佐々木幹夫 – Wikipedia

ささき みきお

佐々木 幹夫

生誕 (1937-10-08) 1937年10月8日(84歳)
東京都出身
国籍 日本の旗 日本
出身校 早稲田大学理工学部卒業
職業 三菱商事相談役
団体 公益財団法人日印協会理事・副会長
財団法人交流協会評議員議長
一般社団法人日韓経済協会会長
受賞 旭日大綬章

佐々木 幹夫(ささき みきお、1937年10月8日 – )は日本の実業家。東京都出身。三菱商事相談役、公益財団法人日印協会理事・副会長[1]、財団法人交流協会評議員議長、元日本貿易会会長、元日本経済団体連合会副会長。静嘉堂文庫理事長[2]。一般社団法人日韓経済協会会長[3]

1998年より三菱商事社長を務める。同社のビジネスモデルを従前のトレーダー型から、事業会社に対し直接資本注入を行う事業投資型へと転換させた。2009年度から義務付けられた役員報酬開示制度では、2億3000万円の役員報酬を受けたことが公表された。2011年秋の叙勲において旭日大綬章を受章。
2019年1月韓国政府 佐々木幹夫・日韓経済協会会長への修交勲章授与を検討
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190110-00000012-yonh-kr

  • 1960年 – 早稲田大学理工学部卒業と同時に三菱商事入社
  • 1992年 – 同社取締役
  • 1994年 – 同社常務取締役
  • 1998年4月1日 – 同社取締役社長
  • 2004年 – 同社取締役会長
  • 2004年 – 日興コーディアルグループ取締役
  • 2006年 – イオン取締役
  • 2006年 – 三菱電機取締役、報酬委員
  • 2007年 – 日本経済団体連合会副会長
  • 2010年 – 三菱商事相談役
  • 2010年 – 日韓経済協会会長
  • 2010年 – 日韓産業技術協力財団理事長
  • 2014年 – 日韓交流おまつり日本側実行委員長
  • 2016年 – 日本ウズベキスタン経済委員会会長[4]

他に、三菱自動車工業社外取締役、国際商業会議所日本委員会会長などを務める。

  • 2001年 – 「千と千尋の神隠し」
  • 2002年 – 「猫の恩返し」
  • 2004年 – 「イノセンス」、「ハウルの動く城」
[脚注の使い方]
  1. ^ 日印協会役員等一覧”. 公益財団法人日印協会. 2014年4月4日閲覧。
  2. ^ 静嘉堂について”. 公益財団法人 静嘉堂. 2018年11月3日閲覧。
  3. ^ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190327-00000006-cnippou-kr
  4. ^ 日本ウズベキスタン経済委員会一般社団法人 ロシアNIS貿易会
先代:
宮原賢次
日本貿易会会長
第7代:2004年 – 2008年
次代:
勝俣宣夫
先代:
服部禮次郎
中東調査会会長
第7代: 2008年 –
次代:
先代:
中原秀人
日本ウズベキスタン経済委員会会長
第6代: 2016年 –
次代: