Category: Wiki

ヴァレッジョ – Wikipedia

アラーニャ , アルバレード・アルナボルディ , アルブッツァーノ , アルボネーゼ , アレーナ・ポー , インヴェルノ・エ・モンテレオーネ , ヴァッレ・サリンベーネ , ヴァッレ・ロメッリーナ , ヴァル・ディ・ニッツァ , ヴァルツィ ,

Continue reading

イスラーム文化 – Wikipedia

イスラーム文化(イスラームぶんか) とは、歴史的にイスラム教信者に共通する文化的な特徴を指す言葉として用いられる世俗用語である。7世紀にアラビア半島でイスラム教が成立し、初期のムスリム文化は主にアラブ地域で発展した。イスラム帝国の急速な拡大とともに、ムスリムの文化はペルシア、バングラデシュ、トルコ、パキスタン、モンゴル、中国、インド、マレーシア、ソマリ族, ベルベル人、エジプト、インドネシア、フィリピン、東ローマ帝国、アンダルス、シチリア人、バルカン半島、西洋など広範な地域の人々に影響を与え、同時に同化してきた。 専門用語としての使用[編集] イスラーム文化はそれ自体が議論の多い用語である。ムスリムは多くの異なる国や地域に居住しており、ムスリム間における文化的な連帯を分離することは難しい。人類学者や歴史家は宗教が文化に大きな影響を与えている地域としてイスラームに関する研究を行なっている。 イスラームの著名な歴史家であるマーシャル・ホジソン(英語版)は自身の著作である「イスラームの試み」の中で、「イスラームの (Islamic)」や「ムスリム (Muslim)」と言う用語を世俗的な利用と対比しながら宗教用語として利用する難しさを述べている。彼はイスラームやムスリムといった用語を純粋に宗教的な現象にのみ使用することでこの問題を解決しようとし、歴史上におけるムスリムの文化や事物に関しては「Islamicate」と言う用語を生み出して差別化を図ろうとした。しかし、この用語は広まっておらず、イスラーム文化の事物とイスラームの宗教的な用語の文脈の違いについては混同されたままである。 イスラーム信仰[編集] イスラーム文化は一般的にイスラム教に関連して発展したサラートなどのクルアーンに関するすべての修練とそれ以外のイスラム世界の文化、ベンガル地方のバウルと呼ばれる神秘主義の吟遊詩人による弾き語りなどを含む。 言語と文学[編集] アラビア語[編集] 初期のムスリム文学はアラビア語で書かれており、預言者ムハンマドや、メッカやマディーナのようなイスラム教で特別とされる土地に関する言及が多かった。初期のムスリムの歴史はイスラームの設立に関するものに集中しており、ムスリムの文学はその性格上宗教的な色彩を帯びていた。初期のムスリム文学の形成過程についてはクルアーンやハディース、預言者の伝記(英語版)の項目を参照のこと。 ウマイヤ朝の建国とともに、千夜一夜物語に見られるような世俗的なイスラーム文化が発展した。宗教的な内容を含まない世俗的な文学はイスラム帝国内のアラブ地域で広まり、広く共有される文化の一つとなった。 ペルシア[編集] ペルシア語はアッバース朝時代に訪れるイスラーム黄金時代の主要言語であったため、有名なイスラーム文学の多くはペルシア文学であった。詳しくは『鳥の会議』やジャラール・ウッディーン・ルーミーの詩を参照されたい。 南アジア[編集] ベンガル地方には、伝統音楽に乗せてスーフィズムや土着の文物を歌うバウルという文化がある。高名な人物としてはハーサナ・ラージャ(英語版)やラーラナ(英語版)がいる。 近代[編集] 近代になり、言語による作家の分類は急速に意味をなくしていく。エジプト人ノーベル文学賞受賞作家ナギーブ・マフフーズの作品は英語に翻訳され世界中で読まれている。オルハン・パムクのような他の作家は国際的な影響力を考慮し、直接英語を用いて書物を著した。

