松下優也 – Wikipedia

松下優也
Yuya Matsushita at Fanime 2011 Opening Ceremony.jpg
基本情報
生誕 (1990-05-24) 1990年5月24日(31歳)
出身地 日本の旗 日本・兵庫県西宮市
ジャンル J-POP、R&B、ダンス
職業 歌手、俳優、ダンサー、ラッパー
活動期間 2008年 –
レーベル エピックレコードジャパン (2008 – 2012)
Japanese Dream Records (2013 – )
XVISION (2015 – 2020)
J.E.T.MUSIC(2020 – )
インペリアルレコード(2020 -)
事務所 CALESS Co. Ltd.( -2020)
株式会社プロデュースNOTE(2020 – 2022)
Mars Art(2022 – )
公式サイト https://yuyamatsushita.com/

松下 優也(まつした ゆうや、1990年5月24日[1] – )は、日本の歌手、俳優。音楽グループX4の元メンバー(2015年 – 2020年)。兵庫県西宮市出身[2]。現在音楽活動はYOUYAとしてソロで行っている。身長180cm[1]

母子家庭に育つ[3]。演歌好きの祖父母の影響で幼い頃から歌は好きだったが、小学6年生の12歳の時、『紅白歌合戦』にw-inds.が出ているのを見て「自分も歌って踊る人になりたい」と思い、オーディション雑誌を買い、スクールを探した[3]

中学3年生の時にNYへ単身渡米する[2]。中学卒業[3]後は高校には進学せず[4]、音楽の勉強に専念する[2]

EXILE・柴咲コウ・CHEMISTRYなどヒット曲を手掛けるJin Nakamuraに見出され、2008年1月、エピックレコーズと契約し[2]、11月26日にシングル「foolish foolish」でソロデビュー[1]。2009年に映画『悲しいボーイフレンド』で俳優デビュー[5]。2011年12月、東京国立代々木第一体育館で開催された『マイケル・ジャクソン トリビュート・ライブ』のソング・ステージにアーティストとして最年少出演した[1]

2014年12月28日、『YUYA MATSUSHITA LIVE TOUR 2014 〜6th ANNIVERSARY LIVE〜』のラストである渋谷公演にて、松下優也としての活動の無期限休止、また2015年3月20日よりX4のYUYAとして活動をスタートさせることを発表。

2016年NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』に岩佐栄輔役として出演。出演が終了すると、「栄輔ロス」との声もあがった。[6]

2020年3月31日、X4解散[7]

2020年4月、所属レーベルであった株式会社テイチクエンタテインメントとは契約満了となり、所属事務所の有限会社キャレスインターナショナルからは独立。新たな公式ファンクラブサイトをOPENさせた。[8][9]

2020年10月、アーティストネーム「YOUYA」として音楽活動再開を発表[10]。11月に1stシングル「Ghost」をリリース。[11][12]

2022年3月1日、自身の個人事務所「Mars Art」立ち上げ[13]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 最高位 備考
1st 2008年11月26日 foolish foolish 57位
2nd 2009年1月28日 LAST SNOW 79位
3rd 2009年8月26日 Honesty/願いがかなうなら… 55位
4th 2010年2月17日 Trust Me 10位
5th 2010年5月5日 YOU 18位
6th 2010年8月25日 Bird/4 Seasons 18位
7th 2011年2月2日 Paradise 13位
8th 2011年5月4日 Naturally 9位
9th 2011年8月24日 SUPER DRIVE 15位
10th 2012年1月25日 キミへのラブソング〜10年先も〜 8位
11th 2012年8月29日 SEE YOU 28位
12th 2013年7月31日 SWEET LOVE 配信シングル
13th 2014年2月22日 She’s A Liar 配信シングル
14th 2014年4月25日 Slow Dancin’ 配信シングル
15th 2014年9月27日 Eternal now 配信シングル
16th 2014年10月18日 Whisper My Name 配信シングル
17th 2018年9月27日 King Ü-Wingy 配信シングル

フルアルバム[編集]

発売日 タイトル
1st 2010年6月2日 I AM ME
2nd 2012年2月22日 2U
3rd 2013年8月28日 #musicoverdose 自主レーベル立ち上げ後初のアルバム,配信限定
4th 2019年3月27日 BLACK NEVERLAND

|-
! 5th
| 2022年3月30日 || うたふぇち伝わりますか] ||初の邦楽カバーアルバム

ベストアルバム[編集]

