Warning: mysqli_query(): (HY000/1712): Index szlgt_options is corrupted in /var/www/html/jp/wiki2/wp-includes/wp-db.php on line 1924
January 2021 – Enzyklopädie

Month: January 2021

齋藤利江 – Wikipedia

齋藤 利江(さいとう としえ、1939年 – )は、昭和30年代に撮影した写真を中心に活動を行う写真家。 目次 1 略歴 2 著作 3 主な展示会 4 脚注 5 外部リンク 1939年、群馬県桐生市出身[1]。10歳の時に父親からカメラをもらったことがきっかけとなり写真撮影をはじめる[1][2]。中学・高校の時から複数の写真コンテストに入賞[3]、齋藤も写真家を夢見ていたが、父親が病に倒れたため写真家になる夢を断念[1]。また、父親は齋藤が写真家になることに強く反対し、写真のネガを全て没収した[3]。齋藤は家業でカメラ屋を営みながらも趣味として写真撮影を続け、コンテストへの応募や写真展を開催していた[3][4]。 1999年、父親の遺品整理中に、処分されたと思っていた大量のネガフィルムが見つかる[2][3]。これを機に60歳から写真家としての活動をはじめ、昭和30年代の撮影した写真による写真展や雑誌の連載などを行っている[5][6][7]。 『あの日、あの時、あの笑顔』 清流出版、2001年

Continue reading

デンジャラス・ライ – Wikipedia

『デンジャラス・ライ』(原題:Dangerous Lies)は2020年に配信されたアメリカ合衆国のサスペンス映画である。監督はマイケル・M・スコット、主演はカミラ・メンデスが務めた。 ストーリー[編集] ケイティは大学院生のアダムと婚約したが、学費などの出費が嵩み家計は常に火の車であった。ある日、ケイティは裕福な高齢男性(レナード)の介護を引き受けることになった。レナードと雑談をする中で、ケイティは経済的に困窮していることをうっかり言ってしまった。レナードは支援を申し出たが、申し訳なく思ったケイティはそれを断り、代わりにアダムを庭師として雇ってくれるよう頼み込んだ。ほどなくして、不動産業者のヘイデンがレナードの元を訪れ、家を売却するようしつこくせがんだ。ヘイデンはケイティに取りなしを頼んだが、彼女はそれをきっぱりと断った。その一件以来、ヘイデンはケイティとアダムの様子をこっそりと監視するようになった。 何とかしてケイティを助けたいレナードは7000ドルの小切手を切ることにした。ケイティは受け取りたくなかったが、支払期日が迫っていたため、やむなく一部を受け取ることにした。翌日、いつものように2人が出勤したところ、レナードは既に亡くなっており、現金が詰められたトランクケースが放置されていた。取り敢えず、2人は現金を金庫の中に入れることにした。アダムは現金を回収するべくレナード邸に忍び込むが、何者かが既に不法侵入していた。その「何者か」はアダムを昏倒させたが、結局現金の在処を突き止めることはできなかった。 葬儀の席で、ケイティとアダムはレナードの弁護士(ジュリア)から「私の依頼人はケイティさんに邸宅を含む全財産を譲るという遺言書を作成されました」と知らされた。1日にして金持ちになったアダムは舞い上がり、「相続税を支払わずに済む方法はないだろうか」などと考え始める始末であった。ケイティは日を追うごとに強欲さと抜け目なさを増していくアダムを苦々しく思っていた。そんな折、アダムにレナード殺害疑惑が持ち上がった。 キャスト[編集] 製作・マーケティング[編集] 2019年4月9日、カミラ・メンデスがマイケル・M・スコット監督の新作映画『Windfall』に出演すると報じられた[2]。5月8日、ジェシー・T・アッシャー、ジェイミー・チャン、カム・ジガンデイ、サッシャ・アレクサンダー、エリオット・グールドがキャスト入りした[3]。同月、本作の主要撮影がカナダのバンクーバーで行われた[4]。2020年4月12日、ジェームズ・ヤンドリッシュが本作で使用される楽曲を手掛けるとの報道があった[5]。13日、本作のオフィシャル・トレイラーが公開された。その際、本作のタイトルは『Windfall』から『Dangerous Lies』に変更された[6]。 本作に対する批評家からの評価は伸び悩んでいる。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには20件のレビューがあり、批評家支持率は35%、平均点は10点満点で4.88点となっている[7]。また、Metacriticには6件のレビューがあり、加重平均値は49/100となっている[8]。 外部リンク[編集]