Continue reading

ピローファイト – Wikipedia

この項目では、枕を用いて互いを「叩き」合う遊びについて説明しています。枕を用いて互いに「投げ」合う遊びについては「枕投げ」をご覧ください。 ベッドでの枕叩き -> 先生登場 ピローファイト (pillow fight) は、枕を手に相手と叩き合う遊び。日本語では枕叩き(枕たたき)などと呼ばれる。多くは子供同士で宿泊する機会に行われるが、その原始的な面白さから大人も行う場合がある。 本質的には枕を剣に見立てたチャンバラに近い。枕を手に相手を殴り合い、相手を倒すことがこの遊びの楽しさになる。枕は柔らかいため、喧嘩と異なり本気で殴り合っても怪我には繋がりにくい。また遊ぶ場所には足場が不安定なベッドの上も選ばれやすく、さらに子供同士の場合は枕を手に相手に体重を掛けると容易に相手のバランスを崩して押し倒せるところにも面白さがある。古くは枕が脆かったため部屋中に羽毛が舞う事態になったが、近年のものは強固に作られている上に詰め物にスポンジなど羽毛以外を使ったものが多いため、これは漫画的な誇張表現と言える。 2007年より4月第1週頃の土曜日がNational Pillow Fight Dayと制定され、記念する大会が開催されている。日本の報道などでは「枕投げの日」「国際枕投げ大会」と訳されている。 1964年1月16日、写真家ハリー・ベンソンが撮影した枕叩きをやり合うビートルズの写真はよく知られている[1]。これはパリのジョージ V ホテルにて撮影されたもので、この撮影時に『抱きしめたい』がアメリカのポップ・チャートでトップになったことを知らされたと語っている。ただし、トップになったのは翌月1日という資料もあり、定かではない。 2005年4月17日、ニューヨーク州立大学アルバニー校がギネス世界記録に挑戦した。内容は3,648人が参加する史上最大の枕叩きで、これは公式な記録となっている。溯ること11日前、オランダのフローニンゲンでも同様に2,997人が参加する世界記録を出している。 WWEのディーヴァは「ランジェリー・ピロー・ファイト」と呼ばれる試合を行う。これは下着姿の女性が枕を手に殴り合うというもの。リング上にベッドを置いて行うような催しであっておおよそレスリングと呼べるものではなく、当然のように羽毛が舞う。 現在はフラッシュ・モブとしても取り上げられ、世界各地の都市でピロー・ファイト・フラッシュ・モブ(Pillow fight

Continue reading

ヒルギ科 – Wikipedia

ヒルギ科(ヒルギか、Rhizophoraceae)は、双子葉植物の科である。熱帯から亜熱帯に分布する16属120種ほどの常緑木本からなる。 クロンキスト体系では単独でヒルギ目(Rhizophorales)とする。APG植物分類体系ではキントラノオ目(Malpighiales)に入れており、コカノキ科に近縁で、これをヒルギ科に含めることも認められている。 ヒルギ科の植物は、対生または輪生で、蜜腺と通常は5枚の花弁を持つ虫媒花あるいは鳥媒花をつける。多くは雌雄同株で、まれに雌雄異株である。 マングローブを構成する樹種が多く、これらは種子が樹上で発芽する(胎生種子)という特殊な性質がある。しかしピイラーウッドなど陸上で生育する種も多く、これらは胎生種子をつけない。 属と分布[編集] 世界では旧世界を中心に16属が分布しており、このうち日本では九州南部以南にオヒルギ、メヒルギ、ヤエヤマヒルギの3属3種が自然分布する。 いくつかの種が水面下での工事やくい打ちに使用する木材となる。樹皮からタンニンを精製する。 ウィキスピーシーズにヒルギ科に関する情報があります。 ウィキメディア・コモンズには、ヒルギ科に関連するメディアがあります。