発売日 タイトル
1st 2012年12月5日 U 〜BEST of BEST〜

LIVE DVD[編集]

発売日 タイトル 品番
1st 2011年5月25日 20101225 〜Last Night Show〜
2nd 2012年3月14日 Yuya Matsushita Live Tour 2011 〜SUPER DRIVE〜
3rd 2020年6月10日 YUYA MATSUSHITA LIVE TOUR 2019~BLACK NEVERLAND~ TEX-35 初回生産限定プレミアム盤

TEX-36 通常盤

ミュージックビデオ集[編集]

発売日 タイトル
1st 2012年12月5日 U 〜BEST MUSIC VIDEOS〜

その他[編集]

発売日 タイトル 歌手名
1 2011年9月28日 DISCOVER JAPAN 鈴木雅之 収録曲『夢の中で会えるでしょう』にコーラスとしてゲスト参加

YOUYA[編集]

発売日 タイトル 規格
1st 2020年11月6日 Ghost デジタル・シングル
2nd 2021年1月21日 Angel デジタル・シングル
3rd 2021年4月28日 Surrender デジタル・シングル
発売日 タイトル 収録曲 規格 品番
1st 2021年9月22日 OVERTURE
トラックリスト
全作詞・作曲: YOUYA、Yui Mugino & Nopublic Music。
# タイトル 作詞 作曲・編曲 編曲 時間
1. 「Dance With Me」 YOUYA、Yui Mugino & Nopublic Music YOUYA、Yui Mugino & Nopublic Music Nopublic Music
2. 「Home」 YOUYA、Yui Mugino & Nopublic Music YOUYA、Yui Mugino & Nopublic Music Nopublic Music
3. 「You Were Mine」 YOUYA、Yui Mugino & Nopublic Music YOUYA、Yui Mugino & Nopublic Music Nopublic Music
4. 「Mars」 YOUYA、Yui Mugino & Nopublic Music YOUYA、Yui Mugino & Nopublic Music Nopublic Music
5. 「Go Back」 YOUYA、Yui Mugino & Nopublic Music YOUYA、Yui Mugino & Nopublic Music Nopublic Music
6. 「We Ride」 YOUYA、Yui Mugino & Nopublic Music YOUYA、Yui Mugino & Nopublic Music Nopublic Music
7. 「Intersteller」 YOUYA、Yui Mugino & Nopublic Music YOUYA、Yui Mugino & Nopublic Music Nopublic Music

合計時間:

CD&デジタルアルバム JETCD-1

タイアップ一覧[編集]

曲名 タイアップ
foolish foolish 『Music B.B.』11月度番組エンディングテーマ
LAST SNOW TBS系『ランク王国』エンディングテーマ
Mr. “Broken Heart” 映画『悲しいボーイフレンド』主題歌
Trust Me 毎日放送・TBS系アニメ『デュラララ!!』エンディングテーマ
ふたり 映画『時をかける少女』挿入歌
YOU 日本テレビ系『ライオンスペシャル第30回全国高等学校クイズ選手権』イメージテーマソング
Hallucination 『ミュージカル黒執事 -The Most Beautiful DEATH in The world- 千の魂と堕ちた死神』エンディングテーマ
Bird 毎日放送・TBS系アニメ『黒執事II』エンディングテーマ
4 Seasons 毎日放送『DRESS』 × 『神戸コレクション2010 A/W』公式テーマソング
Paradise 毎日放送・TBS系ドラマ『カルテット』主題歌
毎日放送『DRESS』エンディングテーマ
Naturally サンエー・インターナショナル『ナチュラルビューティーベーシック』CMソング
SUPER DRIVE テレビ東京系『DANCE@TV』エンディングテーマ
日本テレビ系『ハッピーMusic』2011年8月エンディングテーマ
毎日放送『DRESS』2011年8月度エンディング曲
キミへのラブソング〜10年先も〜 テレビ東京系『DANCE@TV』オープニングテーマ
毎日放送『MUSIC EDGE + Osaka Style』エンディングテーマ
SEE YOU フジテレビ・ノイタミナ『夏雪ランデブー』オープニングテーマ
Midnight Party(BLACK NEVERLAND収録曲) 日本テレビ系『ウチのガヤがすみません!』2019年1月度エンディングテーマ

LIVE・EVENT[編集]

※…ゲスト

2008年[編集]

