最強武将伝 三国演義 – Wikipedia

最強武将伝 三国演義』(さいきょうぶしょうでん さんごくえんぎ)は、中国四大奇書の一つである羅貫中作の通俗歴史小説『三国演義』のテレビアニメ化作品である。全52話。

日本では2010年4月4日から2011年3月27日まで毎週日曜朝9:30 – 10:00(JST)にテレビ大阪・テレビ東京ほかTXNネット各局で放送された。

テレビアニメ版『三国演義』は中華人民共和国のアニメ製作会社北京輝煌動画と日本の映像企画制作企業フューチャー・プラネット株式会社(Future Planet Co.)の合作。製作期間に4年を費やし、製作費用は日本円にして約7億円。

各話25分の全52話構成であり、第7話までが中国中央電視台(CCTV)の子供向けチャンネル(中国中央電視台少児頻道)で先行放送され、2009年8月から中国中央電視台のテレビドラマチャンネル(中国中央電視台電視劇頻道)より本格放送開始。中華圏だけでなくアメリカ合衆国や韓国など欧米・アジア諸国の各企業も放送権の取得を希望している。

三国志の映像化作品は赤壁の戦いを一つの区切りとするものが多いが、本作は晋による統一までを描く。そのため例えば第1話では、貂蝉が王允の養子となるまでの経緯を乱世の描写と絡めて丁寧に描く一方で、桃園の誓いから黄巾の乱討伐、張飛の督郵打擲のくだりまでを一気に描くなど、全体にスピードが速い。赤壁の戦いなど数話に渡り描写されるエピソードがある一方、ナレーションで済ませるなど省略・短縮されたエピソードも多くある。日本語吹き替え版では分かりやすさを優先してか、登場人物は劇中でも姓と諱で呼ばれている。

北京輝煌動画公司とフューチャー・プラネットの他に、日本の大手玩具メーカーであるタカラトミーも製作費用を出資しており、同社から本作品に関するフィギュアやカードゲームといったグッズ類が輸入販売されている[1]

この作品を収録したDVD版もあり、セル版は全13巻で木製専用ケース(box)付きが日本コロムビアから販売され、レンタル版は全13巻が販売された。
[2]

製作スタッフ[編集]

  • 原作 – 羅貫中
  • 総企画 – 胡恩、孫玉勝、李建、李挺、朱彤
  • 企画 – 汪国輝、李央、王英、石畑俊三郎、周鳳英、佐藤慶太
  • チーフプロデューサー – 周鳳英、石畑俊三郎(中国語版)→佐藤慶太(日本語版)
  • エグゼクティブ・プロデューサー – 顧鵬、黒木健一、金光国、李永喜、薛雅安、史書魁
  • チーフプロデュース – 焦利
  • プロデュース – 余培侠、高建民、張曉海、張海潮
  • 顧問 – 劉世徳、閻善春、張晶
  • シリーズ構成 – 王大為
  • 脚本 – 王鵬、張泉、鄒健、涂曉晴、馬雪蓮、何輝、戴傑
  • キャラクターデザイン – 陳聯運
  • 美術監督 – 兪臻彦
  • 芸術監督 – 銭運達
  • 音響監督 – 王継華
  • 音楽 – 張浚鵬
  • 編集 – 張志敏
  • クリエイティブ・ディレクター – 張海潮、周鳳英
  • 絵コンテ – 前園文夫、寺田和男、大原実、三浦陽、福冨博、増田敏彦、津田義三、朱敏
  • 演出 – 朱敏、沈壽林
  • 総監督 – 朱敏、沈壽林、大賀俊二
  • アニメーション制作 – 北京輝煌動画、フューチャー・プラネット
  • 製作 – 中国中央電視台少児頻道、北京輝煌動画、フューチャー・プラネット、央視動画、タカラトミー
  • 日本語版スタッフ
    • 企画 – 西國晃(フォーサム)
    • エグゼクティブプロデューサー – 佐藤慶太(タカラトミー)、堀義貴(ホリプロ)、田村明彦(テレビ東京)
    • プロデューサー – 森岡宣喜→竹島智也(テレビ大阪)、渡辺和哉(読売広告社)、本田浩司(フォーサム)
    • スーパーバイザー – 大賀俊二
    • 音響監督 – 麦島哲也
    • 日本語版制作 – テレビ大阪、フォーサム
    • 日本語版製作 – タカラトミー、ホリプロ、テレビ東京
    • 製作・著作 – GAC[3]、タカラトミー

日本語版[編集]

2009年3月開催の「東京国際アニメフェア2009」に出展され、劉備、関羽、張飛など登場人物の中国語の音声に日本語の字幕が付いたプロモーション映像が公開された。当初、同年10月からNHKで放送予定だったが諸般の事情で実現できず、ホリプロに企画を持ち込んだという経緯がある。[要出典]

2010年3月に日本語版の放送が正式決定し、番組の発表会見が行われた。この場において日本では“ ホリプロ50周年記念番組[4]として、ホリプロに所属する俳優・タレントが主要な登場人物の声とナレーションほか、作品中に登場する人物の半分程を担当する事が公表された。

