記してください。記事の信頼性向上にご協力をお願いいたします。(2009年5月) マースク・アラバマ号乗っ取り事件(マースク・アラバマごうのっとりじけん)は、ソマリア沖の海賊によってアメリカ合衆国籍の貨物船「マークス・アラバマ(英語版)」号が乗っ取られた事件。拉致された船長を救出するためにアメリカ海軍により救出作戦が実施された。 2009年4月8日、A.P. モラー・マースク所有のアメリカ合衆国籍の貨物船「マースク・アラバマ(Maersk Alabama)」(1万7500トン)が、ソマリア沖を航行中に海賊に接舷・制圧された。乗員の抵抗により数時間後には奪回され、この際に乗員側は海賊1名を拘束したが、海賊側も乗員の身の安全と引き換えに投降した船長を拘束した。双方、人質を交換することで解決を図ろうとし、乗員たちは海賊を解放したが、船長は身代金目的の為か解放されず、交渉は失敗した。 同月8日、アメリカ当局は事件解決のため現場海域に海軍の駆逐艦「ベインブリッジ」を派遣し、翌9日には現場海域に到着、FBIにも交渉専門家の派遣を要請した。 同月10日、救命艇に乗せられた船長は脱出を試み海に飛び込んだが、海賊に捕らえられ失敗した。この間もマースク・アラバマの船主会社であるA.P.モラー・マースク社はアメリカ当局と協力して解放に向けての交渉を継続していた。アメリカ海軍はさらに強襲揚陸艦「ボクサー」とミサイルフリゲート「ハリバートン」を現場海域に派遣し、P-3哨戒機による上空からの警戒監視も行なわれた。 同月12日午後、アメリカ当局の発表で船長が救出されたことが明らかとなる。秘密裏にベインブリッジに乗船していた対テロ特殊部隊が約20m離れた救命艇に乗っていた海賊達を同時狙撃し3名を殺害、船長は無事に救出された[1]。交渉のためベインブリッジに乗艦していた海賊1名は逮捕された。 救出された船長はベインブリッジの搭載艇に収容され、のちにヘリコプターで「ボクサー」に移送された。 拘束された海賊1人は、同月21日にアメリカ本国に移送され、ニューヨーク南部地区連邦地方裁判所で「国際法上の海賊行為」の罪などで裁判にかけられることになった。 最初に捕らえられたとき、アメリカ当局は、「彼は16歳から20歳であり、彼の名前はアブドゥル・ワリ・イムシである」と述べた。 この際、彼の母親であるアダール・アブドゥラマン・ハッサンは、AP通信との電話インタビューで、アメリカ当局が主張する彼の名前と年齢の両方が間違いだと述べた。 彼女は息子がたった16歳であり、彼の名前はアブディ・ワリ・アブディ・カディル・ムセであると述べた。また、BBCとのインタビューで、ムセの母親は、彼は裕福な無名の犯罪者によって海賊活動に誘惑されたと主張して、息子を解放するよう米国政府と大統領に訴えた。 21日当日、ムセの年齢が推定15〜17歳であると主張されたが、裁判所判決で、彼は18歳未満ではなく成人として裁判にかけられる可能性があると判断された。 訴状は、「強制的に船を接収した罪」「人質誘拐の罪」および「銃火器関連の告発」。最大4回の終身刑判決の可能性があった。 米国の連邦刑務所では、海賊行為の容疑には仮釈放なしの終身刑が義務付けられている。 2009年5月19日、ニューヨークの連邦大陪審は、ムセに対して10件の起訴内容で刑事起訴した。 2010年5月18日、ムセはハイジャック、誘拐、人質罪で有罪を認めた。司法取引として、海賊行為と銃火器の所持の罪は起訴を取下げられた。 2011年2月16日、ムセは懲役33年9か月を宣告され、現在はサウスカロライナ州エッジフィールドにある連邦矯正施設に拘留中。釈放予定日は2038年4月13日。 本事件については、『キャプテン・フィリップス』というタイトルで映画化された。