  • TANK! Presents Purchase of Future Vol.16(10月31日)※
  • MINAMI WHEEL 2008(11月2日)※
  • bayfm公開録音「LaLaport MUSIC JAM Vol.24」(11月22日)※
  • フリーライブ「Merry Snow Christmas Live 2008」(12月13日)※
  • WHAT’S UP? 07 08/09(12月18日)※
  • FMKサテライトスタジオ「J-PIT」(12月25日)※

2009年[編集]

  • 日本工学院ミュージックカレッジPresents 卒業LIVE’09 〜Mixed Color is free!!(2月1日)※
  • WINTERNET ’09 バレンタイン・スペシャルライブ@SHIBUYA-AX(2月14日)※
  • SUNSHINE presents『KICK』Vol.1 organize by BRIDGET(2月24日)※
  • FMS PREMIUM LIVE 「Together」(2月28日)※
  • FMKスプリングフェスタ2009(3月8日)※
  • HERBIS COLLECTION ’09 SPRING/SUMMER(3月14日)
  • 大阪FM802イベント「JAGURA presents GB STRUT」(3月28日)※
  • 松下優也Live 2009〜Independence〜(6月24日・7月3日)
  • 音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2009〜5周年〜「SONG FOR BEACH」(7月6日)※
  • SKY HIGH” MIHARA 2009(7月11日)※
  • HEAVY RHYTHM(7月30日)
  • 中越大震災復興5年祈念ライブ〜フェニックス ミュージック・フェス〜(8月2日)※
  • AIR-G’ NOW & NEXT(9月18日)※
  • 松下優也 Live 2009 〜Independence II〜(9月21日〜30日)
  • KAINO生誕25周年記念イベント「Anniversary Grazie」(10月12日)※
  • 松下優也 presents「HEAVY RHYTHM」(10月27日)
  • PATi★Night Episode04「SOUL & ACT」(11月15日)
  • RED RIBBON LIVE 2009 in OSAKA(11月23日)※
  • 『KICK vol.6』 organize by BRIDGET(12月18日)※

2010年[編集]

  • 松下優也 LIVE 2010〜Trust Me〜(3月24日)
  • DANCE@LIVE2010(4月25日)※
  • AIR-G’ NOW&NEXT vol.3(5月20日)※
  • 松下優也 20th Birthday Party(5月24日)
  • 松下優也×JUNON『I AM ME』リリースイベント(6月2日)
  • 松下優也 1stアルバム『I AM ME』発売記念イベント〜 MINI LIVE&握手会&ポラロイド撮影抽選会〜(6月3日 – 12日)
  • Live Tour2010〜I AM ME〜(7月2日 – 11日)
  • TBC 夏まつり2010(7月25日)※
  • 音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2010(7月28日)※
  • 「お台場合衆国2010〜笑うBayには福きたる!!〜」めざましライブ(7月31日)※
  • Zoom Super Stage 2010(8月11日)※
  • MTV ZUSHI FES 10 supported by RIVIERA(8月14日)※
  • PATi★Night ~Episode05~(9月4日)※
  • cross fm SATURDAY SPECIAL 九州じゃらん 15th Anniversary in 天神(9月11日)※
  • 松下優也presents〜「HEAVY RHYTHM」CIRCUIT2010〜(9月12日 – 25日)
  • TOKYO PEOPLE’S DAY SPECIAL TOKYO HIGH SCHOOL ROCK’10(10月1日)※
  • 電撃文庫 秋冬の陣 de デュラララヴァーズ in 中野(10月24日)※
  • 東京工科大学/日本工学院専門学校 共催『第45回かまた祭』(10月30日)※
  • LIVE 2010 〜Evolution of Me !!〜(11月3日 – 19日)
  • Panasonic Beauty presents MINAMI WHEEL 2010(11月13日)※
  • BEAT CONNECTION 2010(11月20日)※
  • 20101225 〜Last Night Show〜(12月25日)

2011年[編集]