本作の放送に伴い、この枠で放送されていた『ジュエルペット』シリーズはテレビ東京製作のローカルセールス枠へ移動した。また、『魔法のステージ ファンシーララ』以来約13年間に渡り続いた、同枠におけるTVO制作全国ネットのアニメ番組は本作品を以て終了となり、2020年4月に『トミカ絆合体 アースグランナー』が開始されるまでの9年間休止されることになった。

キャスト[編集]

登場順に掲載されているエンディングクレジットの順に記載する。

文丑(ぶんちゅう)簡体字表記=文醜

配役不明

主題歌[編集]

オープニングテーマ[編集]

「風の会話」
作詞 – 阿久悠 / 作曲 – 鈴木キサブロー / 編曲 – 山下康介 / 歌 – ささきいさお(コロムビアミュージックエンタテインメント[5]
阿久悠が生前に執筆した歌詞集『書き下ろし歌謡曲』に収録された歌詞に曲を付け、歌として完成させたもの。第1話 – 第26話は1番、第27話 – 第52話は2番の歌詞を使用。

エンディングテーマ[編集]

「愛は降る星のごとく」(第1話 – 第26話)
作詞 – 岩里祐穂 / 作曲・編曲 – 鷺巣詩郎 / 歌 – May’n(flying DOG)
「ユラリユララ」(第27話 – 第52話)
作詞・作曲・編曲・歌 – 中島卓偉(アップフロントワークス) / 弦編曲 – 菊谷知樹
第43話からアレンジがマイナーチェンジされた。

各話リスト[編集]

話数 放送日 サブタイトル 原題
第1話 2010年
4月4日
桃園の誓い 桃園三結義
第2話 4月11日 漢王室の風雲 董卓進京
第3話 4月18日 董卓討伐軍 三英戦呂布
第4話 4月25日 悲しき策略 王允的連環計
第5話 5月2日 董卓の最期 鳳儀亭
第6話 5月9日 曹操の野望 陶謙譲徐州
第7話 5月16日 呂布と劉備 曹操移駕許都
第8話 5月23日 駆虎呑狼の計 呂布轅門射戟
第9話 5月30日 宛城の戦い 曹操戦宛城
第10話 6月6日 堕ちた英雄 白門楼
第11話 6月13日 英雄の資格 煮酒論英雄
第12話 6月20日 三つの条件 関羽約三事
第13話 6月27日 五関突破 千里走単騎
第14話 7月4日 古城の再会 古城会
第15話 7月11日 官渡の戦い(前編) 官渡之戦 (上)
第16話 7月18日 官渡の戦い(後編) 官渡之戦 (下)
第17話 7月25日 三顧の礼 劉備三顧茅廬
第18話 8月1日 軍師・孔明登場 孔明出山
第19話 8月8日 一騎当千 単騎救阿闘
第20話 8月15日 長坂坡の戦い 長坂坡
第21話 8月22日 赤壁・孔明の舌戦 孔明舌戦群儒
第22話 8月29日 赤壁・周瑜の陰謀 群英会
第23話 9月5日 赤壁・十万本の矢 草船借箭
第24話 9月12日 赤壁・苦肉の計 苦肉計
第25話 9月19日 赤壁・東の風 借東風
第26話 9月26日 赤壁・勝敗決す 火焼赤壁
第27話 10月3日 南郡進攻 智取南郡
第28話 10月10日 劉備の結婚(前編) 甘露寺 (上)
第29話 10月17日 劉備の結婚(後編) 甘露寺 (下)
第30話 10月24日 周瑜の死 臥龍吊喪
第31話 10月31日 馬超起つ 馬超起兵
第32話 11月07日 張松の地図 張松献図
第33話 11月14日 劉備、蜀に入る 劉備入川
第34話 11月21日 武将・厳顔 義釋厳顔
第35話 11月28日 陰謀の宴 単刀赴会
第36話 12月5日 定軍山の戦い 定軍山
第37話 12月12日 漢中王・劉備 関羽戦龐徳
第38話 12月19日 関羽死す! 走麦城
第39話 12月26日 三国鼎立 火焼連営
第40話 2011年
1月2日
劉備の遺言 白帝城
第41話 1月9日 南蛮王・孟獲 七擒孟獲 (上)
第42話 1月16日 猛獣部隊 七擒孟獲 (中)
第43話 1月23日 南蛮平定 七擒孟獲 (下)
第44話 1月30日 北伐開始 出師北伐
第45話 2月6日 智将・姜維 收姜維
第46話 2月13日 空蝉の城 空城計
第47話 2月20日 諸葛亮対司馬懿 斗智祁山
第48話 2月27日 妖怪の兵士 諸葛粧神
第49話 3月6日 六度目の進軍 六出祁山
第50話 3月13日 五丈原の風 五丈原
第51話 3月20日 司馬懿の反乱 政帰司馬氏
第52話 3月27日 つわもの達よ 三国帰晋

放送局[編集]

テレビ東京では2010年10月から木曜3:45より再放送されていた(第19話から字幕放送付き)。

参考資料[編集]

ニュースサイト

外部リンク[編集]