Category: wiki

完全トーティエント数 – Wikipedia

完全トーティエント数(かんぜんトーティエントすう、英: perfect totient number)、完全トーシェント数は、自然数のうち、以下の等式を満たす数 n である。 n=∑i=1c+1φi(n)=φ(n)+φ(φ(n))+φ(φ(φ(n)))+⋯+φ(φ(⋯(φ(φ⏞c+1(n)))⋯)){displaystyle n=sum _{i=1}^{c+1}varphi ^{i}(n)=varphi (n)+varphi (varphi (n))+varphi (varphi (varphi (n)))+cdots +overbrace {varphi (varphi (cdots

Continue reading

堀直恒 – Wikipedia

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。出典検索?: “堀直恒” – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2019年10月)   凡例 堀直恒 時代 江戸時代中期 生誕 元禄14年11月10日(1701年12月9日) 死没 享保15年12月10日(1731年1月17日) 別名 通称:万之助

Continue reading

がしんたれ – Wikipedia

『がしんたれ』は、菊田一夫による小説、及びそれを原作とした舞台化・ドラマ化作品である。 幼少時に養子にされて台湾で育ち、大阪・神戸で丁稚奉公をした菊田一夫の自伝的小説で、1958年から週刊朝日に連載され、1959年に光文社から単行本が刊行。「がしんたれ」とは大阪弁で意気地なしの意味。 1960年に芸術座で舞台化された他多数公演。芸術座では、菊田の少年時代を中山千夏が演じた[1]。 1963年にフジテレビでドラマ化され、1979年にも東海テレビでドラマ化された。 出版書誌[編集] 初出は、週刊朝日に1958年5月から1959年3月に連載。単行本は、光文社から1959年4月に発刊された。文庫本化は、角川文庫から1961年に発刊されたが、1990年代には絶版になっている。このため、古書市場では比較的高価に取引されている。 また、舞台化脚本「がしんたれ 青春篇」が『菊田一夫戯曲選集』全3巻(演劇出版社、1965.5~1967.5発刊)の第2巻に収録されている。 TVドラマ[編集] 1963年版[編集] 1963年7月3日 – 12月25日にフジテレビにて放送された[2]。放送時間は水曜22:15 – 22:45。 キャスト[編集] スタッフ[編集] 1979年版[編集] 1979年10月1日 –

Continue reading

ドラゴンスレイヤー英雄伝説 – Wikipedia

『ドラゴンスレイヤー英雄伝説』(ドラゴンスレイヤーえいゆうでんせつ、Dragon Slayer The Legend of Heroes)は、日本ファルコムが制作したコンピュータRPGゲームシリーズ、およびその第1作のタイトル。1作目となる『ドラゴンスレイヤー英雄伝説 (I) 』とその続編『ドラゴンスレイヤー英雄伝説II (II) 』の2作品がある。「ドラゴンスレイヤー(ドラスレ)シリーズ」の第6作目であり、「英雄伝説(英伝)シリーズ」の第1期にあたる。 シリーズ概要[編集] ドラゴンスレイヤーシリーズとして[編集] 木屋善夫がプロデュースした「ドラスレシリーズ」の6作目に当たるが、当初は『ドラゴンスレイヤーVI』となるところを「VI」の文字を外すというコピーで発売している。ただしMSX2版では起動時に「6」が表示されているなど、完全には統一されていない。 それまでの「ドラゴンスレイヤーシリーズ」におけるリアルタイム・アクション系のゲームスタイルから一転して、『ドラゴンクエスト』のようなストーリーを重視した展開とコマンド選択型によるゲーム進行に変更された。 木屋の退社により、「ドラスレシリーズ」が解体された後は「ドラゴンスレイヤー」を冠さずに『新 英雄伝説』・『英雄伝説I・II』の名称でリメイクや移植が行なわれている。 英雄伝説シリーズとして[編集] 『英雄伝説シリーズ』の第1期に当たり、その舞台から「イセルハーサ編」と呼ばれる。ただし、『英雄伝説』が『ドラスレ』から独立したシリーズとして確立するのは、『英雄伝説III 白き魔女』から始まる第2期『ガガーブトリロジー』の発売によるものであり、「イセルハーサ編」という名称も後から使用されたものである。 「英雄伝説シリーズ」の元祖としては「コマンド選択型のRPG」であることが以降の作品に引き継がれているが、前述の通り『III』以降で確立したシリーズであるため、シリーズとしての特徴も『III』以降で確立したものが多い。

