Month: December 2018

孟艮府 – Wikipedia

孟艮府(もうごんふ)は、ミャンマー北部に中国王朝によって置かれた府。明代に現在のシャン州チャイントン一帯に設置された。 13世紀にラーンナー王朝のマンラーイ王がチャイントンを征服し、マンラーイ王の子孫がチャイントンを統治するようになった。その地は中国では孟掯と呼ばれた。 1405年(永楽3年)、明により孟艮禦夷府が置かれた[1]。孟艮禦夷府は雲南省に属し、刀氏が土司として知府を世襲した。正統年間にその地の多くは木邦に併呑された[2]。 1659年、南明の永暦帝がミャンマーに逃れると、李定国が孟艮に拠った[3]。清代には孟艮はミャンマーのタウングー王朝やコンバウン王朝に属した。 ^ 『明史』地理志七 ^ 『明史』土司伝四 ^ 『清史稿』李定国伝 表 話 編 歴 明朝の行政区分   直隷 北直隷(北平布政司) 順天府 保定府

Continue reading

ロバート・モード (初代準男爵) – Wikipedia

初代準男爵サー・ロバート・モード(英語: Sir Robert Maude, 1st Baronet、1677年 – 1750年8月4日)は、アイルランド王国の政治家。1703年から1750年までアイルランド庶民院議員を務めた[1]。 アンソニー・モード(1638年 – 1702年2月20日[2])と2人目の妻アリス(Alice、旧姓ハートストング(Hartstonge)、初代準男爵サー・スタンディッシュ・ハートストング(英語版)の娘)の息子として、1677年にリムリックで生まれた[1][3]。1693年7月10日、ダブリン大学トリニティ・カレッジに入学した[3]。 1703年から1713年までゴーラン選挙区(英語版)の、1713年から1727年までセント・カニス選挙区(英語版)の、1727年から1750年までバンガー選挙区(英語版)の代表としてアイルランド庶民院議員を務めた[1]。1705年5月9日、準男爵に叙された[3]。 1750年8月4日に痛風で死去、長男トマスが準男爵位を継承した[3]。 1718年1月、イリナ・コーンウォリス(Eleanor Cornwallis、トマス・コーンウォリスの娘)と結婚[3]、2男2女をもうけた[4]。 ^ a b c “Biographies

Continue reading

松鶴家光晴・浮世亭夢若 – Wikipedia

松鶴家光晴・浮世亭夢若(しょかくやこうせい・うきよていゆめわか)は、昭和期に活躍した日本の漫才師。出囃子は『おそづけ』。 メンバー[編集] 来歴・人物[編集] 光晴は19歳で初代松鶴家千代八[1]の弟子になる。最初夫人の愛子とコンビを組んだ、浮世亭夢路[2]と組んだが夢路は1935年9月に29歳で死去、その後夢路の兄弟弟子の夢若と組んだ。戦前から吉本の寄席小屋で活躍。戦後は戎橋松竹等に出演。千土地興行所属。 光晴は浪花節を志していたが悪声で断念。しかしその悪声を生かした浪花節の真似や歌舞伎の俄(パロディー)で売る。夢若は端正な顔立ちで身の軽さで踊ったりもした。 1952年から1年間は新日本放送(現在の毎日放送)の専属となる。1954年からは、中田ダイマル・ラケット・浮世亭歌楽・ミナミサザエらとともに朝日放送の専属となり、「漫才教室」の司会で光晴の「ベンキョー、ベンキョー」が名物となった。 人気絶頂の1960年、和歌山県白浜町の職人宿で夢若が急死。この経緯は、事業家の一面を持っていた夢若が妻のやっていたタバコ屋と自宅を売り払い、大阪府池田市に施設を建て血統書付きの犬を繁殖・販売する(現代でいうブリーダー)という事業を始めようとしていたが、工事中に死亡事故が発生し当時の金額で数百万円の補償金などを支払わなければならなくなった。しかし、既に千土地興行から多くの借金をしていてこれ以上借りられず、師匠の夢丸・浮世亭歌楽兄弟に相談したところ「金は工面したるさかい、おまはんは隠れとき」と言われ、その日は舞台もあったがすっぽかして白浜町に行った。そこの職人宿でストレスからか大量の酒と睡眠薬を飲み、その後一門と連絡を取ろうとしたがその宿は建て替えたばかりで電話が通っておらず、不安定な心身の状態で外出したまま戻らず、その後変死体で発見される。当時は自殺と報道されたが、人生幸朗は自殺説を否定している。 光晴は夢若の死後、吾妻ひな子や1965年からは夢若の弟子の浮世亭秀若とコンビを組み漫才を続けるが、相方の急死のショックや入れ歯の噛み合わせに悩まされていた事などから全盛期ほどの人気や芸は戻らず、1967年に亡くなった。 二人はコンビ仲が悪いことで知られ、楽屋でも一緒にいることはほとんどなかったという。漫才の稽古、打ち合わせも殆どしなかった。タクシーでの現場移動でも別々にするほどだった。しかし自分より若い相方の夢若の葬儀・告別式では光晴は芸人・関係者がいるにも関わらず大泣きしていたという。それほど相方思いであった。 代表作に「お笑い曽我物語」「お笑い勧進帳」「お笑い忠臣蔵」「社長哲学」(スト撃退法)「お笑い春が来た」(お国自慢、浮かれ蛙、春に浮かれて)などがある。  晩年の多くのネタは香川登志緒が書き、光晴・夢若も信頼していた。 参考文献[編集] 関連項目[編集]