  • 松下優也バレンタインイベント(2月12日 – 14日)
  • GASTBY Styling Dance Contest ASIAN FINAL(2月19日)※
  • MJ(3月4日)
  • FM岡山公開録音「CRED Spring Live Flash」(3月5日)※
  • 松下優也1stアーティストブック『18-20』発売記念イベント(4月16日)
  • SAPPORO COLLECTION 2011(4月29日)※
  • HEAVY RHYTHM -TOKYO-(5月24日)
  • FanimeCon 2011(5月28日)※
  • MTV LIVE DAM Sing for Smile Tour VMAJ in NAGOYA(6月17日)※
  • SHOCK!! Vol.2(6月29日)※
  • めざましライブ(7月22日)※
  • 松下優也Live Tour 2011(8月6日 – 9月19日)
  • OPPORTUNITY Vol.10(8月31日)※
  • Live Tour 2011 〜SUPER DRIVE〜 Final !!(9月25日)
  • OTODAMA ISLAND STUDIO 〜音霊後夜祭2011〜(10月1日)※
  • ラゾーナ川崎プラザ 5th Anniversary Fes.(10月2日)※
  • DANCE@HERO JAPAN(10月3日)※
  • FOG BAR Presents 4AUDITION 最終審査(10月10日)※
  • Noz Girls Collection FM802 BEAT BOUNCE STYLE(11月13日)※
  • Yuya Matsushita 3rd Anniversary Special Live(11月14日・16日)
  • MICHAEL JACKSON TRIBUTE LIVE(12月13日)※
  • WORLD WIDE -DANCE COLLECTION 2011(12月18日)※
  • Live 2011 〜Christmas Live @ Hometown〜(12月24日)

2012年[編集]

  • バレンタイン・スペシャルライブ ’12 supported by Ghana(2月12日)※
  • LIVE TOUR 2012〜2U〜SUPPORTED BY SHIONOGI(3月2日 – 5月27日)[14]
  • ECO LIVE SENDAI vol.7(3月3日)
  • HAPPY JACK 2012(3月18日)※
  • Q PROJECT Presents HARAJUKU SOUND COLLECTION(5月3日)※
  • SOUL POWER SUMMIT 2012(7月15日)※
  • 音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2012(8月1日)※
  • (8月21日 – 9月15日)
  • 「SEE YOU」発売記念プレミアムイベント(9月30日)
  • 4th Anniversary Live 〜4U〜(11月26日)
  • 年末スペシャルライブ(12月18日 – 20日)

2013年[編集]

  • LIVE TOUR 2013(1月11日〜2月27日)
  • PATi★Night 〜Episode 09〜「Clap! Clap!」(2月17日)※
  • HIPS vol.11 〜REBORN〜(3月10日)※
  • 第5回「だんぜん!!LIVE supported by LIVE DAM(4月2日)※
  • CODE-V×松下優也 Spring Special Stage supported by イムズ(4月5日)
  • だんぜん!!FES(7月21日)※
  • LIVE TOUR 2013 〜SING A SONG〜(9月4日 – 23日)
  • 2ndアーティストブック『21-23』購入者対象イベント(10月14日)
  • YUYA MATSUSHITA 5th Anniversary Live(11月26日・28日)
  • YUYA MATSUSHITA Xmas Live 2013(12月22日・24日)

2014年[編集]

  • YUYA MATSUSHITA 5th Anniversary Live<追加公演>(1月5日・11日)
  • BAM!〜Bon Voyage〜(1月12日)※
  • YUYA MATSUSHITA〜FAN☆MEETING☆2014〜(5月5日・6日)
  • YUYA MATSUSHITA〜24th Birthday Special Live〜(5月22日)
  • Live Tour 2014 Summer(7月3日 – 11日)
  • 吉田栄作 LIVE 〜 Chapter II 2014 〜(7月25日)※
  • 音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2014 SUMMER MOTION 2014 supported by movement(8月2日)※
  • MTV ZUSHI FES 14 supported by RIVIERA MTV ZUSHI FES 14(8月8日)※
  • YUYA MATSUSHITA LIVE TOUR 2014 〜6th ANNIVERSARY LIVE〜(11月28日 – 12月28日)

2017年[編集]

  • 写真集『松下優也写真集 26』発売記念イベント(2月26日・3月18日)[15]
  • 松下優也 Anniversary Live(11月25日・26日・29日・12月5日・7日)
  • 松下優也 Anniversary Live再追加公演「ファンクラブ特別編〜クリスマス&大忘年会〜」(12月19日・26日)

2018年[編集]

  • YUYA MATSUSHITA LIVE 2018 LIKE 4 LIKE TOUR(1月5日 – 2月2日)
  • 松下優也『28 Debut 10 th Anniversary Book-』特典会(2月3日、大阪 / 2月4日、東京)
  • ワンマンライブ「BLACK NEVERLAND」(9月5日・6日〔追加公演〕9月11日・19日・27日、渋谷WWWX)[16]

2019年[編集]

  • SWISH New Year SPECIAL 2DAYS -DAY2- @渋谷ストリームホール(1月5日)※
  • インターネットサイン会 第一回(1月30日)
  • インターネットサイン会 第二回(3月13日)
  • インターネットサイン会 第三回(3月29日)/機材トラブルにより中断延期
  • アルバム『BLACK NEVERLAND』リリースイベント(1月8日~3月31日)
  • LIVE TOUR 2019~10th Anniversary~(3月20日~3月31日)
  • SWISH TOUR 2019 ~Spring Edition~ SHIZUOKA SWISH @LIVE ROXY SHIZUOKA(4月6日)※
  • BBB NAKAMA FES in KAWASAKI(4月27日)※
  • インターネットサイン会 第三回(4月30日)/3月29日延期分
  • 知念里奈 Premium Concert Vol.1(11月21日)※
  • YUYA MATSUSHITA 11th ANNIVERSARY SPECIAL PROGRAM(11月26日)

2020年[編集]

  • YUYA MATSUSHITA THE PREMIUM SHOW 302020(12月12日・13日)

2021年[編集]

  • YUYA MATSUSHITA 31 FAN MEETING(7月7日・19日)
  • YOUYA 1st LIVE “OVERTURE”(11月6日)
  • YOUYA X’mas FAN MEETING(12月21日 大阪/23日 東京)

2022年[編集]

  • YOUYA Billboard Live TOUR 2022(2月17日 横浜/3月7日 大阪)

舞台[編集]

  • 音楽舞闘会 黒執事 〜その執事、友好〜(2009年) – 主演・セバスチャン・ミカエリス
    • ミュージカル黒執事 -The Most Beautiful DEATH in The World- 千の魂と堕ちた死神(2010年、赤坂Actシアター 他)
    • ミュージカル黒執事 -The Most Beautiful DEATH in The World- 千の魂と堕ちた死神(2013年6月、赤坂Actシアター 他) [17]
    • ミュージカル「黒執事」地に燃えるリコリス(2014年9月 – 10月、東京 / 大阪 全34公演)
  • ミュージカル『ドリームハイ』(2012年) – 主演・ソン・サムドン
  • バグズグバリュー 〜even more BURSTING〜(2013年3月)
  • 『THE ALUCARD SHOW』(ジ・アルカード・ショー)(2013年8月、AiiA 2.5 Theater Tokyo) – 主演ブラド[18]
  • 私のホストちゃん(2013年10月、青山劇場)- 影規 役
  • Paco〜パコと魔法の絵本〜 from「ガマ王子vsザリガニ魔人」(2014年2月 – 3月、東京 / 金沢 / 仙台 / 大阪 / 広島 / 名古屋 / 福岡 / 南相馬 全37公演) – 室町 役
  • Broadway Musical 『IN THE HEIGHTS』(イン・ザ・ハイツ)(2014年4月 – 5月、東京 / 大阪 / 福岡 / 神奈川) – 主演・ベニー[19]
  • タンブリングFINAL(2014年6月 – 7月、横浜 / 大阪 / 東京 全14公演) – 主演・望月宙
  • エンターテイメント・パフォーマンスショー『THE ALUCARD SHOW』(ジ・アルカード・ショー)(2014年11月、東京 全15公演) – 主演・ヴラド
  • 私のホストちゃん〜血闘!福岡中洲編〜(2014年12月) – 影規 役(ゲスト出演)
  • ミュージカル『モンティ・パイソンのSPAMALOT』(2015年2月 – 3月、東京 / 大阪 / 福岡) – デニス・ガラハッド卿 役[20]
  • ミュージカル『花より男子』(2016年1月 – 2月、東京 / 福岡 / 愛知 / 大阪)- 道明寺司 役
  • 暁のヨナ(2016年3月、EX THEATER ROPPONGI) – ハク 役
  • 僕だってヒーローになりたかった(2017年7月、東京 / 兵庫)- 坂田龍馬 役
  • ミュージカル 『Romale(ロマーレ)〜ロマを生き抜いた女 カルメン〜』(2018年3月 – 4月、東京 / 大阪) – ホセ 役
  • 新感線☆RS『メタルマクベス』disc1(2018年7月 – 8月、IHIステージアラウンド東京) – レスポールJr. / 元きよし 役[21]
  • 座・ALISA『キセキのうた』〜私たちの『今』を歌おう〜(2018年9月、大阪 / 愛知)- ストーリーテラー
  • 私のホストちゃん THE PREMIUM(2019年2月6日) – 影規 役(ゲスト出演)
  • 黒白珠(2019年6月 – 7月、東京 / 兵庫 / 愛知 / 長崎 / 福岡)- 信谷勇 役[22]
  • 音楽劇『ロード・エルメロイII世の事件簿 -case.剥離城アドラ-』(2019年12月 – 2020年1月、千葉 / 東京 / 大阪 / 福岡 / 東京) – 主演・ロード・エルメロイII世[23]
  • ミュージカル「サンセット大通り」(2020年3月、東京)- ジョー・ギリス 役
  • ミュージカル「ハウ・トゥー・サクシード」(2020年9月4日 – 20日 / 10月3日 – 9日、東京 / 大阪) – バド 役
    • ミュージカル「ハウ・トゥー・サクシード」(2021年11月20日 – 12月7日、東急シアターオーブ / 12月14日 – 16日、オリックス劇場) – バド 役[24]
  • 舞台「ドクター・ブルー」〜いのちの距離〜(2021年1月23日 – 2月28日、東京 / 大阪)- 水木一真 役[25]
  • ハートフル音楽劇『イキヌクキセキ〜十年目の願い〜』(2021年7月2日 – 11日、KAAT神奈川芸術劇場 / 7月16日 – 18日、COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール) – 高橋亘 役[26]
  • ミュージカル「ジャック・ザ・リッパー」(2021年9月9日 – 29日、日生劇場 / 10月8日 – 10日、フェニーチェ堺)- アンダーソン 役(加藤和樹とWキャスト)[27]
  • TRUMPシリーズ ミュージカル「ヴェラキッカ」(2022年1月15日 – 23日、東京建物Brillia HALL / 2月2日 – 6日、COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール)- シオン・ヴェラキッカ 役[28]
  • ミュージカル「るろうに剣心 京都編」(2022年5月17日 – 6月24日公演予定、IHIステージアラウンド東京) – 四乃森蒼紫 役[29][注 1]

テレビドラマ[編集]

  • カルテット(2011年1月20日 – 3月24日、MBS・2011年1月19日 – 3月28日、TBS)- 主演・タケル 役
  • 明日の光をつかめ2(2011年7月4日 – 9月2日、東海テレビ) – 加賀美蓮 役[4]
  • ピロートーク〜ベッドの思惑〜(2012年10月4日 – 12月24日、関西テレビ) – カケル 役
  • 私のホストちゃんS〜新人ホストオーナー奇跡の密着6カ月〜(2014年4月2日 – 9月24日、テレビ朝日) – 主演・影規 役
  • 民王スペシャル「新たなる陰謀」(2016年4月15日、テレビ朝日) – 南部航平 役
  • 連続テレビ小説 べっぴんさん(2016年10月3日 – 2017年4月1日、NHK) – 岩佐栄輔 役
  • アシガール(NHK総合) – 羽木成之 役[31]
    • (2017年9月23日 – 12月16日)
    • アシガールSP 〜超時空ラブコメ再び〜(2018年12月24日)
  • インハンド 第3話 – 第5話(2019年4月26日 – 5月10日、TBS) – 入谷廻 役[32]
  • そろばん侍 風の市兵衛SP〜天空の鷹〜(2020年1月3日、NHK) – 上林源一郎 役[33]

映画[編集]

  • 悲しいボーイフレンド(2009年・ジョリー・ロジャー) – 岩津中(中学時代)役
  • 時をかける少女(2010年) – 門井徹 役
  • ヒカリ、その先へ(2010年) – 主演
  • 明烏(2015年) – No.1ホスト ヒロ役[34]

ネットムービー[編集]

  • 時をかける少女 スピンオフムービー「光の惑星」(2010年) – 主演 ヒロ役

ネットドラマ[編集]

  • フェイス -サイバー犯罪特捜班-(2017年7月11日 – 配信開始、Amazonプライム・ビデオ)[35] – 太宰修司 役

CM[編集]

  • シオノギ製薬「ポポンSプラス」(2012年 – ) – ウェイター役

ラジオ[編集]

  • CROSS FM「松下優也の裏事情」(2008年12月 – 2009年12月) -レギュラー放送
  • CROSS FM「松下優也の裏事情」(2010年5月 – 2010年7月) – レギュラー放送
  • CROSS FM「松下優也の裏事情〜三度目の正直」(2012年2月) – 期間限定放送
  • CROSS FM「松下優也のBLACKNEVERLAND」(2019年1月8日 – 3月26日 全12回) – レギュラー放送
  • 2011年02月25日 松下優也 1stアーティストブック「18‐20」(ソニー・マガジンズ)
  • 2013年09月13日 松下優也 2ndアーティストブック「21‐23」(エムオン・エンタテイメント)
  • 2015年10月17日 写真集「2.5次元男子」(小学館) – 廣瀬智紀・鳥越裕貴・太田基裕・佐藤流司と合同[36]
  • 2017年02月24日 松下優也写真集 26(主婦と生活社)[3][15]
  • 2020年12月09日 松下優也写真集「30-Superfluid-」(東京ニュース通信社)
[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2020年11月から12月にはIHIステージアラウンド東京において「京都編」が公演される予定であったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、全公演中止となることが8月28日に発表された[30]