Continue reading

大塚崇 (俳優) – Wikipedia

この記事には複数の問題があります。改善やノートページでの議論にご協力ください。 出典が全くありません。存命人物の記事は特に、検証可能性を満たしている必要があります。(2014年6月) 独立記事作成の目安を満たしていないおそれがあります。(2014年6月)出典検索?: “大塚崇” 俳優 – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL おおつか たかし大塚 崇 生年月日 (1947-03-07) 1947年3月7日(75歳) 出生地 日本・神奈川県横浜市 職業

Continue reading

長野県佐久平総合技術高等学校 – Wikipedia

長野県佐久平総合技術高等学校(ながのけん さくだいらそうごうぎじゅつこうとうがっこう)は、長野県佐久市にある公立高等学校。 以下特記なき場合、前・北佐久農業高等学校公式ウェブサイトによる[1]。 1901年(明治34年)3月1日 – 岩村田小学校に岩村田実業補修学校が併設される形で開校。男子部(農業科・商業科)・女子部(裁縫・染色)で構成。 1902年(明治35年)8月5日 – 岩村田町立乙種農業学校の設立が認可され、龍雲寺で授業を始める。 1908年(明治41年)10月2日 – 校舎を当時の岩村田町枇杷坂に新築、移転独立。 1911年(明治44年)4月1日 – 長野県北佐久郡立岩村田農学校に改称。 1919年(大正8年)3月31日 – 女子部を廃止し、在校生を岩村田実科高等女学校に転校。 1920年(大正9年)1月16日 –

Continue reading

コレ知らんかった〜!新発見!村上信五の平成スポーツ命場面SP – Wikipedia

『コレ知らんかった〜!新発見!村上信五の平成スポーツ命場面SP』(コレしらんかった しんはっけん むらかみしんごのへいせいスポーツめいばめんスペシャル)は、フジテレビ系列で2019年3月27日に放送された特別番組及びスポーツ番組[1]。MCは村上信五(関ジャニ∞)と吉田沙保里と宮司愛海[2]。村上信五の冠番組である。 本番組は、フジテレビ系列に眠る膨大なスポーツ秘蔵映像から、平成31年間のスポーツ“名シーン”“名プレー”を厳選し、当事者の新証言や未公開場面、最新検証などを通じて、超有名シーンの裏側に眠る「コレ知らんかった~!」新事実に迫る番組[1]。 2019年3月25日から31日までの1週間を「フジテレビ開局60周年記念WEEK」と題し、スペシャル番組を連日放送[3]。そのため、本番組は「フジテレビ開局60周年記念企画」として放送された[3]。 村上信五がMCを務めるフジテレビ系列のスポーツ番組の冠番組は『村上信五とスポーツの神様たち』『村上信五のスポーツ奇跡の瞬間アワード』『村上信五∞情熱の鼓動』に続き、4番組目である。この内、『- スポーツ奇跡の瞬間アワード』は本番組と同様に特別番組である。 2019年3月27日(水曜日)23:40 – 翌0:40(JST)に第1回が放送された[1]。 MC 放送内容[編集] 第1回(2019年3月27日) スペシャルゲスト アスリートゲスト ゲスト VTR出演 スタッフ[編集] 制作:吉田豪、吉田博章 ナレーション:平野義和、三村ロンド

Continue reading

クァク・ドンヨン – Wikipedia

クァク・ドンヨン 生年月日 (1997-03-19) 1997年3月19日(24歳) 出生地 韓国・大田広域市 身長 178cm 血液型 A型 職業 俳優 ジャンル テレビドラマ、Webドラマ、映画、演劇、ミュージカル 活動期間 2012年 – 事務所 H&エンターテインメント 公式サイト