Continue reading

青木雅彦 – Wikipedia

この存命人物の記事には検証可能な出典が不足しています。信頼できる情報源の提供に協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります。出典検索?: “青木雅彦” – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2015年2月) この記事の主題はウィキペディアにおける音楽の特筆性の基準を満たしていないおそれがあります。基準に適合することを証明するために、記事の主題についての信頼できる二次資料を求めています。なお、適合することが証明できない場合には、記事は統合されるか、リダイレクトに置き換えられるか、さもなくば削除される可能性があります。出典検索?: “青木雅彦” – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2015年2月) 青木 雅彦(あおき

Continue reading

太田祐雄 – Wikipedia

太田祐雄 生誕 1886年茨城県新治郡志筑村(当時) 死没 1956年 職業 オオタ自動車工業専務取締役 子供 太田祐一(長男)・太田祐茂(三男) 太田祐雄(おおた すけお・1886年-1956年)は日本の自動車技術者。1957年に日本内燃機と合併するまで存在していた日本の自動車メーカー・オオタ自動車工業の創業者である。 茨城県新治郡志筑村(当時)出身、小学校卒業後、近在の酒造工場に奉公に出されたが、生来の機械好きと器用さから酒造工場の機械化に手腕を発揮、上京して伊賀氏広の飛行機研究を手伝った後、1912年6月、巣鴨郊外に個人経営の「太田工場」を開業した。教材用の小型発動機、模型飛行機、さらに当時の大手オートバイ販売会社・山田輪盛館向けのオートバイ用ピストンやピストンリングの製造を行った。1917年には神田・柳原河岸に工場を移転、自動車や船舶用エンジン修理を本業とする傍ら、小型自動車の試作に取り組んだ。1919年頃にはエンジンを完成、資金難から一時計画は頓挫しかけたが、義弟・野口豊の父・寅吉の出資によって車体の開発も続けられることになり、1923年5月に最初のオオタ車となる「OS型」(OHV4気筒965 cc・全長2895 mm・車両重量570 kg)を完成させた。OS型を生産化すべく、野口らと共に「国光自動車」を設立したが、同年9月1日の関東大震災で工場設備が全焼、計画は頓挫した。大震災の直後は家族をOS型試作車に乗せ、埼玉県まで避難したという。 祐雄は止む無く、個人会社「太田自動車工場」として再出発、引き続き自動車や船舶用エンジンの修理を続けたが、再度自動車製造に挑戦する。今度はより多数の販売が見込める小型トラックで、1930年に神田岩本町9番地(当時)に工場を移転した翌年の1931年に排気量500 ccの小型トラック・OS型を完成させ、内務省自動車取締規則により無免許運転が認められる小型車として、排気量を規制上限の750 ccに拡大して生産化、乗用車OA号と共に6 – 70台を生産した。当時の従業員は約15人という規模であった。