出典[編集]

  1. ^ a b c d PROFILE”. 松下優也公式サイト. 2017年12月25日閲覧。
  2. ^ a b c d プロフィール”. TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード. 2017年12月25日閲覧。
  3. ^ a b c d 松下優也 (2017年2月19日). 『べっぴんさん』松下優也、写真集『26』からセクシーカット先見せ&インタビュー. (インタビュー). 週刊女性PRIME(主婦と生活社).. http://www.jprime.jp/articles/-/9100?page=1 2018年4月10日閲覧。 
  4. ^ a b 松下優也 (2011年7月8日). 明日をつかめ2|インタビュー|松下優也さん(加賀美蓮役). (インタビュー). 東海テレビ.. http://tokai-tv.com/asupika2/interview/02.php 2018年4月10日閲覧。 
  5. ^ 松下優也 (2018年5月11日). 松下優也が「突き抜けてやりたい」と初参戦する劇団☆新感線について笑顔で語る。『メタルマクベス』に挑む今の心境とは?|ページ 2/2. インタビュアー:永堀アツオ. エンタメステーション.. https://entertainmentstation.jp/216070/2 2018年7月31日閲覧。 
  6. ^ 松下優也『べっぴんさん』“栄輔ロス”に恐縮「プレッシャーです」”. ORICON NEWS. オリコン (2017年2月22日). 2020年1月20日閲覧。
  7. ^ 松下優也らX4、来年3月末で解散 5年間の活動に幕「個々の活動を考えていきたい」”. ORICON NEWS. オリコン (2019年8月5日). 2020年1月20日閲覧。
  8. ^ 松下優也 公式Twitter”. Twitter. ツイッター (2020年4月1日). 2020年4月1日閲覧。
  9. ^ アーティスト・俳優 松下優也の公式ファンクラブをオープン”. SKIYAKI. スキヤキ (2020年4月2日). 2020年4月2日閲覧。
  10. ^ 俳優・松下優也が”YOUYA”としてアーティスト活動再始動!シングル「Ghost」のデジタルリリース!& MVも公開スタート!”. 産経ニュース (2020年11月6日). 2021年4月28日閲覧。
  11. ^ 松下優也 Instagram” (日本語). Instagram. 2020年10月22日閲覧。
  12. ^ 俳優・松下優也が”YOUYA”としてアーティスト活動再始動!シングル「Ghost」のデジタルリリース!& MVも公開スタート!”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2020年11月13日閲覧。
  13. ^ 松下優也 初の邦楽カバーアルバム「うたふぇち 伝わりますか」3月30日発売決定!自身の事務所立ち上げも発表!”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2022年3月3日閲覧。
  14. ^ 2012年で22歳の松下優也、全国22か所を廻るツアー開幕”. BARKS (2012年3月5日). 2020年1月20日閲覧。
  15. ^ a b 『べっぴんさん』栄輔役・松下優也、写真集カット解禁 鍛え抜かれた肉体美も”. ORICON NEWS. オリコン (2017年2月11日). 2018年4月10日閲覧。
  16. ^ 俳優としても大注目の松下優也 1分で即完のスペシャルライブは黒服女子率100%”. エンタメステーション. ソニー・ミュージックエンタテインメント (2018年9月8日). 2018年10月1日閲覧。
  17. ^ “ミュージカル『黒執事』ついに初日!”. 芸能ニュースラウンジ. (2013年5月17日). http://newslounge.net/archives/78699 
  18. ^ “2013/07/04 『THE ALUCARD SHOW』 松下優也さんインタビュー”. おけぴネット. (2013年7月4日). http://okepi.net/kangeki/archives/7734 
  19. ^ 松下優也 (2013年12月11日). 主演:松下優也インタビュー!ブロードウェイ・ミュージカル『イン・ザ・ハイツ〜そして、僕は、歌い、踊りだす〜』〔インタビュー〕. インタビュアー:町田麻子. e+ Theatrix!.. http://etheatrix01.eplus2.jp/article/382339964.html 2017年12月25日閲覧。 