Continue reading

ライー – Wikipedia

1970年代 70: ザナタ, ジルセウ・ロペス, サマローネ 71: ヴァンデルレイ, ジルセウ・ロペス, リベリーノ 72: ヴィウソン・ピアッザ, ダ・ギア, ゼ・ロベルト 73: ペドロ・オマール, ペドロ・ローシャ, ジルセウ・ロペス 74: ドゥドゥ, マリオ・セルジオ,

Continue reading

青山綾里 – Wikipedia

青山 綾里(あおやま あやり、現姓:西沢[1]、1982年2月10日 – )は、日本の元競泳選手。1998年世界水泳選手権100mバタフライ銀メダリスト、400mメドレーリレー銅メダリスト。現在は産経新聞で記者を務めている。 人物・経歴 新潟県柏崎市生まれ、石川県金沢市出身。 小学校時代は奈良イトマンスイミングスクールに所属していた。その後、イトマンの本校がある大阪のイトマンスイミングスクールに移った。中学時代に大阪のイトマンスイミングスクールに入った。近畿大学附属高等学校、日本大学経済学部を卒業。 近畿大学付属中学校在学中の1995年の日本選手権で1分0秒19の日本新記録で優勝した[2]。同年11月12日、出蔵香、磯田順子、伊藤恵とともに400mメドレーリレーで4分15秒00の中学校記録を作った[3]。1996年4月の日本選手権大会100mバタフライ予選で、日本人女子で初めて1分の壁を破る日本新記録(59秒47)、決勝では58秒83で自身の日本記録を更新して優勝[3](50mの途中計時27秒20は世界最高記録)し、アトランタオリンピックの日本代表に選ばれた(アトランタオリンピック日本選手団として最年少)。 オリンピックでは金メダル獲得が期待され、50mのターンではトップで折り返したが後半に失速、結局6位入賞に留まりメダル獲得はならなかった。400mメドレーリレー(中村真衣・田中雅美・千葉すず)でも予選落ちに終わった。 1997年3月のジュニアオリンピック春季大会、100mバタフライで、日本選手としては25年振りとなる世界新記録(短水路)を樹立する。 1998年1月のオーストラリア・パース世界水泳選手権競泳女子100mバタフライ決勝では、前半34mまで潜水キックを駆使し前半50mは世界記録のラップを0秒87凌ぐ26秒88で1位でターン、ラスト5mでわずかにジェニー・トンプソン(アメリカ)にかわされたが、58秒79の日本新で銀メダルを獲得した。さらに、400mメドレーリレーでも4分6秒26の日本新で銅メダルを獲得、五輪、世界選手権を通じて日本女子初のリレー種目メダル獲得に貢献した。この大会を最後に、バタフライおよび自由形のスタート、ターン後の潜水が15m以内に距離制限された[4]。ルール変更後、1分の壁をなかなか破れなかったが同年のバンコクアジア大会で59秒44で優勝した[5]。 しかし2000年シドニーオリンピックの代表には日本選手権で敗退、選考から漏れ競技者の第一線から退いた。 大学卒業後、2004年に産經新聞に入社[2] した。報道記者となり産經新聞編集局横浜総局にて警察(神奈川県警察)担当記者として活動、産經新聞神奈川県警記者クラブキャップも務めた。2008年の北京オリンピックを機に、横浜総局から本社運動部へ異動となり入社時に希望していたスポーツ取材の現場に入っている。 現在は結婚したことにより姓を西沢に変更している[1]。 