Warning: Use of undefined constant FS_CHMOD_DIR - assumed 'FS_CHMOD_DIR' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /var/www/html/jp/wiki25/wp-content/themes/donovan/inc/wptt-webfont-loader.php on line 447

オリンピックのベトナム選手団 – Wikipedia

表 話 編 歴 オリンピック選手団 夏季オリンピックの選手団 冬季オリンピックの選手団 冬季オリンピックの熱帯諸国 アフリカ アルジェリア • アンゴラ • ウガンダ • エジプト • エスワティニ • エチオピア • エリトリア • カーボベルデ • カメルーン • ガーナ • ガボン •

Continue reading

佐々木恒男 – Wikipedia

佐々木恒男(ささき つねお、1938年10月7日[1]- )は、日本の経営学者。商学博士(明治大学・論文博士・1985年)(学位論文「ファヨール経営学説の研究」)。青森公立大学名誉教授。 兵庫県宝塚市生まれ。中央大学第1法学部法律学科卒業、同大学大学院商学研究科博士課程中退。1985年「ファヨール経営学説の研究」で商学博士(明治大学)の学位を取得。 中央大学商学部助手、千葉商科大学講師、武蔵大学経済学部助教授・教授、日本大学教授、2001年青森公立大学教授、2003年学長[2]、2012年学長退任。名誉教授[3]。専門は、経営学原理、組織論、マネジメント論、経営学史。組織学会高宮賞受賞[4]。 『現代フランス経営学研究』文真堂 1981 『マネジメントとは何か』文真堂 1992 共編著[編集] 『現代経営学の基本問題』編著 文眞堂 1999 『経営・商学系大学院生のための論文作成ガイドブック』片岡信之,齊藤毅憲,高橋由明,渡辺峻共編著 文眞堂 2004 『大学教員の人事評価システム』齊藤毅憲,渡辺峻共編著 中央経済社 2006 『はじめて学ぶ人のための経営学 ver.2(第2版)』片岡信之,