Continue reading

崔彭 – Wikipedia

崔 彭(さい ほう、生没年不詳)は、隋の軍人。字は子彭。本貫は博陵郡安平県。 北周の荊州総管の崔謙の子として生まれた。幼くして父を失い、母に孝事して知られた。騎射を得意とし、『周礼』『尚書』に通じた。北周の武帝のとき、侍伯上士となり、門正上士に転じた。 580年、楊堅が丞相となると、北周の陳王宇文純が斉州に駐屯していたので、楊堅は宇文純が乱を起こすのを恐れて、崔彭を派遣して、宇文純を召しだし入朝させようとした。崔彭は病といつわって斉州から30里の伝舎にとどまり、宇文純に使者を送って足を運ぶよう求めた。宇文純は異変をおそれて、多くの従騎を引き連れて崔彭のところにおもむいた。崔彭は伝舎で出迎えたが、宇文純に疑いの色があるのを察すると、言葉たくみに騙して宇文純と従騎を引き離し、宇文純を拘束した。その後に宇文純の有罪を宣告して、従者たちを恫喝すると、従者たちは恐れて引き下がった。崔彭は楊堅の賞賛を受け、上儀同に任ぜられた。 581年、隋が建国されると、監門郎将に転じ、右衛長史を兼ね、安陽県男の爵位を受けた。数年後、車騎将軍となった。まもなく驃騎将軍に転じ、宿衛をつかさどった。20年あまりにわたって文帝(楊堅)を護衛して、謹直につとめたので、文帝も「卿がつとめに当たる日は、わたしも安心して眠れる」と評価した。後に上開府の位を加えられ、備身将軍に転じた。 文帝が突厥の達頭可汗の使者を武徳殿に招いて宴を催したとき、ハトが梁の上で鳴いていた。文帝が崔彭に射るよう命じると、崔彭は美事に射当ててみせた。使者が帰国すると、可汗はまた使者を派遣して崔彭を招きたいと申し出たので、文帝が許可して崔彭は突厥の地に派遣された。可汗は突厥の地で弓射を得意とする者数十人を集め、野に肉を投げ捨てて鳶を集めて、弓射を得意とする者たちに射させたが、多くは当てることができなかった。崔彭に射させると、崔彭は数発の矢を放ち、一矢ごとに鳶を射落としてみせた。突厥の者たちも崔彭の腕前に感服した。可汗は崔彭を留めて帰国させようとせず、100日あまりして文帝が贈り物を可汗に届けると、ようやく帰国することができた。仁寿末年、崔彭の爵位は安陽県公に進んだ。 604年、煬帝が即位すると、崔彭は左領軍大将軍に転じた。洛陽への行幸に従い、後軍を監督した。ときに漢王楊諒の乱が平定されたばかりで、その残党が横行していたので、崔彭は数万の兵を率いて山東に向かって鎮圧にあたり、領慈州事をつとめた。しばらくして死去した。享年は63。大将軍の位を追贈され、諡を粛といった。 子の崔宝徳が後を嗣いだ。 伝記資料[編集]

Continue reading

シバリング – Wikipedia

シバリング(shivering)とは、身震いなど骨格筋に生じる不随意で小刻みな収縮[1]。 シバリングは非体温調節性シバリングと体温調節性シバリングに大別される[1]。2つを筋電図波形から区別することは難しいが、ともに薬物治療が効果的とされている[1]。 体温調節性シバリング[編集] 発生機序[編集] ヒトは恒温動物であり体温調節機構には行動性体温調節と自律性体温調節がある[1]。このうち自律性体温調節は核心温が低下したときに抹消血管収縮が起きて血流を中枢側へ移動させようとするもので、視床下部で調整されており、核心温がさらに低下すると骨格筋をランダムに収縮させて熱産生を増加させる[1][2][3]。 シバリングの原因の1つに、視床下部の温度低下がある。しかし、これが全身のシバリングを誘発する詳細な機序はいまだに明らかになっていない。 寒い時に口ががたがた震えることや、小便をすると一時的に体温が下がり身震いするのは体温の低下を防ぐためと考えられている。 風邪などで高温が出る直前に感じる戦慄感(悪寒戦慄)もシバリングの一種である。 影響[編集] シバリングは、全身の筋肉の小刻み(1分間に最大約200〜250回)な不随意運動(震え)によって、熱を産生させる生理的反応である。シバリングは、安静時に比べて最大で6倍の熱を産生できるとされている。しかし、長時間にわたりシバリングが続く場合には、熱産生は安静時の約2倍にとどまる。 シバリング発生時の酸素消費量は通常の少なくとも約2倍となる[1]。また、交感神経の緊張による眼圧や脳圧の上昇がみられる[1]。筋収縮を伴うため創部痛を強めてしまうことがある[1]。 非体温調節性シバリング[編集] 非体温性シバリングの原因には疼痛による振戦や局所麻酔中毒がある[1]。体温調節性シバリングと同様に薬物治療が効果的とされている[1]。 ^ a b c d e f

Continue reading

京都府警察 – Wikipedia

氏名 在任期間 前職 後職 井上康夫 大野武雄 -1965年(昭和40年)3月26日 近畿管区警察局長 守谷英太郎 1965年(昭和40年)3月26日-1967年(昭和42年)7月21日 千葉県警察本部長 関東管区警察局長 柏原及也 -1970年(昭和45年)7月11日 近畿管区警察局長 國島文彦 -1972年(昭和47年)7月17日 警察庁警務局人事課長 警視庁警務部長 相川孝

Continue reading
Exit mobile version