水中ドルフィンキック 1998年世界選手権までは、上記の五輪や日本選手権をはじめ、スタートから30m以上水中ドルフィンキックで進み、浮上した時点で2位以下を大きく引き離し、50mの途中計時では常に世界記録のラップを大幅に上回るタイムでターンするパターンを確立、好記録に結び付けた。なお、青山は1996年1月の関西選手権で50m自由形に出場、バタフライで泳いで優勝したこともある。 この水中ドルフィンキック(潜水泳法)は、青山が小学校4・5年の頃(1991-92年頃)、だれから教わることもなく、自分で始めたものである。青山が通常に水面で泳ぐよりも水面下をドルフィンキックで潜行した方が速く進めることに気付き、レースでも使うようになった。小学校5年のジュニアオリンピック夏季10歳以下50mバタフライで全国大会に初優勝した(この時の水中ドルフィンキックの距離は15m)。小学6年(1993年)では、50m、100mバタフライの学童新記録を出し、さらに、1994年のジュニアオリンピック春季大会では、小学生にして50mバタフライの短水路日本新記録を樹立する。 一方で、1995年の日本選手権初優勝の時(13歳)は148cm、1996年の五輪出場時(14歳)は152cm、1998年世界選手権の時(15歳)は158cmと、他の世界のトップスイマーに比べると10-20cmも小柄だったが、足首や肩のしなやかさ、柔らかさ、優れた心肺機能を生かした水中ドルフィンキックにより造波抵抗を受けることなく進め、むしろ小ささを武器に変えた。

Continue reading

ゆず一家 – Wikipedia

『ゆず一家』(ゆずいっか)は、ゆずの1枚目のオリジナルアルバム。1998年7月23日発売。発売元はセーニャ・アンド・カンパニー。 初のフルアルバムで、先行シングル「夏色」(1998年6月3日発売)を含んだ全14曲。 のちに「少年」がシングルカットされて発売された(9月18日)。なお、このアルバム収録の「少年」の間奏では、お笑いトリオのネプチューンが参加している(ブックレットにクレジットはなし)が、シングルバージョンでは、バラエティ番組『ねるとん紅鯨団』(フジテレビ系)内で、司会のとんねるずが発していた台詞を北川が叫ぶパターンに変わっている。 これらのヒットとともに、路上時代から行っていた横浜・伊勢佐木町の松坂屋前での「路上パフォーマンス」におけるあまりの見物客の集結ぶりを受けて、続行を断念。同年8月30日をもって終了した。しかし、今でも原点として、初心を思い出すべく、稀に路上に立つことがあるという(ライブMCなどで、「実はこの前、路上で歌ってきた」と報告されることがある[いつ?])。現在、その松坂屋前にはゆずのサインや写真が飾ってある。初めて出演した『第54回NHK紅白歌合戦』(2003年12月31日)では、その場所からの生中継がなされた。 その『第54回NHK紅白歌合戦』では、メドレー形式で当アルバム収録曲「夏色」を披露。リリース当時は地上波のテレビ番組で歌うことは滅多になかった。 四時五分 (2:29) 作詞・作曲: 北川悠仁 編曲: 寺岡呼人&ゆず 完成した時間が朝の四時五分だったため、その時間がそのまま曲名になったというエピソードを北川が披露している。 少年 (2:40) 作詞・作曲: 北川悠仁 編曲: 寺岡呼人&ゆず エースコック、伊藤園のCMソング。エースコックのCMはゆずも出演した。後にシングルカットされたCDジャケットでは、魚屋・警察・泥棒・サーファーなど、様々な格好に扮している。その姿はミュージック・ビデオでも見ることが出来る(DVD『録歌選 金銀』に収録)。 以上 (3:49) 作詞・作曲:

Continue reading

層 (数学) – Wikipedia

数学における層(そう、英: sheaf[注 1], 仏: faisceau)とは、位相空間上で連続的に変化する様々な数学的構造をとらえるための概念であり、大域的なデータを局所的に取り出すこと、および局所的なデータの貼り合わせ可能性によって定式化される。  層は局所と大域をつなぐことばであり、装置である。層のことばを使って多様体やリーマン面などの幾何学的対象が定義できる。曲面の向きや微分形式も層のことばで定義できる。 例として、位相空間上の連続関数を考える。位相空間の各集合に対しそこで定義された連続関数の環が定まり、開集合の包含関係に対し定義域を制限することで定まる写像は環の射である。 さらに、局所的に定義された連続関数の族が大域的な関数を定義するならば、その関数は連続関数である。層の定義は、この2つの性質を抽象化したものである[注 2],。  より形式的に、大域から局所への移行のみを考える概念は前層(ぜんそう、presheaf)とよばれる[注 3]。 前層[編集] 組 (X,T){displaystyle (X,T)} を X{displaystyle X} が集合、 T{displaystyle

Continue reading

スポーツジャングル – Wikipedia

WP:JPE/Bに抵触しないよう、暦日表記とし、前日深夜表記を記載する場合には暦日表記との従表記として記載し、前日深夜表記のみとしないようにしてください。その抵触が繰り返されると保護措置がとられる恐れがあります。(2016年11月) 『スポーツジャングル』(英: SPORTS JUNGLE)は、フジテレビ系列で2016年4月12日未明(11日深夜)から2017年3月14日未明(13日深夜)まで放送されていたスポーツトークバラエティ番組である。 スポーツ界の様々な人物をスタジオに招き、視聴者を奥の深いスポーツの世界へといざなう。コンセプトは「スポーツの未知なる世界を探検」。 フジテレビで浜田雅功(ダウンタウン)がMCを務めていた『ジャンクSPORTS』(以下、『ジャンク』)から多くを継承しており、後継番組とも言える[1][2]。 制作は、『ジャンク』がスポーツ局なのに対し、当番組はバラエティ(制作局第二)制作センターである。番組内企画には浜田やスタジオゲストをはじめ、スタッフも参加している。 2017年3月14日の放送を以て、約1年の放送の歴史に幕を下ろした。最終回では、番組の終了に関する挨拶やお知らせはないまま締めた。 司会[編集] 進行[編集] ナレーター[編集] 放送リスト[編集] ※()内はテーマ・企画と特集された回。スタジオゲストのみをまとめる。選手は放送時に現役だった人。 エピソード[編集] 2016年4月26日放送回で、試合(5月8日)勝利を条件に浜田が井上尚弥に高級焼き肉を奢ることを約束。井上が勝利し約束を果たした模様が5月17日放送回にて放送された。また、12月13日放送回では、井上・八重樫東・RENAの3人と上記と同じ事を約束。全員が勝利(試合は12月30日に井上・八重樫、12月31日にRENA)し約束を果たした模様が2017年2月21・28日放送回にて放送された。なお、この回には宮司と武井壮も参加した。 2016年12月13日放送回で、RENAのユニフォームに番組マスコットキャラクターを入れることを約束。試合ではトランクス前面に入っていた。 ※フジテレビe!ショップにて販売。 スタッフ[編集] 構成:町田裕章、一文無隼人、藤本昌平、森泉たつひで TP:児玉洋(フジテレビ)

Continue reading