Continue reading

セーチェーニ・イシュトヴァーン – Wikipedia

セーチェーニ・イシュトヴァーン セーチェーニ鎖橋 セーチェーニ・イシュトヴァーン(Széchenyi István [ˈse̝ːʧe̝ːɲiˌiʃtvɑ̈ːn], 1791年9月21日 – 1860年4月8日)は、19世紀前半に活躍したハンガリーの自由主義貴族。政治家。ブダペストを代表する観光名所であるセーチェーニ鎖橋は、彼の名をとって付けられたものである。息子はセーチェーニ・ベーラ(Széchenyi Béla)とセーチェーニ・エデン(Széchenyi Ödön)ら。 目次 1 生涯 2 脚注 3 参考文献 4 関連項目 国立セーチェーニ図書館の生みの親として知られているセーチェーニ・フェレンツ伯の3男として生まれた。彼の家庭はハンガリー語が日常語ではなく、ドイツ語を使用していた[1]。

Continue reading

立教神伝 – Wikipedia

金光教では、以下の神示を受けた日を立教の日とし、この神示を立教神伝(りっきょうしんでん)と称している。 安政6年(金光教祖 46歳、西暦1859年)10月21日の神示、このときの金光教祖の神号は金子大明神である。 その内容は 「この幣切り境に肥灰(農業)さしとめるから、その分に承知してくれ。外家業はいたし、農業へ出、人が願い出、呼びに来、もどり。願いがすみ、また農へ出、またも呼びに来。農業する間もなし、来た人も待ち、両方のさしつかえに相成り。なんと家業やめてくれんか。其方四十二歳の年には、病気で医師も手を放し、心配いたし、神仏願い、おかげで全快いたし。その時死んだと思うて欲を放して、天地金乃神を助けてくれ。家内も後家になったと思うてくれ。後家よりまし、もの言われ相談もなり。子供連れてぼとぼと農業しおってくれ。此方のように実意丁寧神信心いたしおる氏子が、世間になんぼうも難儀な氏子あり、取次ぎ助けてやってくれ。神も助かり、氏子も立ち行き。氏子あっての神、神あっての氏子、末々繁盛いたし、親にかかり子にかかり、あいよかけよで立ち行き」 である。 なお、太陽暦換算の11月15日に、金光教本部では立教記念式が行われている。

Continue reading

セブンリーグ – Wikipedia

セブンリーグ(SEVEN LEAGUE)は、1995年に山佐が開発・販売したパチスロ機である。 山佐にとってはダイバーズXXに続く4号機第3弾であるこの機種は、ビッグボーナスとシングルボーナスの集中を搭載したA-Cタイプである。 ゲーム性はA-Cタイプであるが、集中はパンク確率が設定1では21分の1、設定6でも38分の1と高くロング継続は期待できない。その代わりビッグボーナス確率は設定1でも252分の1、設定4以上は約241分の1と高く、当時山佐はこの機種のことを「AA-C」タイプ(ビッグボーナス主体のCタイプという意味)として宣伝していた。 ビッグ確率は設定差がさほどないものの、集中の確率は大きく開きがある(設定1が819分の1、設定6が241分の1)。レギュラーボーナスが搭載されていないため、集中役でしのぎつつビッグボーナスに期待するゲーム性である。 ビッグボーナス絵柄には7と緑色の怪獣で名前は「パーキー君」。キーパーの格好をしている。 リーチ目はボーナス絵柄を主体とする山佐パターンで構成されている。レギュラーボーナスが無いためリーチ目出現=ビッグボーナス確定である。 左リールにはチェリーの形に似た「シューズ」が0枚役として存在し、これがこれまでのパルサーシリーズでいうチェリーの働きをした。チェリー付きリーチ目は本来ならボーナス成立後でないと出現しないが、この機種では0枚役なので即出現することもある。 集中役に関してはリーチ目や告知がない。また、パンク確率が高い。 本物のチェリーも存在するが、引き込み率の関係で抽選確率が低い(約241分の1)。左リールにはボーナス絵柄から離れた位置で2連の形で配置してある。3枚がけでは絶対に2連チェリーが枠内に停止することはないため、成立した場合は必ず角チェリー(4枚)で停止する。 7枚役のホーンはビッグボーナス中は10枚役に変化する。このように通常時とボーナス中で獲得枚数が違うというのはこの機種が最初である。 基本的に適当押しで構わないが、ハサミ打ちなど中リールを最後に押す場合や中段にシングルを揃える時に、1ヶ所だけ取りこぼす位置がある。 ボーナス確率・機械割[編集] 設定 BIG 集中 パンク 機械割  1 1/252.06