Continue reading

フィデナエ – Wikipedia

フィデナエ(Fidenae)はラティウム北端、ローマの北方8キロメートルに位置するエトルリア人古代都市で、後にローマの都市となった。ローマからティベリス川に沿って走るサラリア街道上にある。ティベリス川はラティウムとエトルリアの国境となされていたが[1]、フィデナエがその左岸のラティウム側に建設されていることは、エトルリアのラティウムへの拡張を示している。ローマ以前の城壁都市は、現在はローマ市内となっているヴィラ・スパダ(it)の丘の上にあったと想定されるが、建物や城壁の痕跡も見ることは出来ない。ローマ以前の墓地が街の北側にある。ローマ時代の街は丘の東の麓にあり、フィデナエ元老院からマルクス・アウレリウス帝への奉献碑文がある集会所(クリア)が1889年に発掘されている。ローマ時代の建物の遺跡も見ることが出来る。 王政ローマとの紛争[編集] フィデナエはもともとエトルリア人が建設した都市であるが[2]、ローマとの国境近くに立地していたため、同じエトルリア人都市であるウェイイとローマの間で、何度も帰属が変わっている。 ローマの伝説では、紀元前8世紀、王政ローマの初代の王ロームルス(在位:紀元前753年 – 紀元前715年)にフィデナエもウェイイも敗北したとされる[3]。少し後の時代の記録としてティトゥス・リウィウスがウェイイはローマの植民都市と記述しているが、植民が行われたのはこの敗北の後のことと思われる[4]。 フィデナエとウェイイは、第三代の王トゥッルス・ホスティリウスの時代(在位:紀元前673年 – 紀元前641年)にも、再びローマに敗北している。 共和政ローマとの紛争[編集] ローマを追放された最後の王タルクィニウス・スペルブスは、紀元前509年、復位を目指してまずはエトルリア(おそらくウェイイ)に介入を求めたが失敗した。続いて、翌紀元前508年にはクルシウム(現在のキウージ)王ラルス・プルセナスの支援を求めた[5]。プルセナスは全エトルリアの王ともされ、ローマを包囲するが、講和して帰国した。 ハリカルナッソスのディオニュシオスによると、セクストゥス・タルクィニウス(最後の王タルクィニウス・スペルブスの子)によるルクレティアの陵辱が王政廃止のきっかけを作ったのであるが、彼はサビニに対して、ローマに王政を復活させるべきと説いた。紀元前505年、サビニ軍はサビニ人将軍の指揮官のもとローマに向かったが、簡単に敗北した。セクストゥスはサビニ軍は統制が取れていないとし、フィデナエおよびカメリアからの援軍を要請した。サビニはセクストゥスを反ローマ軍の総司令官とした。翌年には両者の対立がさらに高まり、フィデナエ近郊で戦いが生じた。セクストゥスは夜襲を実行したが、この計画は事前にもれており失敗し、サビニ軍は大敗した[6]。フィデナエは包囲され、数日後に降伏した。フィデナエの指導層は鞭打たれた後、ファスケスの斧で斬首された。フィデナエには守備兵が置かれたが、彼らにはフィデナエの土地が与えられた.[6]。 リウィウスもディオニュシオスも、後にアッピウス・クラウディウス・サビヌス・インレギッレンシス(クラウディウス氏族の創始者)と呼ばれることになるアッティウス・クラウススが、親族一同、500人の兵士およびクリエンテスと共にローマへ亡命したのはこの戦争中であると一致している。ローマはクラウディウスを元老院議員とし、アイノ川の北側の土地を与えた。ディオニュシオスによると、ローマはアイノ川北岸、フィデナエ周辺の土地も約束したが、そのためにはフィデナエに勝利する必要があった。記録は無いものの、クラウディウス氏族もローマ軍に加わってフィデナエと戦い、さらには守備兵に加わった可能性もある。 紀元前437年、ウェイイ王ラルス・トルミウス(en)が、ウェイイ、フィデナエ、ファルスキ(en)、カペナのエトルリア都市の連合軍を率いてローマに挑んだ。しかしトルミウスは一騎打ちで敗れて戦死し、連合軍は敗北した。 紀元前426年、ウェイイとフィデナエはまたもローマと戦う。リウィウスによると、フィデナエの反乱は七回目であった。ウェイイ・フィデナエは敗北し、フィデナエは破壊された。フィデナエ兵はローマに連行され、奴隷として競売された[7]。 競技場崩壊事故[編集] フィデナエはその後ローマの都市となったが、ローマ帝国時代の紀元27年に、アティリウスという解放奴隷が建設した、明らかに安普請の木造の円形闘技場(アンフィテアトルム)が崩壊するという事故が起こった。50,000人の観客のうち20,000 – 50,000が死亡もしくは負傷したとされる[8][9]。第2代皇帝ティベリウスは一度は剣闘士の闘技会を禁止していたが、禁止が解かれた直後の開催であったため、多くの観客が詰め掛けていたものと思われる。事故当時ティベリウス帝はカプリ島に居を移していたが、直ちにフィデナエの被災者の救援にかけつけた[10]。この悲劇のために元老院は400,000セステルティウス以下の資産しか所有しない者に剣闘士の闘技会を開催することを禁止し、さらに今後円形闘技場を建設する場合には強固な基礎工事を行うこと、またその検査を行うことを決定した。アッティルスは追放された[11]。 参考資料[編集]

Continue reading

黒川琴美 – Wikipedia

獲得メダル 日本 柔道 福岡国際 銅 1985 福岡 72kg級 アジア選手権 金 1985 東京 72kg級 黒川 琴美(くろかわ ことみ、1967年11月27日 – )は栃木県出身の日本の柔道家。現役時代は72kg級の選手[1][2]。 目次 1 人物 2

Continue reading

地域医療機能推進機構湯布院病院 – Wikipedia

独立行政法人地域医療機能推進機構湯布院病院(どくりつぎょうせいほうじんちいきいりょうきのうすいしんきこうゆふいんびょういん)は、大分県由布市湯布院町川南にある、地域医療機能推進機構が運営する病院である。略称は、JCHO湯布院病院(ジェイコーゆふいんびょういん)。 診療科目[編集] 医療機関の指定等[編集] 厚生労働省指定臨床研修病院(協力型)[2] 大分県指定大分県リハビリテーション支援センター 日本心身医学会認定医制度研修診療施設 日本肥満学会認定肥満症専門病院 日本心療内科学会専門医研修施設 日本整形外科学会専門医研修施設 日本血液学会認定血液研修施設 日本リウマチ学会教育施設 日本神経学会准教育施設 1962年(昭和37年)10月29日 – 厚生年金湯布院病院として開院(50床)[3]。 1964年(昭和39年)3月 – 病棟を増築し、100床となる。 1967年(昭和42年)3月 –

