寺田三友紀 – Wikipedia

寺田 三友紀(てらだ みゆき、1987年1月6日 – )は、京都府京都市出身のハンドボール選手。日本ハンドボールリーグの北國銀行所属。

2009年に日本ハンドボールリーグの北國銀行へ加入。背番号は「1[1]

2012-13年シーズン限りで正GKの田代ひろみが現役を引退し、正GKへ昇格。2013-14年シーズンはリーグトップの阻止数(250)を記録し、シュート阻止率はリーグ2位の.460を記録した[2]

2014-15年シーズンはリーグ2位のシュート阻止率(.476)を記録[3]。初のベストセブンに選出された[4]

2015-16年シーズンも3年連続でリーグ2位のシュート阻止率(.513)を記録し[5]、2年連続でベストセブンに選出[6]。オムロンとのプレーオフ決勝では、.519(13/27)のシュート阻止率を記録し、最高殊勲選手賞に選ばれた。

2016-17年シーズンはリーグトップのシュート阻止率(.485)を記録し[7]、3年連続のベストセブンに選出された[8]

2017年の第16回女子アジア選手権で日本代表に選出[9]。同年の第7回全日本社会人ハンドボール選手権大会ではMVPを獲得した[10]。2017-18年シーズンは2年連続となるシュート阻止率賞(.512)を受賞し、4年連続でベストセブンに選ばれた[11]

2018年の第8回社会人選手権ではベストセブンに選出[12]。2018-19年シーズンは3年連続でシュート阻止率賞(.495)を受賞[13]

詳細情報[編集]

年度別成績[編集]

チーム 試合 FS
阻止
7m
阻止
2009-10 北國銀行 15 11/37 .297
2010-11 15 7/34 .206
2011-12 15 25/62 .403 4/21 .190
2012-13 15 37/64 .578 7/26 .269
2013-14 18 250/543 .460 6/26 .231
2014-15 18 227/477 .476 0/8 .000
2015-16 12 162/316 .513 3/5 .600
2016-17 18 245/505 .485 0/1 .000
2017-18 24 303/592 .512 0/2 .000
2018-19 24 284/574 .495 0/1 .000
JHL:10年 174 38/161 .236
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 2009-10年・2010-11年シーズンはシュート阻止数の公式記録がないため省略

JHLプレーオフ[編集]

タイトル・表彰[編集]

日本ハンドボールリーグ[編集]

  • 最高殊勲選手賞:1回 (2015年)
  • シュート阻止率賞:3回 (2016年・2017年・2018年)
  • ベストセブン賞:4回 (2014年・2015年・2016年・2017年)

社会人選手権[編集]

  • MVP:1回 (2017年)
  • ベストセブン:4回 (2014年・2016年・2018年・2019年)

記録[編集]

日本ハンドボールリーグ[編集]

背番号[編集]

日本代表[編集]

外部リンク[編集]