Continue reading

インドネシア高速鉄道計画 – Wikipedia

インドネシア高速鉄道計画(インドネシアこうそくてつどうけいかく)は、2015年7月にインドネシア政府が発表した高速鉄道計画[1]。首都ジャカルタと西ジャワ州バンドン間150 kmを結ぶ計画で、将来的にインドネシア第二の都市である東ジャワ州スラバヤへの延伸が計画されている。東南アジアにおいて最初に開通する高速鉄道となる予定である[2]。 日本および中国が高速鉄道システムの売り込みを行い、入札を競った[3]。インドネシア政府は2015年9月3日、高速鉄道計画の撤回を発表し、入札を白紙化したが、直後の9月29日、財政負担を伴わない中国案の採用を決定した[4][5]。 2015年9月の落札時点では、2015年に着工し2019年に開業する予定[6]とされていたが、起工式は2016年1月21日にずれ込んだ[7]。 ジャカルタ-バンドン間の高速鉄道計画とは別に、ジャカルタ–スラバヤ間のジャワ島横断鉄道(在来鉄道)の高速化計画がインドネシアと日本の協力で進められている。 日本案[編集] 2008年より、日本はインドネシアに対し新幹線の輸出を働きかけていた[8]。2009年には、ジャカルタ – スラバヤ間730kmを時速300kmで結ぶ高速鉄道計画のフィジビリティスタディが行われた[3]。当区間はインドネシアで最も人口密度が高い区間であり、旅客および貨物輸送において慢性的な渋滞が発生している[9]。国際協力機構により、高速鉄道の建設費を円借款による低金利の融資で賄うことが提案された[10][11]。 新提案では複数の期間に分けて建設することになった。第一期はジャカルタ – バンドン間150kmを35分で結ぶ計画となり、建設費は50兆ルピアとされた。2014年1月、国際協力機構は詳細な事業化調査を開始した。 当初、日本案は有利であるとみられていた。2014年10月にスシロ・バンバン・ユドヨノが任期満了で大統領を退任し、新たにジョコ・ウィドドを大統領とする政権に代わると、2015年1月、ジョコ政権は高速鉄道計画を費用がかかりすぎるとして中止を表明した。 それでも日本案の有利は揺るがないと見られていたが、2015年3月に中国が受注競争に参加することを表明した[12]。 2015年3月、ジョコ大統領は東京と北京を訪問。3月22日から25日までの東京滞在期間中、日本の安倍晋三首相と会談を行い、ジャカルタの都市鉄道路線ネットワークにおいて日本の支援を得ることで合意をしたが、高速鉄道計画においては進展が見られなかった。 中国案[編集] 2015年4月、中国はインドネシア高速鉄道計画の入札を表明した[13]。 2015年3月26日、ジョコ大統領が北京を訪問し、中国の習近平国家主席と会談を行った。中国側はインドネシア高速鉄道計画への支援を大々的に発表した[3]。 2015年7月、インドネシア政府はジャカルタ –

Continue reading

ドミノタイリング – Wikipedia

原文と比べた結果、この記事には多数(少なくとも5個以上)の誤訳があることが判明しています。情報の利用には注意してください。正確な表現に改訳できる方を求めています。 四方形のドミノタイリング ユークリッド平面上のある領域のドミノタイリング(domino tiling)とは、右の図のようにドミノで領域を埋め尽すことである。同じことであるが、ドミノタイリングは、各々のドミノの中心に頂点として隣合うドミノの 2つの頂点を結ぶことで形成される格子グラフ(英語版)(grid graph)のマッチングのことでもある。モノマー、ダイマー、ポリマーと呼ぶように、2つの原子が繋がったという意味であるユークリッド平面上の(あるいは、トーラス R2/Z2{displaystyle mathbb {R} ^{2}/mathbb {Z} ^{2}} 上の)ダイマーモデル(Dimer model,双体模型)は、多角形分割(英語版)(polygon division)をもたらすモデルであり、完全マッチングであるダイマーモデルは、ドミノタイリングと同義である。 高さ函数[編集] 2次元の正方形の格子上のタイリングのクラスに対し、格子のノードへ整数を割り当てる高さ函数を定義することができる。例えば、チェスボード(格子を黒と白の市松模様とする)を描いて、高さ 0 を持つノード A0{displaystyle

Continue reading