  20. ^ 松下優也 (2015年2月1日). ミュージカル『モンティ・パイソンのSPAMALOT』松下優也インタビュー. (インタビュー). 観劇予報(演劇キック).. http://kangekiyoho.blog.jp/archives/51951049.html 2017年12月25日閲覧。 
  21. ^ 松下優也 (2018年5月11日). 松下優也が「突き抜けてやりたい」と初参戦する劇団☆新感線について笑顔で語る。『メタルマクベス』に挑む今の心境とは?|ページ 1/2. インタビュアー:永堀アツオ. エンタメステーション.. https://entertainmentstation.jp/216070 2018年7月31日閲覧。 
  22. ^ 松下優也 (2019年5月10日). 松下優也の“肉体美”の秘訣とは?夢を叶えるために必要なマインド語る〈舞台『黒白珠』インタビュー〉. (インタビュー). モデルプレス.. https://mdpr.jp/interview/detail/1837638 2019年5月12日閲覧。 
  23. ^ “「ロード・エルメロイII世の事件簿」納谷健、伊崎龍次郎ら全キャスト明らかに”. ステージナタリー (ナターシャ). (2019年6月27日). https://natalie.mu/stage/news/337410 2019年7月7日閲覧。 
  24. ^ 増田貴久主演のコメディミュージカル『ハウ・トゥー・サクシード』 唯月ふうか、松下優也ら共演で再演が決定”. SPICE. イープラス (2021年9月4日). 2022年2月10日閲覧。
  25. ^ 内博貴が感染症に立ち向かう医師に「ドクター・ブルー」マスク姿で意気込み”. ステージナタリー. ナターシャ (2020年12月2日). 2021年5月16日閲覧。
  26. ^ 屋良朝幸、浜中文一と東日本大震災被災地を訪れ感銘「ステージの上から被災地の方の思いを伝えたい」”. フジテレビュー!!. フジテレビ (2021年7月2日). 2022年2月10日閲覧。
  27. ^ 松下優也 (2021年9月1日). インタビュアー:古内かほ. “松下優也インタビュー|ミュージカル『ジャック・ザ・リッパ―』”. ローチケ演劇宣言! (ローソンエンタテインメント). https://engekisengen.com/genre/musical/30270/ 2022年2月10日閲覧。 
  28. ^ 美弥るりか主演ミュージカル『ヴェラキッカ』東京公演が開幕 SNSでの反響も続々”. ぴあエンタメ情報. ぴあ (2022年1月18日). 2022年1月10日閲覧。
  29. ^ “ミュージカル「るろうに剣心 京都編」主演の小池徹平が続投、比古清十郎役は加藤和樹”. ステージナタリー (ナターシャ). (2022年1月25日). https://natalie.mu/stage/news/462958 2022年1月25日閲覧。 
  30. ^ ミュージカル『るろうに剣心 京都編』 全公演中止のお知らせとお詫び” (2020年8月28日). 2020年8月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月28日閲覧。
  31. ^ 松下優也 (2017年12月16日). 松下優也が語る、“他力本願”の演技論 「『アシガール』成之役では引き出していただいてばかり」. インタビュアー:戸塚安友奈. Real Sound.. http://realsound.jp/movie/2017/12/post-139660.html 2017年12月25日閲覧。 
  32. ^ 渡辺彰浩 (2019年5月11日). “『インハンド』松下優也が山下智久に最後に投げかけた言葉 遂に紐倉の過去が明らかに”. Real Sound. 2019年5月12日閲覧。
  33. ^ 出演者”. 正月時代劇「そろばん侍 風の市兵衛SP〜天空の鷹〜」. NHK (2020年). 2020年1月20日閲覧。
  34. ^ 松下優也 ムロツヨシと演技の“応酬”!福田雄一監督からラブコールで「明烏」出演”. NEWS LOUNGE. モバイルメディアプロダクション (2015年5月17日). 2017年12月25日閲覧。
  35. ^ 剛力彩芽、次なるドラマは“凶悪サイバー犯罪”三浦貴大、松下優也らと挑む”. モデルプレス (2017年6月27日). 2017年12月25日閲覧。
  36. ^ 廣瀬智紀はドS社長、佐藤流司は不良…妄想ストーリー写真集「2.5次元男子」”. コミックナタリー (2015年8月28日). 2015年8月28日閲覧。

外部リンク[編集]