Continue reading

成城警察署 – Wikipedia

成城警察署(せいじょうけいさつしょ)は、日本の東京都にある警視庁が管轄する大規模警察署の一つである。第三方面本部所属。署長の階級は警視。 世田谷区の西部を管轄しており、管轄区域が多摩川を挟んで神奈川県川崎市と隣接している。世田谷区内の警察署のうち最も広い範囲を担当している。 署員数およそ450名、識別章所属表示はOF。 東京都世田谷区千歳台三丁目19番1号 管轄区域[編集] 世田谷区のうち、北沢地域の一部(桜上水の全域)と、烏山地域・砧地域の各町丁の全部を管轄。 桜上水一・二・三・四・五丁目 上北沢一・二・三・四・五丁目 八幡山一・二・三丁目 粕谷一・二・三・四丁目 上祖師谷一・二・三・四・五・六・七丁目 給田一・二・三・四・五丁目 南烏山一・二・三・四・五・六丁目 北烏山一・二・三・四・五・六・七・八・九丁目 船橋一・二・三・四・五・六・七丁目 千歳台一・二・三・四・五・六丁目 祖師谷一・二・三・四・五・六丁目 成城一・二・三・四・五・六・七・八・九丁目 喜多見一・二・三・四・五・六・七・八・九丁目 宇奈根一・二・三丁目

Continue reading

ドニャアナ郡 (ニューメキシコ州) – Wikipedia

ドニャアナ郡 (ドニャアナぐん、英: Doña Ana County) はアメリカ合衆国ニューメキシコ州にある郡。2000年の人口は174,682人で、郡庁所在地はラスクルーセスで、郡で最大の都市であり、ニューメキシコ州の2番目に大きい都市である。 総面積は9,880 km² (3,815 mi²)。陸地面積は9,861 km² (3,807 mi²) で、水面積は19 km² (7 mi²) で全体の0.20%である。郡にははっきりした地理的特徴があり、リオグランデ川の氾濫原であるメシラ・バレー (Mesilla Valley)

Continue reading

ダニエル・ダングラス・ホーム – Wikipedia

ダニエル・ダングラス・ホーム ダニエル・ダングラス・ヒューム(ホーム)(Daniel Dunglas Home, 1833年3月20日 – 1886年6月21日)は、著名な霊媒。 スコットランド、エディンバラ生まれ。幼少時から霊能力があり、また結核にかかっていた。 近代以降でもっとも強力な物理霊媒であり、生涯一度もイカサマだという証拠を掴まれたことはなく、部屋の暗さや静けさなども問題にしなかった。現象が起きないときも平然としており、慌てたりごまかそうとするようなことはなかった。 彼の心霊現象を見た者は桁はずれに多く、さまざまな王室の人々や著名人を含む。またウィリアム・クルックスのような研究者の調査にも快く応じている。それでもヒュームを詐欺師として非難する者は多かった。 物理的現象は非常に数多く報告され、スケールが大きい。空中浮遊、身長が30センチ近くも伸びること(脚や腕などもそれぞれ伸びた)、真っ赤に燃える石炭で顔を洗ってみせたり、同席した者にも同じように触れさせること、テーブルやソファなどの重い家具が動くこと、叩音やさまざまな音、匂い、楽器の演奏、手が現れて出席者と握手したり品物を運んだり楽器を演奏したりとさまざまな動作をすること、光や火球が飛ぶこと、部屋が地震のように激しく振動すること、霊の全身が物質化して出席者に見られること、入神して(知らない言語でも)喋ること、霊の姿を見て会話すること、等々である。 通信内容に関しては他の一般的な霊媒とそれほど際立った違いはなく、同時代のアンドリュー・ジャクソン・デイヴィスやウィリアム・ステイントン・モーゼスなどのように一貫した思想を伝えることはなかった。 性格は穏やかで紳士的、禁欲的だった。傑出した人格者というわけではなかったらしいが、経済的に逼迫したときにも、心霊現象を見世物にしたり、相談に乗って直接金儲けをしたことは一度もなかった。機会があれば一般人にも現象を無料で見せていたという。 1833年 誕生。幼少時、子供のない叔母一家に引き取られる。 1842年 叔母一家と9歳で渡米。母の一家も移住した。 1850年 母の死去の後に霊媒能力が強烈になり、引き取られた叔母一家に疎んじられる。 1851年

Continue reading
Exit mobile version