Continue reading

日向水力電気 – Wikipedia

日向水力電気株式会社(ひゅうがすいりょくでんきかぶしきがいしゃ)は、明治後期から昭和初期にかけて存在した日本の電力会社である。九州電力送配電管内にかつて存在した事業者の一つ。 宮崎市にあった電力会社で、同市を中心に宮崎県南部に電気を供給した。開業は1907年(明治40年)。1927年(昭和2年)に九州水力電気へ合併されるが、1931年(昭和6年)になって宮崎県における事業は同社系列の神都電気興業株式会社(しんとでんきこうぎょう)として独立する。ただし神都電気興業も1940年(昭和15年)に九州水力電気へ再吸収された。 日向水力電気の開業[編集] 1891年(明治24年)に熊本市における熊本電灯(後の熊本電気)の開業によって始まった九州地方の電気事業は、その後長崎や福岡などへと波及していき、1903年(明治36年)までに合計11の電気事業者が出現していた[3]。宮崎県においても1900年(明治33年)に電気事業起業の動きがあり、地元有志の柴岡晋[注釈 1]・大和田伝蔵[注釈 2]が中心となって日向商業銀行関係者の賛同を得て起業に着手した[4]。 発起人の柴岡・大和田らは宮崎県庁の技師らとともに電源となる水力発電に適した地点を探索し、その結果1901年(明治34年)11月に宮崎市の南方、清武川上流の、清武村大字船引字黒北(現・宮崎市清武町船引)を発電所の建設地に決定した[4]。しかし宮崎ではまだ電気事業がなく十分に認知されてもいない時代であったため、資金調達に難航した[4]。そこで1902年(明治35年)、当時全国各地で電灯会社の設立に関与していた京都の電気商才賀藤吉に支援を求め、翌1903年(明治36年)4月には柴岡と大和田が才賀のもとを直接訪ねて事業への参画を依頼する[4]。依頼を受けて才賀は宮崎を訪れ実地調査し、事業が有望と認めて事業への参加を承諾した[4]。 才賀という有力な支援者を得たものの、日露戦争の勃発で会社設立への動きは一時中断される[4]。戦後の1906年(明治39年)になって才賀と宮崎県側発起人の間で事業の共同経営に関する協定書が結ばれるに至り、株式の募集や水利権確保など会社設立準備が進んで同年5月15日にようやく宮崎にて日向水力電気株式会社の創立総会が開かれた[4]。当初の資本金は10万円で、その半額を才賀が出資していた[4]。社長には才賀が就き、柴岡晋は専務、大和田伝蔵は取締役となった[4]。なお1915年(大正4年)に才賀が死去した後は柴岡が社長に昇格している[5]。 設備調達と建設工事は才賀率いる才賀電機商会が引き受け、1906年6月より黒北発電所の建設に着手する[4]。同発電所にはフォイト製フランシス水車とAEG製三相交流発電機(出力200キロワット、周波数50ヘルツ)が据え付けられ、発電所から宮崎町内の配電所まで3,500ボルトで送電するという配電システムが構築された[4]。翌1907年(明治40年)8月、日向水力電気は宮崎町(1924年市制施行)とその周辺を供給区域として開業するに至る[4]。宮崎県で最初に開業した電気事業者であった[4]。 事業の拡大[編集] 日向水力電気の電灯数は開業直後1,780灯で、その後1908年には3,543灯まで増加し、さらに動力用電力の供給も始まった[4]。しかし1908年は渇水の影響で発電量が大幅に減少して電圧が低くなり、電灯が暗いとの批判の声が需要家から多数上がった[4]。この対策として予備電源の確保を急ぎ、1910年(明治43年)7月にガスエンジンによる出力120キロワットのガス力発電所を宮崎町内に新設している[4]。発電力の増加により電灯数は1911年(明治44年)に5,000灯を超え、以降も増加を続けた[4]。 1912年(明治45年)からは供給区域の拡大を推進し、まず開業前の霧島水電株式会社(1910年設立)から事業を買収した[4]。同社が許可を得ていた供給区域は西諸県郡小林村(現・小林市)などであった[6]。小林方面で供給を始めたのに続き、1917年(大正6年)7月には穂北電気株式会社を合併した[5]。同社は児湯郡下穂北村(現・西都市)の事業者で、1914年(大正3年)7月に開業[5]。児湯郡の一部や宮崎郡佐土原町(現・宮崎市)を供給区域としていた[5]。 供給面では、1915年3月に大淀川水系綾南川にて出力450キロワットの南発電所が送電を開始した[5]。ところが供給成績の伸びが著しく(1914年に電灯数1万1千灯であったものが1917年には2万4千灯へ)、当時4つの水力発電所、総出力818キロワット(ガス力発電所はすでに廃止)では供給力不足に陥り、1918年(大正7年)には配電線の新規延長工事を停止し、翌1919年(大正8年)3月には新規の申し込みを一切謝絶せざるを得なくなった[5]。