Continue reading

豊橋市公会堂 – Wikipedia

ドーム部分のアップ。背後は豊橋市役所。 豊橋市公会堂(とよはししこうかいどう)は、愛知県豊橋市今橋町にある市立の公会堂[5]。式典や講演会等、各種イベントに利用されている。 国の登録有形文化財。 大正デモクラシーの最中に豊橋市でも公会堂建設を望む声が上がり、1922年(大正11年)に建設案が市議会に提出される。1930年(昭和5年)に中村與資平の設計で建設が開始され、翌1931年(昭和6年)に竣工。鉄筋コンクリート造。外観はロマネスク様式を基調とし、スペイン風の円形ドームは、スパニッシュ・コロニアル・リバイバル建築という、1910年 – 20年代にカリフォルニア州で流行した、スペイン統治時代の建築様式の復興を試みたスタイルを模倣したものである[6]。 太平洋戦争末期の1945年(昭和20年)6月、豊橋空襲で市が大きな被害を受けた際には焼け残ったため、豊橋市役所の機能が移転したほか、1948年(昭和23年)から1952年(昭和27年)までは豊橋中央公民館として、1969年(昭和44年)から1979年(昭和54年)までは1階部分が市民窓口センターに使用された。その後、新たに中央公民館が設置されたため、再び公会堂に戻り現在に至る。 講堂客席部を中心に改修を続けてきたが、外観はもちろん、ほとんどのドアや窓サッシ等は当時のままである。戦中に供出された金物も一部復元され、正面外観を飾っている。 施設概要[編集] 構造:鉄筋コンクリート造3階建 規模:敷地面積4,039.22平方メートル 延床面積:2,945.27平方メートル 開設:1931年(昭和6年)8月24日 大ホール:客席601席(2階:469席、3階:132席) 1921年(大正10年)10月 – 名古屋電燈株式会社と豊橋電気株式会社の合併に際して公会堂建設資金の寄付が決定する。 1922年(大正11年)8月 – 臨時市議会で公会堂建設の計画が提出されるも、翌月の市議会騒擾事件の影響で一時頓挫した。

Continue reading

入船亭扇遊 – Wikipedia

入船亭(いりふねてい)扇遊(せんゆう)Irifunetei Sen’yû 2018年3月13日、芸術選奨贈呈にて(右) 本名 岩田(いわた)茂(しげる) 生年月日 (1953-07-05) 1953年7月5日(68歳) 出身地 日本・静岡県 師匠 九代目入船亭扇橋 弟子 四代目入船亭扇蔵入船亭遊京入船亭扇ぽう入船亭扇ぱい 名跡 1. 入船亭扇ぽう(1972年 – 1977年)2. 初代入船亭扇好(1977年

Continue reading

金井体育館 – Wikipedia

この記事の主題はウィキペディアにおける独立記事作成の目安を満たしていないおそれがあります。目安に適合することを証明するために、記事の主題についての信頼できる二次資料を求めています。なお、適合することが証明できない場合には、記事は統合されるか、リダイレクトに置き換えられるか、さもなくば削除される可能性があります。出典検索?: “金井体育館” – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2014年10月) この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。出典検索?: “金井体育館” – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2011年2月) 金井体育館(クムジョンチェユッカン、금정체육관)は、韓国の釜山にある総合体育施設。バスケットボールなどのスポーツで使用される。2002年にアジア競技大会の開催に合わせて建設された。金井体育公園内にある。韓国プロバスケットボール釜山KTFマジックウィンズの本拠地。 2002年アジア競技大会整備のために2002年に竣工。

Continue reading

アナトーリー・クワシュニン – Wikipedia

アナトーリー・クワシュニンАнатолий Васильевич Квашнин 1946年8月15日 – 2022年1月7日 生誕 ソビエト連邦 ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国、バシキール自治ソビエト社会主義共和国、ウファ 死没 ロシアモスクワ 所属国 ソビエト軍ロシア連邦軍 軍歴 1969年 – 2004年 最終階級 上級大将 テンプレートを表示

Continue reading

バルビアネッロ – Wikipedia

アラーニャ , アルバレード・アルナボルディ , アルブッツァーノ , アルボネーゼ , アレーナ・ポー , インヴェルノ・エ・モンテレオーネ , ヴァッレ・サリンベーネ , ヴァッレ・ロメッリーナ , ヴァル・ディ・ニッツァ , ヴァルツィ ,

Continue reading

バスカペ – Wikipedia

アラーニャ , アルバレード・アルナボルディ , アルブッツァーノ , アルボネーゼ , アレーナ・ポー , インヴェルノ・エ・モンテレオーネ , ヴァッレ・サリンベーネ , ヴァッレ・ロメッリーナ , ヴァル・ディ・ニッツァ , ヴァルツィ ,

Continue reading
Exit mobile version