髙橋美鈴 – Wikipedia

たかはし みすず

髙橋 美鈴

プロフィール
出身地 日本の旗 日本 北海道室蘭市
生年月日 (1971-11-25) 1971年11月25日(50歳)
最終学歴 東京大学教育学部卒業
勤務局 NHK東京アナウンス室
部署 東京アナウンス室
職歴 札幌→東京アナウンス室→札幌→東京アナウンス室→甲府→東京アナウンス室
活動期間 1994年 –
ジャンル ニュース、アナウンス統括など
公式サイト NHK
出演番組・活動
出演中 本文参照
出演経歴 本文参照
アナウンサー: テンプレート – カテゴリ

髙橋 美鈴(たかはし みすず、1971年11月25日 – )は、NHKのアナウンサー。

北海道室蘭栄高等学校(高校の同期にはNHKでは後輩アナにあたる堀伸浩がいる)を経て東京大学教育学部卒業後、1994年入局[1]

現在の出演番組[編集]

過去の出演番組[編集]

札幌放送局時代(1度目)
  • 北海道のニュース・中継・リポート
  • 情報プリズム北海道
東京アナウンス室時代(1度目)
  • 首都圏いきいきワイド (2000年4月~2002年3月)
  • 首都圏ネットワーク (2000年8月8日~18日) – 桜井洋子の夏季休暇に伴う代理
  • NHKニュースおはよう日本 (2002年4月~2006年3月)- 平日7~8時台メインキャスター
  • NHKスペシャル ドキュメント北朝鮮 – ナレーション
    • 第1集 「個人崇拝への道」(2006年4月2日)
    • 第2集 「隠された”世襲”」(2006年4月3日)
    • 第3集 「核をめぐる戦慄(せんりつ)」(2006年4月4日)
  • ハイビジョンスペシャル パプアニューギニア 新種発見の海に潜る (2006年、BShi) – 語り
  • 双方向ライブ にっぽんのマジョリティー
  • クイズモンスター(2007年4月~2008年3月)
  • 日本の伝統芸能(2007年4月~2008年3月)
  • N響アワー(司会、2006年4月~2008年3月)
  • 美の壺 – ナレーション
  • 芸能花舞台 – 司会
  • 芸術劇場 古典芸能枠 – 司会
  • 日本の伝統芸能 – 司会
  • ETV特集「日本と朝鮮半島2千年」- ナレーション、不定期
  • NHKとっておきサンデー(2011年4月~2012年8月)- 司会
  • 新日本風土記(2011年4月~2013年3月)- ナレーション
  • ETV特集(2012年4月~2013年3月)- ナレーション
  • もういちど、日本 – ナレーション
札幌放送局時代(2度目)
  • NHKニュースおはよう北海道 (2013年4月~2017年3月)
  • 地方発 ドキュメンタリー – ナレーション
    • 兄は スパイ じゃない! 北大生の妹73年の苦闘(2014年7月14日)
    • 生きた証を届ける! 北海道 遺品整理士の日々(2014年12月15日)
  • 目撃!日本列島 ことばで人を癒す~涙と笑顔の診療室~(2014年11月8日)
  • 戦後史証言PROJECT 日本人は何をめざしてきたのか 未来への選択 第1回 高齢化社会 医療はどう向き合ってきたのか(ナレーション、2015年7月4日)
  • ふたりの贖罪(2016年8月15日)- ナレーション
  • さわやか自然百景 (2014年7月27日「雨竜沼湿原 初夏」~2017年3月) – ナレーション
  • 究極ガイドTV 2時間でまわるモン・サン・ミシェル(2017年8月11日)- 語り
  • NHKスペシャル『緊急報告 北海道激震』(2018年9月9日)
  • ツタンカーメンの秘宝 – ナレーション
    • 第1集「黄金のファラオ」(2018年12月26日)
    • 第2集「ファラオの愛と死」(2019年5月4日)
    • 第3集「三千年の封印を解け」(2019年5月5日) 
  • NHKニューイヤーオペラコンサート (2015年~2017年の1月3日、 石丸幹二と共に司会を担当)
東京アナウンス室時代(2度目) 
  • 日曜美術館(2017年4月3日 ~2019年3月31日)- 司会
  • NHKニューイヤーオペラコンサート(2018年~2019年の1月3日 司会 ※2018年度は井上芳雄と、2019年度は高橋克典と担当)
甲府放送局時代
  • 山梨県内のニュース
  • アナウンス統括
  • 甲府局制作番組の編責

同期のアナウンサー[編集]

久保純子、小田切千、三上弥、石井麻由子、坂梨哲士、三橋大樹、品田絵美 ほか

  1. ^ 室蘭民報ニュース 2016年4月8日朝刊

外部リンク[編集]