需要急増の対策として延岡電気からの受電開始で急場をしのぐとともに、大淀川水系綾北川での発電所建設を急ぎ、1921年(大正10年)7月に出力1,600キロワットの北発電所を完成させた[5]。 1925年(大正14年)3月、さらに野尻水力電気株式会社から事業を買収した[5]。同社は1921年開業で、西諸県郡野尻村(現・小林市)などに供給していた小事業者であった[5]。翌1926年(大正15年)、日向水力電気の電灯数は10万灯を超え、電力供給も3,000馬力に迫る水準となった[5]。 九水との合併と独立[編集] 日向水力電気の所在地宮崎県は、1910年代後半以降、大淀川や耳川、五ヶ瀬川など有力な未開発水力地点が多数存在することから、有力電力会社や財閥による水利権取得申請が相次いだ[7]。ことに県北部を流れる五ヶ瀬川では政界を巻き込む水利権の争奪戦が展開された[7]。争奪戦の結果、福岡・長崎方面へ供給する東邦電力(旧・九州電灯鉄道)、大分・北九州方面へ供給する九州水力電気(九水)、それに三井系の電気化学工業(現・デンカ)と住友財閥の出資によって1925年(大正14年)に九州送電が発足[7]。同社の経営権は九州水力電気が掌握したことから[7]、同社は宮崎県進出を果たすこととなった[8]。 一方日向水力電気では、宮崎市における電灯市営化の問題に直面していた[8]。営業地盤である宮崎市の電灯事業が市営化されれば経営が困難となるため、日向水力電気は宮崎県へ進出してきた九州水力電気へ合併を要請する[8]。要請を受けて九州水力電気は合併を決定し、1927年(昭和2年)7月に合併を実施した[8]。合併時、日向水力電気の資本金は600万円[8]。社長は大和田市郎[注釈 3]であった[9]。合併で九州水力電気は宮崎市・宮崎郡・児湯郡・東諸県郡・西諸県郡にまたがる供給区域を引き継ぎ、宮崎市内に宮崎営業所を置いた[8]。なお、宮崎市における電灯市営化はその後も実現していない。 合併後、昭和金融恐慌・昭和恐慌を背景とする全国的な電気料金値下げ運動が九州地方にも波及し、九州の電力会社各社はその対応に迫られた[10]。九州水力電気区域では大分県・福岡県で値下げ運動が活発化したため、これへの対応として同社は1930年(昭和5年)4月に全社的な料金改定を当局へ申請した[10]。この改定では、定額灯の場合10ワット灯(8燭灯、月額55銭)が新規設定され、20ワット灯(16燭灯)や30ワット灯(24燭灯)は従来地域ごとに差があった料金が全社的に統一されることとなった[10]。新料金は全般的には値下げになったものの、宮崎県では反対で、20ワット灯は月額72銭から75銭(郡部のみ。市内料金は月額70銭へ値下げ)、30ワット灯は月額95銭から1円(郡部・市内同額)へそれぞれ若干の値上げとなる予定であった[10]。加えて電灯の引換料が有料化されるという問題もあった[10]。その結果、値上げ改定に反発した料金改定反対運動が発生し、九州水力電気は宮崎県での料金改定を見送らざるを得なくなった[10]。 その後九州水力電気では、主たる地盤である九州北部から離れた宮崎県では統一・画一的な経営は困難で、なおかつ宮崎には独特の風土があり地域に即した営業が必要であると判断するに至り、1930年6月、宮崎営業所の事業の分離独立を決定した[8]。

Continue reading

オリンピックのプエルトリコ選手団 – Wikipedia

表 話 編 歴 オリンピック選手団 夏季オリンピックの選手団 冬季オリンピックの選手団 冬季オリンピックの熱帯諸国 アフリカ アルジェリア • アンゴラ • ウガンダ • エジプト • エスワティニ • エチオピア • エリトリア • カーボベルデ • カメルーン • ガーナ • ガボン •

Continue reading

ブダペスト – ウーイサース – ソルノク線

ブダペスト – ウーイサース – ソルノク線(ハンガリー語: Budapest–Újszász–Szolnok-vasútvonal)は、ハンガリー国鉄の鉄道線の名称である。路線番号は120a。120号線のブダペスト近郊区間に相当し、ハンガリーとルーマニアを結ぶ役割を担っている。 特急(IC)[編集] 下記2系統に分かれる。 ブダペスト東駅 – ソルノク – レーケシュハーザ – アラド – ティミショアラ/ブラショフ/ブカレスト 2時間に1本の運行。 2020年以前は、一日6.5往復を除き、大部分が特急(O)として運行していた。 ブダペスト東駅

Continue reading